ヤールギュレシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤールギュレシ
Yağlı güreş
Yagli gures1.jpg
競技形式 レスリング
発生国 Flag of Turkey.svg トルコ
発生年 14世紀
公式サイト Turkish Wrestling
  

ヤールギュレシ(トルコ語: Yağlı güreş)またはオイルレスリングは650年を超える歴史を持つ伝統格闘技であり、トルコ共和国の国技とされている。 Yağlı güreşYağlı(ヤール)は、油、güreş(ギュレシ)は“レスリング”(相撲)を意味する。日本ではトルコ相撲とも呼ばれる[1]

トルコ国内で行われるトーナメントは主要なものだけでも年間40あり、毎年6月から7月にかけてトルコとギリシャの国境の街エディルネで全国大会が開催される[1]。この大会は“40の泉”を意味するKIRKPINAR(クルクプナル)と呼ばれ、参加レスラーの数はおよそ1,800名、格闘技の大会としては世界最古とされている。

ギュレシにはトルコ民族伝統のオイルを塗らずに行うものと、アナトリアに入ってからローマ帝国ビザンツ帝国の伝統を受け継いだ上半身に油を塗りこんで行うものの2種類があるが、後者の方が主流となった。[2] 

レスラーは木綿糸のステッチで強化した牛革を縫い合わせて作られた黒い皮ズボン“クスベット”を身に付け、全身に大量のオリーブオイルを浴びて組み合う。全国大会での3日間に消費されるオイルは2,000リットルを超える。オイルが滑るため超人的な腕力が必要とされ、肌の摩擦に頼らない技は独創的なものが多い。対戦相手の皮ズボンに腕を差し入れて股関節から持ち上げる技は頻繁に見られるが、性器への攻撃は厳重に禁じられている。 競技場は主に屋外の牧草地であり、青草の絨毯の上、炎天下でオイルに光る筋肉の躍動と黒い皮ズボンのコントラストが大変美しい。 かつてのルールは単純であり、相手の背中を一瞬でも地面につけるか、全身を持ち上げて数歩歩けば勝ちであった。とはいえ、オイルの効果によって競技の進行は困難を極め、試合時間が無制限であった時代には正に命がけの闘いであった。1975年に試合時間が40分に制限され、現在では2004年に導入された新しい競技ルールによってポイント制が採用された。このためフォールによる一本勝ちの他、リフトやバックを取るなどの技を組み合わせてポイント差で勝利することも可能となった。

KIRKPINARの全国大会には各国の有力レスラーに対する招待枠があり、これまでに二度、大相撲力士の招聘が試みられた。また2006年には小泉元総理がエルドアン首相に対し、トルコ人レスラーの相撲部屋への入門を提案したが、いずれも実現には至っていない。

脚註[編集]

  1. ^ a b エディルネで開催されるトルコ相撲の全国大会 - トルコANAの旅達空間
  2. ^ 鈴木薫『暮らしがわかるアジア読本トルコ』、河出書房新社、2000年

外部リンク[編集]