アグレッシブインラインスケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストリートのコンテスト、Imytaにて

アグレッシブインラインスケートエクストリームスポーツの一種で、専用設計されたインラインスケートを用いて行う。通常のインラインスケートとは異なり、トリック(技)、スタント、スタイルに重点が置かれている。

トリックにはグラインド、エアーの主に2系統があり、行われる環境(ストリート、パーク、ハーフパイプ(ヴァート(vert)))によってその内容は大きく影響される。

歴史[編集]

1849年フランス人のルイ・ルグランジェによってインラインスケート(のような物)が考案された[1]オペラ上演におけるアイススケートのシーンを再現する為であったが、粗悪な作りでまともに機能しなかった。

1980年代になるとアメリカ合衆国ミネソタ州アイスホッケーの夏季トレーニング用として現在のインラインスケートに近い靴がオルソン兄弟によって作られた。1982年、オルソン兄弟はローラーブレード社を立ち上げ、インラインスケートの製造販売を本格的に開始した。

80年代後半、通常のインラインスケートを使用してアグレッシブなスタントが一部で流行り始める。

1988年、ローラーブレード社は最初のアグレッシブインラインスケートブーツである、ライトニングTRSを発売。チーム・ローラーブレードのクリス・エドワーズが初期のトップスケーターとして知られる。

エッフェル塔からドロップインするタイグ・クリス

1990年代初めには競技としての体を成し、1994年にはアグレッシブ・スケーターズ・アソシエーション(ASA)が発足。ルール作りや技術革新が急速に進んだ[2]

1995年に始まったXゲームには正式種目として採用され、ハーフパイプとパーク競技が行われた[3]。このころ活躍した世界的トップスケーターとしてクリス・エドワーズ、アルロ・アイゼンバーグ、アーロン・ファインバーグ、ダスティン・ラティマー、セサ・モラ、マット・サラーノ、日本人では伊藤千秋、佐藤貴志、矢部さやか、安床兄弟(栄人、武士)、川崎鮎美らが知られる。

1995-1996年、K2がアグレッシブモデル、Fattyロチェスマジェスティック12を発表。後にサロモンも追随した。

90年代後半、UFSフレーム(フレームの標準規格)の主流化が進む。(それまではフレームは交換できず他社製との互換性もなかった。)

ストリートを中心としたビデオDVDが数多く発表されるようになる。

2005年、Xゲームからアグレッシブインラインスケートの種目が完全消滅(アジアンXゲームでは存続)。

2010年5月29日、フランスのスケーター、タイグ・クリスがエッフェル塔の40mの位置から巨大なランプへドロップイン、世界記録を更新した。

2012年、X-GAMES ASIA のヴァート種目で、安床武士が優勝、兄の安床栄人が2位、3位に相原裕介が入り日本人ワンツースリーフィニッシュを飾った。

ストリート、階段でのグラインド

現在[編集]

ASAやImyta、アジアンXゲームなど国際的なコンテストが開催され、世界中のプロ、アマチュアスケーターが参加している。しかし、2005年にXゲームからも種目が外されるなど、世界的な人気は90年代後半よりも下降し[4][5]、エクストリームスポーツの中でもマイナー化が進んでいる。

パーク

メジャーメーカーはRB(ローラーブレード社)とK2などで、色々なジャンルのインラインブーツとともにアグレッシブ用ブーツも製造している。 また、アグレッシブ用ブーツを専門に作るいくつかの小規模メーカー(Razors、DESHI、REMEDYZ、SSMなど)も存在し、それぞれに非常に進化したブーツを製造している。 さらに、フィットネス用ブーツのメーカーが、別ブランドとしてアグレッシブ用ブーツを製造しているケースもあり、Xsjado、USD(ともにパワースライドが親会社)、Valo(ロチェスが親会社)などがあげられる。

近年の世界的トップスケーターとして、クリス・ハフィ、アレックス・ブロスコウ、ブライアン・アラゴン、ジェフ・ストックウェル、クリス・ファーマー、日本人では金島総一郎、安床兄弟(安床栄人、安床武士)相原裕介 らが知られる。

ヴァート

分類[編集]

ストリート[編集]

ストリートスケーティングは日常生活の場で行われる。階段の手すり、塀、壁、スロープ、段差、斜面、ベンチ、ガードレール、建物の屋根、コンクリートの構造物などを対象とし、技術的にはグラインドが中心となり、ハーフパイプやパークほどエアーには比重が置かれない。

リアルストリートという呼称も用いられる。

パーク[編集]

ジャンプ台、ハンドレール、ミニランプなどの設置されたスケートパークで行う。専用の施設内である為、グラインド、エアーを織り交ぜたストリートよりもよりテクニカルなスタイルになる傾向がある。

ヴァート[編集]

ヴァート(ハーフパイプ)と呼ばれる半円筒の構造物の中で行う。ヴァートの高さは4メートル程度が主流である。ストリートとは大きくスタイルが異なり、エアー系のトリックが特に重視される。近年は非常にアクロバティックな方向性が強くなっている。

靴のパーツ説明[編集]

アグレッシブインラインスケート靴は通常のインラインスケート靴よりも幅広、低重心で強度のある設計となっている。以下に各パーツの説明を一覧する。

パーツ 説明
カフ バックルやベルトが付随した、くるぶしのサポート部分
シェル 靴の外装部分、インナーと足を包み込む
インナー 足を包む柔らかいシューズ部分
ソールプレート 足の裏に装着された硬化プラスチックの平面なプレート
フレーム ウィールを装着するプラスチック部品
ウィール ポリウレタン製の車輪、ベアリングとスペーサーと組み合わされる

現在のほとんど靴ではこれらが全て分解可能になっており、傷んだ部位を交換することが出来る。インナー、フレーム、ウィール、ベアリング等はサードパーティ製のパーツも販売され、積極的にカスタムが行われている。

フレーム[編集]

プラスチック製が主流であり、他のインラインスケート靴用のフレームのようなアルミニウム製は珍しい。フレームには4輪、もしくは2輪のウィールが装着され、この部分とソールプレートを使って多くのグラインド系のトリックが行われる。近年の多くのフレームにはHブロックと呼ばれる硬度の高いパーツが中央に組み込まれ、単体で交換することが出来る。Hブロック部分を使用するグラインドトリックは非常に多い。

ストリートでは中央の2輪に硬い小径ウィールを使うことがあり、これらはアンチロックと呼ばれる。また、前後端の2輪のみ装着するフレームもよく使用されている。アンチロックはスケーティング性能を犠牲にしてグラインドの容易さを追求するセッティングである。

初期のブーツの多くはソールプレートとフレームが一体であり、交換は同一メーカーの同一規格品のみに限られていた、しかし2000年ごろからフレームがUFS(Universal Frame System)という共通規格に統一され、異なるメーカー間の純正フレームを装着することが可能になった。

ウィール[編集]

他のインラインスケートより硬いウィールを使用する。径は50-60mmが主流で、アンチロックの場合は35-45mmが多い。形状も幅広でスケートボード用にやや似た角が立ったものである。

危険性[編集]

フィットネス目的を含むインラインスケート全般の負傷の発生率はバスケットボールサッカーよりもはるかに低い[6]が、アグレッシブインラインスケートはその性格上、重篤な怪我をする可能性が低くない。また、インラインスケートに最も多い手首の怪我に偏らず、頭部や足、腰、急所などを受傷する危険性が考えられる。その為、環境や技量を問わずプロテクターの着用が推奨されるが、特にストリートでは全くの無防備なプロスケーターも珍しくない。

主なトリック[編集]

グラインド[編集]

  • ソール
  • サニーデイズ
  • ロイヤル
  • フルトーク
  • ミズ
  • ユニティ
  • マキオ
  • ポーンスター
  • ミストリアル
  • アシッド
  • カインド
  • フィッシュブレイン

エアー[編集]

  • 180
  • 360
  • 540
  • 720
  • 900
  • 1080
  • 1260
  • バックフリップ
  • フロントフリップ
  • バイオ
  • ミスティ
  • ロデオ
  • コークスクリュー
  • フラットスピン
  • マックツイスト

脚注[編集]

  1. ^ Anne McKenna,Aggressive In-Line Skating,p.11
  2. ^ Anne McKenna,Aggressive In-Line Skating,p.15
  3. ^ Anne McKenna,Aggressive In-Line Skating,p.23
  4. ^ [1] Is Inline Skating on the Way Out at the X Games?
  5. ^ [2]Aggressive Inline Skating History
  6. ^ [3]Inline Skating Safety Statistics

外部リンク[編集]