スピードミントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屋上でプレーされるスピードミントン

スピードミントンSpeedminton、もしくはSpeed Badminton)は、ネットがなくラケットと打ち合う物が異なる、バドミントンの親戚の様なスポーツ。

歴史[編集]

スピードミントンはバドミントンを屋外で行うためのバリエーションを試行していたベルリン在住のBill Brandesによって考案された。通常のバドミントンを屋外でプレーしようとするとバドミントンシャトルコックが軽いためによってプレーに支障が出てしまうためである。

スピードミントンシャトルボールは重さとデザインが違うためゲームのテンポも速い。

このニュースポーツに考案者が最初につけた名前はシャトルボール(shuttleball)であった。2001年にスピードミントン/スピードバドミントンと改名されている。

2003年にはドイツ国内で競技人口が約6,000人にものぼった[1]。ただし、ドイツでの競技人口は増えたが近隣諸国を含めた国外での普及度は低い。これは、Speedmintonが特許により独占されており、Speedmintonも登録商標登録されていて自由に使えないことが普及を妨げている。

2005年には最初のチャンピオンシップがベルリンで開催されている。

欧米を中心として約20カ国でプレーされており、日本では2005年から行われるようになった[2]

コート・用具[編集]

スピードミントンのコート図
スピードミントンの用具

コートはサイドにある5.5m(18 ft = 5.4865 m)四方の正方形のエリア(以下スクエアと称す)二つからなる。スクエア間の最短部の距離は12.8m(42 ft = 12.8018 m)で、テニスコートを縦に半分にした広さでプレーできる。コートは場所を選ばず、芝生、砂浜、雪上ありとあらゆる場所でプレーされる。

ラケットはスピードミントン専用のものを使う。ラケットのデザインはバドミントンのものとは大きく異なる。ラケットボールのラケットやテニスの変形デカラケ(wilsonの杓文字型ラケット)ににている。スカッシュのラケットより柄がかなり短い。シャトルボールはバドミントンのものより重くデザインも違い、スピーダーSpeeder)と呼ばれるものでは倍近い9グラムの重さで頭の部分がゴルフボールのようにディンプル加工されており、最高で時速280キロ以上ものスピードが出る。

ルール[編集]

ゲームの目的は相手側のスクエアにシャトルコックを直接打ち入れることである。

  • サーブを失敗した時
  • シャットルコックが相手のスクエアに届かなかった時
  • コートに着いてから打ち返した時
  • 二度打ちした時
  • シャトルが体に当たった時

以上の場合は、相手の得点となる。

ゲームはどちらかが16点を取れば1セットとなる。ただし15点もしくはそれ以上のスコアで同点となった時は2ポイント差がつくまで延長して行う。5セット制でどちらかが3セット取れば勝ちである。1セットごとにサイドを交代する。

サーブはアンダーハンドで行い3点入るごとに交代する。ただし、スコア15対15以上になった時は交互に行う

バリエーション[編集]

  • ダブルス : ダブルスではシングルスのコートを二つつなげて行う。
  • Speeder : スピードミントンより重量のあるシャットルコックを用いて、さらに速くしたもの。
  • Black lighting : 蛍光材を使った用具で夜にプレーするスピードミントン。

脚注[編集]

== 外部リンク ==スピードミントン協会の公式ホームページ

  • Speedminton - スピードミントンのプロデューサーによるサイト。ビデオ、写真、その他このニュースポーツに関する情報がある。
  • Speedminton Gekkos Berlin e.V. - ベルリンにある最初の公式スピードミントンクラブ (ドイツ語)