トレイルランニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トレイルランニング(: Trail running)は、陸上競技の中長距離走の一種で、舗装路以外の山野を走るものをさす。トレランと略される。

Kilian.jpg

概要[編集]

不整地を走るランニングスポーツとしては、以前からクロスカントリーがある。欧米では盛んだが日本ではあまり知られていない状態であった。その後マラソンブームや登山ブームの波にのって、両者の要素を併せ持つ「トレイルランニング」が知られるようになっている。

日本においては、様々な経緯からか、本来の英語のTrail runningの意味からずれたものも含めて広くトレイルランニングと表現していることが多くみられるので注意を要する。

さまざまなタイプ[編集]

Trail running米国での呼称)
Fell running英国での呼称)
山岳の登山道でのランニング。Fell Runners Association は、山登り・山下り・傾斜度・距離などでカテゴリを分けている。Fell は北部イングランドの山岳の光景の意味。
Cross country running
草原など舗装していないところを走る長距離陸上競技。日本では単に「クロスカントリー」とも呼ばれている。
Skyrunning
標高2000m以上のトレイルを走ること。スカイランニング
Mountain marathon
さらに本格的な山登りマラソン。二日に渡ることや、食糧やテントを携行するものもある。
Adventure running
超長距離など冒険的な要素が強いもの。

装備[編集]

マラソンと同様にほとんど装備を持たずに走るクロスカントリーとは異なり、トレイルランニングでは専用の小型リュックサックに必要な装備を入れて走ることが普通である。

黎明期では「ランニング登山」と称して、通常登山靴や、登山用のなどを装備して登るようなを、Tシャツに短パンスパッツ、ランニング・シューズといったランニングのスタイルで入山して走っていた。

しかし近年のトレイルランニングの普及によって専用の装備も開発されるようになり、トレイルランニング製品の市場も拡大しつつある。例えば、シューズでは、登山靴でもランニングシューズでもない、軽く走りやすくグリップの良いトレイルランニング用シューズを使うことが認知されてきた。また、水筒の代わりにチューブを使って給水できるハイドレーションシステム、走りをサポートするストックなども、使われるようになってきている。

下記装備が、ほぼ必須とされる。

  • トレイルランニングシューズ - ロード用よりもグリップ力が強く、横方向のサイドステップにも強い
  • ラン用のウェア
  • ウィンドブレーカー(最低限の防水の物) - 突然の雨天対策。山頂だけ天気が悪いこともあり、降水確率0%でも持って行くべき。
  • グローブ - 岩場などをつかむ
  • バックパック - トレイランニング用の小型の物が発売されている
  • ハイドレーションシステム - 手を使わずに給水できる。ボトルを手に持って山道を走るのは危険。
  • 行動食 - エナジージェルなど
  • ヘッドライト - たとえ短時間山に入る場合でも万が一の遭難や日没に備え持って行くべきであり、万が一の故障に備え小型の物でも良いので2つ目を持って行くべきだと考える人もおり、UTMFなどの大会では2つ以上持参することが必須。
  • ファーストエイドキット
    • バンドエイドなど
    • テービング用のテープ - 捻挫や骨折用
    • ポイズンリムーバー - 蜂用
    • ティッシュ
  • 遭難対策
    • 携帯電話 - 遭難時に119番通報するのに使用。圏外では電池の消費量が多いため、機内モードもしくは電源を切ると節電になる。
    • 紙の地図 - 専用機器やスマートフォンなどのGPS付の地図は便利であり通常時は問題ないが、故障したり電池切れになるので、紙の地図も必須
    • コンパス
    • ホイッスル - 救助を呼ぶため
    • サバイバルシート - 片面が保温用、裏面が熱中症対策になっており、救助を待つ間に使用する
    • 健康保険証
    • 山岳保険への加入
  • 熊鈴 - 動物対策という面もあるが、加えて、一般のハイキングの人にランナーが近づいていることを知らせるという目的も兼ねる

必須ではないが、下記装備なども持って行く人も多い

  • ランニング用タイツ - 膝などのサポート、木の枝や虫から足を守るため
  • トレイルランニング用ストック
  • トレイルランニング用ソックス - 水の中に入っても大丈夫な物、まめができにくい物などがある
  • キャップやサンバイザー
  • サングラス - 木の枝から目も守ることを兼ねる
  • 行動食以外の食料

50cm程度以下の積雪であれば、より厚着のウェアと軽アイゼン(チェーンアイゼン)などが追加になる。積雪量が多すぎる場合は雪山登山になる。

競技[編集]

トレイルランニングが競技としても実施されている。日本語では、山岳マラソン山岳耐久レースという訳で紹介されることもある。アメリカ合衆国では、草レースはもちろんのこと賞金レースが存在するほか欧州陸上競技協会の公認レースも存在する。日本でも少数ではあるが、定期的に開催するレースが存在する。

日本の代表的なレース[編集]

名称 運営 距離 制限時間 定員 創設 開催月 備考
ハセツネ(長谷川恒男)カップ
日本山岳耐久レース
日本山岳スポーツ協会 71.5km
32km
24時間
6時間30分
2000人
1500人
1993年 10月
4月
奥多摩の山地。
陣馬山トレイルレース 実行委員会 23.54km 4時間 1500人 2001年 11月
高尾山天狗トレイル 実行委員会 16km 1000人 2004年 2月
青梅高水山トレイルラン 実行委員会 30km
15km
4時間50分
なし
1100人
1100人
1999年 2月
みたけ山トレイルラン 実行委員会 15km 2時間30分 1200人 2000年 12月
大山登山マラソン 実行委員会 9.0km 2時間 2000人 1986年 3月
北丹沢12時間山岳耐久レース 実行委員会 44.37km 12時間 2000人 1998年 7月 神奈川県の丹沢山系北部の1500m級。
ウルトラトレイル・マウントフジ
(Ultra-Trail Mt.Fuji, UTMF)
実行委員会 168km
88km
46時間
24時間
1200人
1000人
2012年 4月 富士山の周りの山岳地帯を山梨県富士河口湖町八木崎公園から1周。
富士登山競走 富士吉田市 21km
15km
4時間30分
3時間30分
2500人
1776人
1948年 7月 富士吉田市役所〜富士山頂。
伊豆トレイルジャーニー 実行委員会 75km 15時間 1500人 2013年 3月
OSJおんたけウルトラトレイル100K 実行委員会 100マイル
100km
24時間
20時間
100人
800人
2008年 7月 長野県王滝村を舞台に午前0時にスタートする。
信越五岳トレイルランニングレース 実行委員会 110km 22時間 600人 2009年 9月 信越高原新潟県妙高市長野県長野市信濃町飯綱町飯山市)を舞台とする。ペーサーの伴走許可など、他のレースと異なる点がある[1]
トランス・ジャパン・アルプス・レース 実行委員会 420km 8日 30人 2002年 8月 北・中央・南アルプスを通って、富山湾から駿河湾まで。

その他にも、北アルプス黒部ダム立山間、雲取山縦走38km、ニセコアンヌプリ30km、平尾台40km・17kmなど、いろいろな団体主催の競技や個人での山行きが行われている[2][3]

海外の主なレース[編集]

日本の有力選手[編集]

安全対策[編集]

過酷なコースで行われるため、最終的な安全の確保は競技者の自己責任に任されることとなる。心臓発作はもちろんのこと登山道から転落して死亡する例もあるため、出場者に対し、万が一の際に他者に責任を求めない旨の承諾書を求める例も存在する。

日本における普及状況と課題[編集]

競技を通じて、一時的にせよ競技者が狭隘な登山道を多人数で占拠することとなるため、登山者やトレッキング愛好者から拒絶反応を受けることも珍しくない。例えば、国内の有力レースに成長すると期待されたOSJハコネ50Kレースは、主催者調べで登山者からのクレームはゼロでコースもほとんど荒れなかったとの見解に対し、環境省箱根自然環境事務所は「箱根の歩道(登山道)利用に関するガイドライン」を元に大会開催の自粛を要請したため、2007年に第1回開催を果たしたのみでその後は開催不可能になった[4]。競技を通じて登山道が損傷したり、周辺の植生に悪影響を及ぼすはずだと考える地元関係者も存在する。競技主催者や愛好者は、こうした懸念を取り除くための努力を続けている。

トレイルランニングの普及に尽力している競技主催者や愛好者がいる一方、毎年11月に開催されている神戸市主催の六甲全山縦走大会[5]において、大会ルールで明確に走ることを禁止しているにも関わらず、一部の心無いトレイルランナーが大会に参加し、ルールを破って走っている為に、トレイルランナー自体の印象を悪くしている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]