フリースタイルフットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリースタイルフットボール(Freestyle football)は、サッカーから派生したスポーツでサッカーボールを用いてパフォーマンスを行なうものである。

概要[編集]

フリースタイルフットボールとは、リフティングやドリブルなどのサッカーの技術を飛躍させて、魅せるものにした文化である。 立った状態で足技を行うエアムーブ、座った状態でボールを扱うシッティングムーブ、上半身でボールを扱うアッパームーブ、地面にボールが着いたまま扱うグランドムーブなどのカテゴリーに分かれているが、現在もカテゴリーは派生し続けさらに枝分かれしている。 元々は大道芸の一つや、ショーケースとして発展してきたが、近年は各地で大会が行われるなど競技としての面も強くなっている。 審査基準や、手の使用の可否、道具の使用の可否などのレギュレーションは各大会によって違う。

歴史[編集]

サッカーボールを用いた足技は古くから存在したがそれがフリースタイルフットボールとして世界に広まりはじめたきっかけとなったのはナイキが2003年頃に始めたキャンペーンであった。有名プレイヤーのロナウジーニョ、ロナウド、ダービッツらを起用したJoga Bonitoと呼ばれる選手たちによるテクニックを収めたビデオがいくつか作られインターネット上でも公開された。 初期は韓国のプロフリースタイラーのMr.Wooにも見られるようなサッカーの要素を強く残したスタイルが主流であったが、その後インターネットの普及や動画サイトの誕生によって世界中のプレイヤーが新しいトリックを生み出し、自由に公開できるようになるとフリースタイルフットボールのトリック、スタイルはより複雑化し多様性を持つようになった。

フリースタイルフットボールで使用されるボール[編集]

フリースタイルフットボール専用ボールというものはなく多くのプレイヤーはサッカーボールの5号球を使用している。
またRed Bullが主催している世界大会Red Bull Street StyleではストリートサッカーブランドであるMontaのサッカーボールが使用されている。このボールは表面がデニム素材の4.5号球という特殊なサッカーボールである。しかしクセが強いボールで、表面が傷みやすく水にも弱いため一概に蹴りやすいボールとは言えない。

主な対戦形式[編集]

  • バトル

3分間の中で二人のプレイヤーが30秒ずつ交互に技を披露する。

  • ショーケース、ルーティン

制限時間内(主に1分から3分程度)で一人のプレイヤーが技を披露し全体の構成の完成度を競う。

  • ダブルルーティン

二人のプレイヤーがペアを組んで技を披露する。二人の息の合ったパフォーマンスが求められる。

  • Sick Three

エアームーブにおける3つのトリックだけで構成されたコンボの難易度を競う。

  • チャレンジ

エアームーブにおけるトリックやコンボのお題があらかじめ設定されており、お題のレベルが上がるほど技の難易度も高くなっている。最後まで残ったプレイヤーが優勝となる。

  • マックスワン

エアームーブのコンボ数を競う。ただし同じ技を2回以上使ってはいけない。

  • ビデオコンペティション

指定された時間内でのパフォーマンス動画を撮ってその完成度を競う。

大会と成績[編集]

Nike Freestyle Clash 2004[編集]

  • 1位 Yasto 2位 Groggy

Freestylers Shoot![編集]

  • in Yokohama 2005 - 1位 Toku 2位 J
  • in Tokyo 2006 - 1位 Tatsulow 2位 Nao
  • in 湘南 2006 - 1位 To-ru 2位 YO

Red Bull Street Style Japan Final[編集]

  • 2008 – 1位 Yo-suke 2位 Nori
  • 2009 – 1位 Tokura 2位 mune
  • 2012 – 1位 Tokura 2位 Nao
  • 2013 - 1位 Nao 2位 LYU

Red Bull Street Style World Final[編集]

  • 2008 – 1位 Sean(フランス)  2位 Yo-suke(日本)
  • 2010 – 1位 Azun(ノルウェー)2位 Kamalio(南アフリカ共和国)
  • 2012 – 1位 Tokura(日本)  2位 Daniel Scenery(アイルランド)
  • 2013 - 1位 Szymo(ポーランド) 2位 Charly(アルゼンチン)

WFSLeague Japan Final 2011[編集]

  • 1位 Yosshi 2位 Yo-suke

World Freestyle Football Championship ( Superball )[編集]

チェコの首都プラハで開催される世界大会。日本からは2012年、2013年にTokuraが参加。

  • 2009 - 1位 Skora(ポーランド)2位 PWG(ノルウェー)
  • 2010 - 1位 Luki(ポーランド) 2位 Clyde(ポーランド)
  • 2011 - 1位 Szymo(ポーランド)2位 Skora(ポーランド)
  • 2012 - 1位 Andrew Henderson(イギリス) 2位 Michryc(ポーランド)
  • 2013 - 1位 Andrew Henderson (イギリス) 2位 Esteban (メキシコ)

World Freestyle Football Championship Kuala Lumpur 2011[編集]

招待制による世界大会。日本からはTokuraが参加。

  • 1位 Andrew Henderson(イギリス)
  • 2位 Gautier(フランス)

F3 World Tour 2013 London and Dubai[編集]

F3主催の世界大会。世界ランクを元にした招待制。日本からはTokuraが参加。

  • London 1位 Michryc(ポーランド)2位 Tobias Becs(ノルウェー)
  • Dubai 1位 Michryc(ポーランド) 2位 Pedrinho(ブラジル)

ジャッジ[編集]

主に旗揚げ形式か採点形式の二つがある。しかしフリースタイルフットボールにおいて技ごとにポイントが設定されているわけではない。ジャッジごとにコントロール、クリエイティビティ、ベストトリックなどの採点基準があり点数は各ジャッジの主観によって付けられる。 ジャッジは3人から5人程度から構成されることが多いが、その中にはフリースタイルフットボーラー以外からもサッカー選手、フリースタイルバスケットボーラー、ブレイクダンサーなどが選ばれることもある。時にはジャッジの過半数がフリースタイルフットボール専門外のプレイヤーで構成されることもあり、しばしば判定ミスが争点に上がることがある。

フリースタイルフットボール強豪国[編集]

  • ポーランド

難易度、オリジナリティ、オールラウンドなどの面で高い能力を誇るプレイヤーが多く存在する。現在フリースタイルフットボールで世界最強の国と言われている。2009年から毎年チェコで行われている世界大会は第三回まで全てポーランドのプレイヤーがチャンピオンである。

用語[編集]

  • フリースタイラー

フリースタイルフットボールのプレイヤーの呼び方。Fsersと表記することもある。

  • JAM

フリースタイラー同士が集まって行う合同練習会。初心者から上級者まで誰でも参加でき、定期的に行われる練習会がJAMと呼ばれることが多い。蹴会、Freestyle Meetingと呼ばれることもある。

  • NT

No Touchの略。スウェーデンのフリースタイラー、Palleによって作られた概念。コンボと違い2つの技の間にワンタッチを挟まず続けて行うこと。 例)TATW TATW nt

スタイル/カテゴリ[編集]

  • エアムーブ

 Air Move(またはLowerbody)は立った状態で行うスタイルの総称。ハードコアスタイルを指す意味合いで使われることが多い。

  • ハードコア

 より難易度の高い技、コンボ数の長さを追求するスタイル。

  • クラッチ(ブロッキング)

 ボールを足で挟む技。フランスで生まれたスタイル。

  • ストール

 ボールを身体の一部に乗せてバランスをとる技。

  • バウンス

 地面につけた足の上でボールを弾ませる技。

  • シッティング

 座った状態で行う技。

  • トランジション

 エアームーブからシッティング、シッティングからアッパーなどスタイル移行時に使う技。

  • アッパー

 頭や肩など身体の上半身を使って行う技。

  • リフトアップ(フリックアップ)

 ボールを地面から浮かせる技。

  • アクロバット(パワームーブ)

 バク宙、逆立ちなどのアクロバティックな要素とダンスの要素を取り入れたスタイル。

エアムーブにおけるトリック一覧[編集]

フリースタイルフットボールの技はその数が膨大すぎるために全てに名前がついているわけではない。また命名方法も不規則で、現状ではその技を最初に行った人物が勝手に名前をつけてそのまま浸透してしまうことが多い。

0.5Revolution Trick

  • Cossover /CO
  • Reverse Crossover /RCO

1Revolution Trick

  • (in/out)Around The World /ATW
  • Half Around The World /HATW
  • (in/out)Hop The World /HTW
  • (in/out)Knee Around The World
  • (in/out)Knee Hop The World

1.5Revolution Trick

  • Touzani Around The World / TATW
  • Mitchy Around The World / MATW 
  • (in/out)Abbas Around The World / AATW
  • Alternative Touzani Around The World
  • Alternative Mitchy Around The World
  • Jay Around The World / outATW+RCO
  • Half Homie Jay Around The World / outATW+地面タッチ+RCO
  • Lemmens Crossover
  • Alternative Lemmens Crossover

2Revolution Trick

  • (in/out)Lemmens Around The World / LATW
  • Alternative Lemmens Around The World / ALATW 
  • Homie Touzani Around The World / HTATW outATW+HTW
  • Homie Mitchy Around The World / HMATW inATW+HTW
  • Alternative Homie Touzani Around The World
  • Alternative Homie Mitchy Around The World
  • Magellan / ouATW+地面タッチ+inATW
  • Nallegam / inATW+地面タッチ+outATW
  • Homie Jay Around The World / outATW+outHTW
  • Alternative Homie Jay Around The World

2.5Revolution Trick

  • Palle Trick / HTATW+CO
  • Reverse Palle Trick / HMATW+CO
  • Skora Around The World / AHMATW+CO
  • Reverse Skora Around The World / AHTATW+CO
  • FX Around The World

3Revolution Trick

  • Palle Around The World / PATW 空中でATWを3周
  • Skala Around The World / outATW+AHMATW
  • Eldo Around The World / EATW inATW+AHMATW
  • Szymo Around The World / outLATW+HTW
  • Zegan Around The World / outATW+地面タッチ+LATW
  • Homie Touzani Lemmens Around The World / outATW+ALATW
  • Homie Mitchy Lemmens Around The World / inATW+ALATW
  • Skora Move / outATW+地面タッチ+AHTATW
  • MP Trick / inATW+地面タッチ+AHTATW
  • AK Move / inATW+地面タッチ+HTATW
  • Etahn Trick / inATW+地面タッチ+LATW
  • Akim Move / outATW+地面タッチ+ALATW(magellan式)
  • Henderson Move / outATW+地面タッチ+HTATW
  • k3vin Szymo Around The World
  • k3vin Eldo Around The World
  • Crazy Feet Around The World / out-逆足out-out
  • iago Around The World / inATW+地面タッチ+HMATW

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]