遭難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

遭難(そうなん)とは、生命に関わるような災難(危険)に遭うことである。特に等において、生命を失うような危険に遭遇することを言う[1]

広義には、暗殺事件などまで含む(「濱口雄幸遭難」などと使う)が、 この項では頻度の多い、山での遭難、海での遭難について記述する。

山岳遭難[編集]

概要[編集]

新潟県糸魚川市にて撮影。

山岳遭難とは、において生死にかかわるような難・危険に遭遇することを指す。山においては、急激な天候の変化、雪崩、滑落、怪我、道迷い、などによって毎年多くの遭難者が出ており、死者も多数出ている。

どの季節でも、どの山でも起きうる[編集]

これらは季節を問わず見られ、夏でも起きる。また八ヶ岳白馬岳など整備され人気のある山でも起きている。人気のある北アルプスでは特に多数発生している[2]

山岳遭難の統計・傾向[編集]

山岳遭難は海洋遭難よりも圧倒的に数が多く、個々の遭難は、海洋遭難に比べるとあまり大きく報道されない[2][※ 1]。(日本だけでも)毎年、一千件以上の山岳遭難、そしてその結果、数百名におよぶ死者・行方不明者が出ており[2](具体的な統計内容は後述)、非常に深刻な状態にある。

ここ数十年、山岳遭難に関する全ての指標が増加傾向にある。

警察庁がとりまとめた「平成20年中における山岳遭難の概況[3]」によれば、2008年に日本国内で発生した山岳遭難の件数は1,631件、遭難者数は1,933人(うち死亡行方不明 281人)となっている。1961年以降最高の数を記録した。

原因[編集]

遭難の原因には様々なものが考えられるが、主なものを挙げると

  • 登山に対するあなどり[2]「自分だけは遭難しないだろう」という思いこみ、傲慢な態度[2]
  • 登山前に当然行うべき、山の綿密な調査の不実行・不足[2]
  • 登山前に用意しておくべき装備の不備[2]
  • 登山前にしておくべき、目的の山に登るための体力・筋力トレーニングの不実行・不足[2](=自分の体力以上の山への無謀な挑戦)。
  • 登山前の天気予報の調査不足[2]
  • 読地図能力の不足[2]。地図の不携帯[2]
  • そもそも無理な行動計画[2]
  • 道に迷う。
  • (ねんざ等)なんでもないようなことで行動が遅くなり、予定時間通りに進めなくなり、山中で日没を迎えてしまい(懐中電灯も不携帯で)動けなくなる[2]
  • 滑落(その多くが即死)。
  • 雪崩防止や回避のための知識の不足[2]
  • 天気図をしっかり確認せず、擬似好天という、悪天候と悪天候の間に短時間だけ好天になり登山者を惑わす現象にだまされること。
  • 落石(落石を発生させないための配慮の欠如。落石が発生した時のとっさの回避の遅れ)。
  • 落雷(雷に遭遇しそうだと予想されるのに、登山を中止したり適切な退避をしないことによる)。
  • (スキー客の場合)スキー場の指定区域の外、滑走禁止エリアで滑走を行う。

等がある。

気象が関わっている、あるいは主たる要因だ、と判断される遭難は「気象遭難」と分類されている。基本的には事前に気象予報および天気図を確認する必要がある。自分自身でラジオなどを聞いて天気図も描けるようになっていることが望ましく、登る予定、あるいは登っている山の気象を、自分で描いた気象図を用いて、把握・予想する必要がある。入山後もラジオなどを用いて気象情報を収集し、場合によっては計画を中断し下山する必要がある。具体例としてはトムラウシ山遭難事故などがある。

なお、擬似好天には注意を要する。悪天候と悪天候の間に短時間だけ天候が改善し[4]、あたかもすっかり好天になったかのように錯覚させるのでこの名がついている。冬の日本海側に見られる現象で、長くは続かずすぐに荒れた天気となる。擬似好天を継続的な好天と間違え、登山を決行したために起こった遭難も報告されている。

道迷いによる遭難を「道迷い遭難」と言う。「道迷い遭難」については、羽根田治が具体的な事例を挙げて分析しており[5]、様々な要因で起きうる[※ 2]

滑落による遭難を「滑落遭難」と言う。 足を踏み外して滑り落ちることであり、しばしばに直結する。途中に固いなどにぶつかったり、数百m以上落ちれば死の危険が大きく、また落下距離が小さくても頭部を打ったりして死亡する事もある。切り立った尾根や、傾斜のきつい斜面の登山道、濡れた岩場や雪渓を歩く時などは特に注意が必要となる。滑落者の救助に向かった者まで滑落し、二次遭難が起きることもある。

ふと足をひねったことによるねんざでも、歩行が困難になってしまうと、安全な場所まで移動できず過酷な気象にさらされる結果を生み、生命にかかわることがあるので、そうなった場合でも生還できるような準備をしておく必要がある。

雪崩に巻き込まれないための方法を事前に習得しておく必要がある。詳細は雪崩を参照。

遭難対策[編集]

事前対策[編集]

登山の際に事前に出来る遭難の対策としては、まず第一に山をあなどらないこと、具体的には同行する経験者の確保、またそれのみならず各人が事前の調査を充分に行うことや、各人が必要な装備を持参すること、事前に体力を養成しておくこと、などがある。

グループに最低1名(できれば複数名)山の経験者を確保した上で、リーダー役らが事前に目的地の調査をし、メンバーにその情報や必要な装備を伝えておくことが基本となる。

各メンバーは、基礎知識として地形図および天気図の読み方、応急処置法(登山用としては、主として、簡単な止血法、骨折時の添え木の当て方、心肺蘇生法など)を身につけておく必要がある。単独での習得は困難なため、事前にする学習ミーティングなどを開くのが望ましい。 できれば、各人が遭難の過去事例について調べ、要因や対処・生還方法について認識を深めておく[※ 3]

ひとりひとりが、夏であっても必ず充分な防寒具を持参する、(防寒具もかねて)山用のレインウェアを持参する、充分な行動食および非常食を携帯することは基本の遭難対策である。山は平地より気温が低く風も強いので体感気温は低く、(歩みが止まると)刻々と体温を奪われる。充分な防寒具が無いと、簡単に低体温症に陥る。

低体温症では、体温が35度になった辺りから脳機能の低下を引き起こし、判断力が通常ではなくなり、34度以下でほぼ足の左右すら把握できず動けなくなり、32度以下辺りで死亡する。体が冷えると震えで熱を発生するが、その限界点が35度前後で、更に冷えると内臓を温めるために体の震えは収まるが、体表の冷たい血流が内部を巡回する為に、体温低下が加速し、想像を超える早さで内臓機能低下を引き起こす。低体温症の回避には、十分な防寒着および行動食摂取による熱発生が必要になる。

遭難時は動けぬまま夜を迎え夜明けまで低気温を耐えなければならないことになる可能性が高い。真夏でも夜間はきわめて低気温になり、北アルプスや富士山などでは氷点下にもなる。防寒具は山岳遭難時に生きのびるために必須である。使い捨てカイロもいくらか助けになる。さらに、日帰り予定であっても遭難対策としてレスキューシート(アルミ蒸着ビニール製の身体を包む保温用シート)あるいはツェルト(簡易式のテント)のいずれかを携帯しておくと、いざという時に命を救ってくれることがある。

登山では行動食・非常食(チョコレート飴玉ビスケットなど)も必携である。これをしっかり携行しているどうかが生死を分けることも多い。

他に応急処置用具を携帯するのも役立つ場合がある。

入山時・入山後[編集]

事前や入山時に、入山届(登山計画書。行動計画や持参した装備の申告)を提出(多くは、登山道入口脇のポストなどへ入れる。)しておけば、遭難の際にも辿ったであろうルートや装備等がわかり対処がしやすくなる[2]

体感気温が下がりそうだと予想される場合は、早め早めに防寒具を着足すことで低体温症を回避する。気温・体温が下がりすぎると、防寒着を着用することすら困難になるので、早め早めに内側の防寒着を増やしておく。

リーダーは進退の判断が要求される状況で「勇気ある撤退」が遭難回避の最も重要なポイントとなる。 山岳遭難では、女性よりも男性の遭難の率が高いことを示すデータがある。男性があえて無茶をしたがり短気なところがある一方、女性は臆病で、また粘り強いのが山岳遭難防止という点では有効だという[2]

遭難した場合の対処[編集]

自分や自分のパーティが遭難しかかっている、あるいはすでに遭難した、と気づいた場合には、気持ちを落ち着かせ、パニックを回避することが重要になる。過去の多くの事例では、同じ状況であっても、自己や周囲の状態を冷静沈着に把握していたほうが生還する率が高い。

複数で行動している場合は、基本的には、あらかじめ決められた経験豊富なリーダーが判断・決断する責任を負う。人命を最優先し、個々の、特に弱っているメンバーには細心の注意を払う必要がある。パーティー内に経験豊富なサブ・リーダーがいる場合は、共同で情報を整理し知恵をあわせて判断を下すこともできる。決断内容は全員と共有し、互いに協力して動けるようにする必要がある。各人がバラバラに行動すると困難が増し、全員に生命の危機が迫る。

何らかの重大な困難(極端な荒天、メンバーの怪我、滑落、落石 等々)に遭遇すると、多くの場合パーティ全員が歩みを止めることになり、運動量が減って体温が下がり始める。予備の防寒着を持っているならば早めに着用し、低体温症を回避する。また行動食をいくらか口に入れ、そのカロリーで体温上昇を図る。

様々な状況がありうるが、一般的には遭難した時は前には進まないほうがよい、と言われている。だだし状況[※ 4]により必要だと判断されるならば、ためらわず救助の要請を行う[6]。救助要請の判断の遅れは、事態のさらなる悪化を招きがちである。

救助[編集]

御在所岳で滑落した山岳遭難者を救出する三重県の防災ヘリ
行方不明者の捜索の様子(北海道斜里町で捜索を行う陸上自衛隊)

救助要請を受けた場合は、警察の山岳警備隊や消防の山岳救助隊が担当し地元の山岳会や消防団航空自衛隊陸上自衛隊の手を借りることが多い。一部の県では消防防災ヘリコプターを整備しており、上空からの捜索・遭難者の運搬を行うことで迅速な救助を実現している。

ただし、荒天時や夜間はヘリコプターを飛ばすことができない。地形によっては気流の乱れなどを考慮してヘリが近づけないこともある。

北アルプスを抱える長野県では、遭難が多いため救助隊員が常駐している[2]

救助隊員たちは「救出」作業のプロでありその訓練を受けているが、ひどいダメージを受けた遺体を扱った時の心理的なショックを緩和する訓練を受けているわけではなく、トラウマになることがある[2]

消防や警察、自衛隊など公的機関の捜索は税金で行われるために本人や家族に請求される事はない。しかし、民間団体に出動を依頼した場合、日当が一人3万円〜10万円、民間ヘリコプターを使用した場合、遭難者の発見未発見に関わらず1時間で50万円ほど費用がかかり、後で多額の費用が本人や家族に請求される。

山岳保険」によって上述の諸費用(の一部)を補償する事ができる。保険会社によって名称は異なるが、旅行障害保険のオプションという形で存在することが多い[要出典]。日帰りのトレッキングにも、掛け捨てのハイキング保険が存在する。

大きな事件の例[編集]

山岳遭難の関連項目[編集]

山岳遭難関連書[編集]

脚注[2]も参照


海洋遭難[編集]

海洋遭難とは、荒天、自然物との衝突・座礁機関故障、他の船舶との衝突等により、船舶が安全なる自力航行能力を失い救助が必要な状況をいう。一時的な危険の回避行動は通常含まない(避難)。

一般に、「山岳遭難は捜索費用がかかり、海洋遭難は費用がかからない」とされる。これは、山岳遭難と比べると民間でできる事は限られ、捜索のため漁船など民間船舶を借りた場合でも、船を所有する際に必ず加入する「漁船保険」や「マリンレジャーボート保険」に予め含まれる海難捜索の条項により補償されるためである。

遭難後に漂流した事例[編集]

近代以前[編集]

「遭難の年月(近代以前のものは旧暦)、場所」「船名(タイプ)」「漂流日数」「飢え渇きをしのいだもの」「生存者数」の順

近代以降[編集]

  • 1926年大正15年)12月:千葉県銚子沖、「良栄丸(漁船)」、11ヶ月間北太平洋を漂流し、シアトル沖で発見される。乗員全員死亡。
  • 1956年昭和31年)8月:中国北海沖、豊栄丸(漁船)、いかだに移り漂流14日間、生存者2名。
  • 1968年(昭和43年)5月:和歌山県灘岬沖、第1太攻丸(マグロ漁船)、救命ボートに移り雨水を飲んだ、生存者13名。
  • 1970年(昭和45年)8月:千葉県銚子沖、丸和丸(魚運搬船)、漂流9日間、トビウオ1匹を3人で分けて食べた、生存者3名。
  • 1972年(昭和47年)11月:フィリピン沖、第7良生丸(マグロ漁船)、いかだに移り漂流18日間、生存者2名。
  • 1985年(昭和60年)5月:樺太沖、第71日東丸(底引き漁船)、救命ボートに移り、カモメを捕まえて食べた。漂流16日間、生存者3名。
  • 1992年平成4年)1月:小笠原諸島父島沖、たか号(ヨット)、救命いかだに移り、カツオドリを捕らえて食べた。漂流27日間、生存者1名(当初6名脱出のうち5名が衰弱死)[※ 5]
  • 1994年(平成6年)3月:フィリピン沖、第一保栄丸(マグロ漁船)、救命いかだに移り、海鳥を捕まえた。漂流37日間、生存者9名。
  • 1994年(平成6年)6月:伊豆諸島八丈島沖、酒呑童子(ヨット)、漂流92日間、ペットボトルを逆さにし夜露を集め飲んだ。生存者1名[※ 6]
  • 1996年(平成8年)8月:千葉県犬吠埼沖、第3宮丸(マグロ漁船)、漂流46日間、魚を釣り刺身にして食べた。生存者1名。
  • 1998年(平成10年)8月:秋田県男鹿半島沖、第11魁丸(イカ釣り漁船)、漂流10日間、インスタントラーメンが食べられた。生存者1名。
  • 1999年(平成11年)1月:インドネシア沖、アロンドラ・レインボー号(Alondra Rainbow、IMO 9178094)、海賊に遭い救命いかだで海上に放置、積んでいた非常食を食べた。生存者17名[※ 7]
  • 2000年(平成12年)8月:沖縄県西表島、悠遊(ヨット)、漂流11日間、生存者1名。
  • 2001年(平成13年)8月:千葉県犬吠埼沖、繁栄丸(漁船)に乗った武智三繁が漂流37日間、薬缶で海水を沸かし、得た水滴をなめた。
  • 2003年(平成15年)6月:沖縄県粟国島沖、みさわ丸(漁船)、水は一度に盃1杯だけ飲んだ。漂流15日。
  • 2005年(平成17年)10月:太平洋メキシコ沖、漁船、漂流10ヶ月の末、翌2006年(平成18年)8月22日マーシャル諸島沖で台湾の漁船に救助された。生存者3名[9]
  • 2007年(平成19年)2月:幸吉丸、救命いかだに移り、積んでいた非常食を食べた。漂流3日間、生存者3名。

ダイバーが単身漂流した事例[編集]

海洋遭難の関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

脚注[編集]

  1. ^ 海洋遭難が、漁師、つまりプロの遭難だから大きく報道され、それに対して、山登りはレジャーをしている人たちだから大きく報道されないのだろう、と丸山は著書で推察した。
  2. ^ 読地図能力の不足で起きた場合は本人の準備不足となるが、登山の際によく使われる国土地理院発行の1/25000の地形図に記された登山道には、閉鎖された道が削除されていなかったり、実際とは違った道の形になっていたりして、登山者に問題が無くても道迷い遭難が起きることがある。
  3. ^ 山岳部やワンダーフォーゲル部などでは、定期的な学習会などにおいて、過去の遭難事例についても学んだり分析していることが多い。
  4. ^ 来た道が通過後に危険になったことが判り、安全な山小屋がすぐ先にある場合は、少しだけ進むという判断もありうる。
  5. ^ 生存者の佐野三治による遭難の経緯についての詳細な手記が出版されている[7]
  6. ^ 諸井清二艇長の手記も出版されている[8]斉藤実氏所有の同名船(世界最年長でヨット世界一周の記録を達成)ではないことに注意。
  7. ^ プロジェクトX第109回 「海賊襲撃 マラッカ海峡の闘い」
  8. ^ 漂流者および関係者へのインタビュー、取材を元に書籍が出版されている[10]

出典[編集]

  1. ^ 「遭難」- デジタル大辞泉
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 丸山晴弘 『遭難のしかた教えます : 安全で確実な登山のための辛口レクチャー』 絵: 塩浦信太郎ヤマケイ山学選書〉(原著1999年)、2011年改版。ISBN 978-4-635-04815-6
  3. ^ 平成20年中における山岳遭難の概況 (PDF) - 警察庁
  4. ^ 偽りの青空“疑似好天”の落とし穴 - NHKウェブ魚拓
  5. ^ 羽根田治 『ドキュメント 道迷い遭難』 山と溪谷社、2006年ISBN 978-4-635-14006-5
  6. ^ 永田秀樹 『山の遭難 生きた、還った : セルフレスキューの秘訣』 東京新聞出版局2005年、162-166頁。ISBN 978-4-8083-0822-3
  7. ^ 佐野三治 『たった一人の生還 :「たか号」漂流二十七日間の闘い』〈新潮文庫〉、1995年(原著1992年)。ISBN 978-4-10-136711-8
  8. ^ 諸井清二 『九十二日目の天国 : 酒呑童子号の太平洋漂流日誌』 産経新聞ニュースサービス、1994年ISBN 978-4-594-01621-0
  9. ^ “10か月間漂流した漁師、救助される - マーシャル諸島”. AFP BB News (archive.today). (2006年8月22日). オリジナル2012年7月17日時点によるアーカイブ。. http://archive.today/oZz0 
  10. ^ 小出康太郎 『流れる海 : ドキュメント・生還者』 佼成出版社1989年ISBN 978-4-333-01354-8
    小出康太郎 『ダイバー漂流 : 極限の230キロ』〈新潮OH!文庫〉、2000年ISBN 978-4-10-290021-5※『流れる海』の増訂

関連項目[編集]

遭難・漂流を題材とした作品[編集]