阿倍仲麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿倍仲麻呂(『前賢故実』より)

阿倍 仲麻呂[1](あべ の なかまろ、文武天皇2年(698年[2] - 宝亀元年(770年1月)は、奈良時代の遣唐留学生。中国名は仲満のち晁衡/朝衡(ちょうこう)。は朝臣。筑紫大宰帥阿倍比羅夫の孫。中務大輔阿倍船守の長男。弟に阿倍帯麻呂がいる。

科挙に合格し[3]唐朝において諸官を歴任して高官に登ったが、日本への帰国を果たせずに唐で客死した。

生涯[編集]

文武天皇2年(698年)阿倍船守の長男として大和国に生まれ、若くして学才を謳われた。霊亀3年・養老元年(717年多治比県守が率いる第9次[4]遣唐使に同行しての都・長安に留学する。同次の留学生には吉備真備玄昉がいた。

唐の太学で学び科挙に合格し[3]、唐の玄宗に仕える。神亀2年(725年洛陽の司経局校書として任官、神亀5年(728年)左拾遺、天平3年(731年)左補闕と官職を重ねた。仲麻呂は唐の朝廷で主に文学畑の役職を務めたことから李白王維儲光羲ら数多くの唐詩人と親交していたらしく、『全唐詩』には彼に関する唐詩人の作品が現存している。

天平5年(733年多治比広成が率いる第10次遣唐使が来唐したが、さらに唐での官途を追求するため帰国しなかった。翌年帰国の途に就いた遣唐使一行はかろうじて第1船のみが種子島に漂着、残りの3船は難破した。この時帰国した真備と玄昉は第1船に乗っており助かっている。副使・中臣名代が乗船していた第2船は福建方面に漂着し、一行は長安に戻った。名代一行を何とか帰国させると今度は崑崙国(チャンパ王国)に漂着して捕らえられ、中国に脱出してきた遣唐使判官・平群広成一行4人が長安に戻ってきた。広成らは仲麻呂の奔走で渤海経由で日本に帰国することができた。天平5年(734年)には儀王友に昇進した。

天平勝宝4年(752年)衛尉少卿に昇進する。この年、藤原清河率いる第12次遣唐使一行が来唐する。すでに在唐35年を経過していた仲麻呂は清河らとともに、翌年秘書監・衛尉卿を授けられた上で帰国を図った。この時王維は「秘書晁監(「秘書監の晁衡」の意)の日本国へ還るを送る」の別離の詩を詠んでいる。

しかし、仲麻呂や清河の乗船した第1船は暴風雨に遭って南方へ流される。このとき李白は彼が落命したという誤報を伝え聞き、「明月不歸沈碧海」の七言絶句「哭晁卿衡」を詠んで仲麻呂を悼んだ。

阿倍仲麻呂(百人一首より)
『天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも』(月岡芳年『月百姿』)

実際には仲麻呂は死んでおらず船は以前平群広成らが流されたのとほぼ同じ漂流ルートをたどり、幸いにも唐の領内である安南の驩州(現・ベトナム中部ヴィン)に漂着した。結局、仲麻呂一行は天平勝宝7年(755年)には長安に帰着している。この年、安禄山の乱が起こったことから、清河の身を案じた日本の朝廷から渤海経由で迎えが到来するものの、唐朝は行路が危険である事を理由に清河らの帰国を認めなかった。

仲麻呂は帰国を断念して唐で再び官途に就き、天平宝字4年(760年)には左散騎常侍(従三品)から鎮南都護・安南節度使(正三品)として再びベトナムに赴き総督を務めた。天平宝字5年(761年)から神護景雲元年(767年)まで6年間もハノイ安南都護府に在任し、天平神護2年(766年)安南節度使を授けられた。最後は潞州大都督(従二品)を贈られている。結局、日本への帰国は叶えられることなく、宝亀元年(770年1月に73歳の生涯を閉じた。

なお、『続日本紀』に「わが朝の学生にして名を唐国にあげる者は、ただ大臣[5]および朝衡の二人のみ」と賞されている[6]。また死去した後、彼の家族が貧しく葬儀を十分に行えなかったため日本国から遺族に絹と綿が贈られたという記述が残っている[7]

和歌及び漢詩[編集]

歌人として『古今和歌集』『玉葉和歌集』『続拾遺和歌集』にそれぞれ1首ずつ入首したとされるが[8]、『続拾遺和歌集』の1首は『万葉集』に採られている阿部虫麻呂の作品を誤って仲麻呂の歌として採録したもの。

仲麻呂の作品としては、「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」が百人一首にも選ばれている[9]。この歌を詠んだ経緯については、天平勝宝5年(753年)帰国する仲麻呂を送別する宴席において王維ら友人の前で日本語で詠ったとするのが通説だが、仲麻呂が唐に向かう船上より日本を振り返ると月が見え、今で言う福岡県の春日市より眺めた御笠山(宝満山)から昇る月を思い浮かべ詠んだとする説も存在する。

現在、陝西省西安市にある興慶宮公園の記念碑と江蘇省鎮江にある北固山の歌碑には、この歌を漢詩の五言絶句の形で詠ったものが刻まれている。

原文 書き下し文
翹首望東天 首を翹げて東天を望めば
神馳奈良邊 神(こころ)は馳す 奈良の辺
三笠山頂上 三笠山頂の上
思又皎月圓 思ふ 又た皎月の円(まどか)なるを


『全唐詩』巻732には、仲麻呂が帰国時に作った五言排律「銜命還国作」を収録している(作者名は「朝衡」)。なお、この詩は、王維が朝衡(晁衡:仲麻呂)に贈った送別の詩 “送秘書晁監還日本國”へのお返しに作ったものと言われている。


送秘書晁監還日本國  王維

原文 書き下し文 通釈
積水不可極 積水(せきすい)極(きわ)む可(べ)からず 水が深く積もった海は極める事はできないのだから
安知滄海東 安(いずく)んぞ滄海(そうかい)の東を知らん どうして青い大海原の東を知る事ができようか
九州何處遠 九州何れの処か遠き 世界では、どこが(日本より)遠いのだろうか
萬里若乘空 萬里空に乗ずるが若(ごと)し 万里の道を(馬車に)乗って空を行くようなものだろう
向國惟看日 国に向って惟(た)だ日を看る 日本国に向かうにはただ(東方の)太陽を見て
歸帆但信風 帰帆(きはん)但だ風に信(まか)す 帰りの船はただ風まかせ
鰲身映天黑 鰲身(ごうしん)天に映じて黒く 大海亀の身体は天に黒々と映えて
魚眼射波紅 魚眼(ぎょがん)波を射て紅(くれない)なり 魚の眼は赤々と波間に光る
鄕樹扶桑外 郷樹(きょうじゅ)扶桑(ふそう)の外 故郷の樹木は(日の出る神木のある)扶桑の外にあり
主人孤島中 主人(しゅじん)孤島の中(うち) あなたは絶海の孤島にいる
別離方異域 別離(べつり)方(まさに)異域なりて 別れては、まさに異郷となってしまうが
音信若爲通 音信(おんしん)若為(いかん)か通ぜん 便りをどのようにして通じることができるだろうか

なお、極玄集においては九州何處所と記され、この場合「あなたが帰ると言う九州は何処にあるのですか?」という解釈になる。

銜命還国作  朝衡

原文 書き下し文 通釈
銜命將辭國 命(めい)を銜(ふく)み将(まさ)に国を辞せんとす 皇帝陛下の命令を受けて今から国を出ようとしている
非才忝侍臣 非才ながら侍臣を忝(かたじけの)うす 才はなかったが。ありがたく陛下にお仕えしてきた
天中戀明主 天中明主を恋(おも)い 陛下は天下から賢明な君主として慕われ
海外憶慈親 海外慈親を憶(おも)う 海外からは、慈悲深い親のようにおもわれている
伏奏違金闕 伏奏(ふくそう)して金闕(きんけつ)を違(さ)り 陛下に伏して奏上して、宮殿を辞するお許しを得た
騑驂去玉津 騑驂(ひさん)して玉津(ぎょくしん)を去らんとす 馬車に乗り、立派な港から旅立つ
蓬萊郷路遠 蓬莱(ほうらい)郷路(きょうろ)は遠く 日本へ帰る道は遠いが
若木故園鄰 若木故園の隣(となり) 未熟な若木のような日本は、立派な園である唐の隣にある
西望懷恩日 西を望み恩を懐かしむ日 西を望んで、陛下のご恩を懐かしむ日があり
東歸感義辰 東へ帰って義に感ずる辰(とき) 東の日本に帰って、義に感謝する時もあろう
平生一寶劍 平生(へいせい)一宝剣 私が平素から大切にしていた一振りの宝剣を
留贈結交人 留め贈る交を結びし人に 親しく交わった友に贈ろう


また、仲麻呂が難破して亡くなったと伝えられた時に李白が作った追悼の七言絶句が「哭晁卿衡」である。

原文 書き下し文 通釈
日本晁卿辞帝都 日本の晁卿(ちょうけい)帝都を辞し 日本の晁衡卿は帝都長安を離れ
征帆一片遶蓬壷 征帆一片(せいはんいっぺん)蓬壷(ほうこ)を遶(めぐ)る 帆を張った舟は蓬莱山をめぐって行った。
明月不帰沈碧海 明月は帰らず碧海(へきかい)に沈み 明月のような君は青い海に沈んで帰らず
白雲愁色満蒼梧 白雲愁色蒼梧(そうご)に満つ 白雲がうかび、愁いが蒼梧に満ちている

伝説[編集]

江談抄』、『吉備大臣入唐絵巻』、『安倍仲麿入唐記』などによれば阿倍船守の次男として生まれ、好根という兄と日本において生まれた満月丸という子がいたという。

藤原不比等の推薦により元正天皇の勅命を受けて、唐の玄宗から『金烏玉兎集』を借り受けて持ち帰るために遣唐使に命じられた。唐に着いた仲麻呂は、その才能により玄宗に重用されることになる。このことにより、焦りをおぼえた唐の重臣である楊国忠安禄山により酔わされた上で高楼に幽閉される。仲麻呂は恨みをいだいて断食し、34歳で憤死する。しかし、その後もと化して『金烏玉兎集』を求めた。

仲麻呂が玄宗に重用されて朝衡という唐名を名乗り唐において昇進を重ねていたことから、日本では天皇の勅命を捨てたという噂が流れ、逆臣であるとして所領が没収された。代わりに吉備真備が遣唐使として派遣され、『金烏玉兎集』を持ち帰る勅命を受けた。その後、鬼と化した仲麻呂は唐に来た吉備真備を助け、難解な「野馬台の詩」の解読や囲碁の勝負など何度も助力し、『金烏玉兎集』を持ち帰ることに成功させている。また、仲麻呂の子である満月丸が後の安倍晴明の先祖にあたるとされる。

阿倍仲麻呂を題材とした作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 麿は麻呂の別の漢字表記である。例:菱屋竜太郎『阿倍仲麿入唐記』(明治3年(1870年))。
  2. ^ 『古今和歌集目録』によれば、大宝元年(701年)生まれ。
  3. ^ a b 仲麻呂が科挙を受験し合格した、との説には異論もある。
  4. ^ 遣唐使の次数の数え方は遣唐使項目に従う。
  5. ^ この大臣は吉備真備を指している。
  6. ^ 『続日本紀』宝亀6年10月2日条
  7. ^ 妻子がいたかどうかは不明。
  8. ^ 『勅撰作者部類』
  9. ^ この歌は『今昔物語集』や『古今集』などに採録され、後者の「後序」によれば、帰国のために明州までやってきた仲麻呂が送別の宴で詠んだ歌とされている。(山戸川点「阿倍仲麻呂」 / 小野一之・鈴木彰・谷口榮・樋口州男編 『人物伝小辞典 古代・中世編』 東京堂出版 2004年 16ページ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]