藤原家隆 (従二位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤原家隆(菊池容斎・画、明治時代)
伝藤原家隆墓

藤原 家隆(ふじわら の いえたか、保元3年(1158年) - 嘉禎3年4月9日1237年5月5日))は、鎌倉時代初期の公卿、歌人。有職読みで「かりゅう」とも呼ばれる。初名は顕隆。法名は仏性。壬生二位と号する。中納言藤原兼輔の末裔で、権中納言藤原光隆の次男。官位従二位宮内卿。『新古今和歌集』の撰者の一人。小倉百人一首では従二位家隆

経歴[編集]

安元元年(1175年)叙爵、安元3年(1177年侍従阿波越中守の地方官を併任し、建久4年(1193年)正月に侍従を辞任、正五位下に昇叙。正治3年(1201年)正月に従四位下元久3年(1206年宮内卿承久3年(1220年)まで宮内卿を務め、辞任ののちに正三位に叙せられた。嘉禎元年(1235年従二位。嘉禎2年12月(1237年1月)病を得て79歳で出家した。出家後は摂津国四天王寺に入り、夕陽丘より見える「ちぬの海(大阪湾)」に沈む夕日を好み、その彼方にある極楽へいくことを望んだ。現在の大阪市天王寺区夕陽丘町5に家隆塚(伝藤原家隆墓)がある。

歌人[編集]

家隆歌碑「土佐の海に 御船浮かべて 遊ぶらし 都の空は 雪解のどけき」(鳴無神社

和歌藤原俊成に学んだ。寂蓮の婿だったという説もある[1]。歌人としては晩成型であったが、『六百番歌合』『正治百首』などに参加して、やがて同時代の藤原定家と並び称される歌人として、御子左家と双璧と評価されるに至った。

古今著聞集』によると後鳥羽上皇が和歌を学びはじめたころ、藤原良経(後京極殿)に「和歌を学ぼうと思っているのだが誰を師としたらよいだろうか」と尋ね、良経は家隆を推薦した。院歌壇の中心メンバーであり、後鳥羽院が承久の乱隠岐に流された後も、遠所から題を賜って和歌を送ったりしている。歌風は平明で幽寂な趣きと評価される。また、晩年になってからも作歌意欲はいっこうに衰えず、その多作ぶりは有名で、生涯に詠んだ歌は六万首もあったと言われている。

歌集の『壬二集(みにしゅう)』は六家集の一つ。『千載和歌集』(5首)以下の勅撰和歌集に281首が採録されており、『新勅撰和歌集』には最多の43首が収められている[2]

息子の藤原隆祐と娘の土御門院(承明門院)小宰相も歌人。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『井蛙抄』
  2. ^ 『勅撰作者部類』
  3. ^ 『公卿補任』
  4. ^ 尊卑分脈