ハティン省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハティン省
Tỉnh Hà Tĩnh
省河靜
ホンリン町の田園風景
ホンリン町の田園風景
ハティン省の位置
地理
省都 ハティンベトナム語版英語版
地方 北中部
面積 6,055.6 km²
統計
人口
人口密度
1,286,700 人(2004年)
210 人/km²
民族 キン族, タイ族,
チュット族ベトナム語版英語版, ムオン族
その他
電話番号 39
ISO 3166-2: VN-23
ウェブサイト www.hatinh.gov.vn

ハティン省Tỉnh Hà Tĩnh省河靜)は、ベトナムの中北部に位置する地方自治体)の一つ。省都ハティンベトナム語版英語版

歴史[編集]

1930年ゲアン省とハティン省でゲティン・ソヴィエトベトナム語: Xô Viết Nghệ TĩnhNghe-Tinh soviet)の蜂起が起こった。

2014年5月14日に発生した、中国による石油掘削活動が引き金となったベトナム反中デモでは、ハティン省に進出した工場も襲撃対象となり、多くの死傷者を出すこととなった[1]

地理[編集]

西はラオス、東はバクボ湾に接する。ラオスとの国境地帯は豊かな自然の残る山岳地帯であり、ベトナム戦争および東西冷戦終了後にサオラを始めとする新種の動植物が多数発見されている。

ラオスとの国境地帯にはカウチェオ国際貿易経済区が置かれている。

行政区分[編集]

ハティン省は、以下の行政単位に区分される。

出典[編集]

  1. ^ “ベトナム中部で反中デモ暴徒化、20人以上が死亡=病院関係者”. ロイター (ロイター通信社). (2014年5月15日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0DV06120140515/ 2014年5月17日閲覧。 

関連項目[編集]