メコンデルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メコンデルタ(ベトナム)の位置
衛星写真(1996年2月)

メコンデルタĐồng bằng sông Cửu Long垌平滝九龍?英語Mekong Delta)とは、ベトナムを構成する地方の一つであり、ベトナムの南部に位置している。他にもベトナム語ではMiền Tây Nam Bộ(ミエンタイ・ナムボ、南部西域)、とくに南部人からは単にMiền Tây(ミエンタイ、西域)とも呼ばれる

また、地理学においては、カンボジア東南部をふくめたメコン川下流の三角州を指す。

行政区分[編集]

メコンデルタには、中央直轄市カントーと、以下の12の省が属している。


地理[編集]

面積はおよそ3万9000平方キロメートル。領域はメコン川とその支流、またそれを結ぶ網の目のような水路を中心として広がっている。19世紀のフランス植民地時代に水田面積が一気に広がり、今日では輸出米の殆どがこのデルタ地帯で生産される。作付面積の拡大のため、水路の整備や栽培技術の進歩に力が注がれている。

メコンデルタでも、河川が氾濫して土砂を堆積させる自然堤防が、カントーヴィンロンあたりまでに形成され、よく発達している。堤防上では集約的な農業が営まれている。この自然堤防と山塊にはさまれた地形として、チャウドックロンスエンの低地があげられ、雨季に広い範囲で洪水の被害が起こる[1]

全般的には水路を中心とした大平野であるが、北部にはトゥクズプサム山にみられるような100〜300m程度の独立した山がいくつか存在する。

メコン川[編集]

ラオスカンボジアを流れてきたメコン川は、カンボジアのプノンペンの南で支流のバサック川が分岐する。ベトナムには、メコン本流がアンザン省のタンチャウ県とドンタップ省ホングー市社の境に、バサック川がアンザン省のアンフー県に流入する。ふたつの流れは50kmほど先で合流するが、さらに分岐して広大なデルタを形成する。ベトナム語では大きく分けて、バサック川に由来する西側の流れを Hậu Giang(ハウザン:後江)またはsông Hậu(ソンハウ、瀧後)と呼び、本流に由来する東側の流れを Tiền Giang(ティエンザン、前江)またはsông Tiền(ソンティエン、瀧前)と呼びわける。

歴史[編集]

この地域は18世紀ごろまではクメール人やチャム人の土地であった。キン人の南進により、1700年ごろまでにミトーハーティエンヴィンロンなどの都市部が広南国の領域に加わり、その後カンボジアをめぐるシャムとの戦争や、西山朝広南阮氏復興勢力との戦いなどを経て、次第に全域がベトナムの主要民族であるキン族の支配する領域となっていった。19世紀初頭には阮朝がほぼ現在の国境線に近い領域を版図とした。

ベトナム戦争においては、メコン川の細かな支流に広がるジャングルや、カンボジア国境に多い小高い山に拠点を置いた南ベトナム解放民族戦線NLF)とアメリカ軍との戦闘が繰り広げられた。

経済・産業[編集]

この地域は肥沃な農地と水利に恵まれており、農業が主要産業である。稲作と、それに伴うライスペーパー米粉麺などの米製品の生産、田と用水路の間の土地などを利用した果物やハスなどの栽培、ホテイアオイなどの水草を餌として利用する豚の飼育、水路を利用したアヒルや川魚の養殖も行われる。

電力が慢性的に不足しており、都市部でも停電がしばしば起こるために工業はあまり盛んではない。

交通・運輸[編集]

鉄道は敷設されておらず、移動の中心はバスである。かつては大量輸送に耐える橋はなく、バスやトラックであっても大型の渡船に乗って渡河していたが、21世紀に入りカントー橋ラックミエウ橋などが整備されて夜間の交通が安全に行われるようになった。

しかし今日においても、道路の不整備などから船舶を使用した河川運輸や渡船の営業が広く行われており、砂利などの資材や、米などの農産物の大規模輸送のほか、生活必需品や生鮮食品を乗せた船による水上市場が残る地域も多く、地元民の生活だけでなく観光客の目も潤わせている。

観光[編集]

豊かな自然、果樹園、水上市場、メコン川のクルーズなどが人気であり、ホーチミン市などから、前江(メコン川の東流域)であれば日帰り、後江(メコン川の西流域)であれば1泊以上のツアーが多く組まれている。

脚注[編集]

  1. ^ 柳沢雅之「大和平野、水と土」/ 今井昭夫・岩井美佐紀編著『現代ベトナムを知るための60章』明石書店 2004年 75ページ

参考文献[編集]

  • Steffen Gebhardt, Juliane Huth, Nguyen Lam Dao, Achim Roth, Claudia Kuenzer: A comparison of TerraSAR-X Quadpol backscattering with RapidEye multispectral vegetation indices over rice fields in the Mekong Delta, Vietnam. In: International Journal of Remote Sensing. 33(24) 2012, 7644-7661.
  • Claudia Kuenzer, Huadong Guo, Patrick Leinenkugel, Juliane Huth, Xinwu Li, Stefan Dech: Flood and inundation dynamics in the Mekong Delta: an ENVISAT ASAR based time series analyses. In print at: Remote Sensing. 2012.
  • Patrick Leinenkugel, Thomas Esch, Claudia Kuenzer: Settlement detection and impervious surface estimation in the Mekong delta using optical and SAR data. In: Remote Sensing of Environment. 115(12) 2011, 3007-3019.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯10度00分32秒 東経105度49分26秒 / 北緯10.009度 東経105.824度 / 10.009; 105.824