チャウドック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャウドック
Thành phố Châu Đốc
城舗朱篤
ベトナムの旗
チャウドック市場
チャウドック市場
座標 : 北緯10度42分36秒 東経105度07分08秒 / 北緯10.71000度 東経105.11889度 / 10.71000; 105.11889
行政
ベトナムの旗 ベトナム
 省 アンザン省
チャウドック
地理
面積  
  域 105.29 km2 (40.65 mi2)
人口
人口 (2013現在)
  域 157,298人
    人口密度   1,500人/km2(3,900人/mi2
その他
等時帯 UTC/GMT +7
公式ウェブサイト : http://chaudoc.angiang.gov.vn/

チャウドック (Thành phố Châu Đốc城舗朱篤) はベトナム南部メコンデルタ地域アンザン省の河川港湾都市である。

地理[編集]

アンザン省最北部、カンボジア国境沿いに位置する。ハウザン(後江、メコン川の西流)に面しており、イスラム教を信じる少数民族チャム族の居住地がある町としても知られ、モスクも存在する。河川には水上生活者の集落も多い。

ホーチミン市からは直線距離で西170km、路程で250kmほどの位置にあり、長距離バスはホーチミン市(約6時間)のほかカントー(約2時間)やロンスエンからも運行されている。河港より水路を抜けティエンザン(前江、メコン川の東流)を遡上し、ヴィンスーン(ソンティエン)国境を抜けてカンボジアのプノンペンに至るスピードボートが旅行会社により運営されている。

市街の西にあるサム山には福田寺(Chùa Phước Điền)や西安寺(Chùa Tây An)、媽祖を祀った廟主處聖母(Miếu Bà Chúa Xứ)を始めとした多くの寺社があり、信仰を集めている

歴史[編集]

古くは扶南の領域であり、ベトナムの領域に入ったのは18世紀頃である。1976年以前にはチャウドック省ベトナム語版という基礎行政区分が存在した。

ベトナム戦争中の1957年にはチャウドックの虐殺英語版が起きた。

2013年7月19日に城舗(thành phố)へと昇格するまでは、市社(thị xã)であった。

経済[編集]

カンボジアとの貿易の玄関として栄えている。名産品として、ヌクマムの他、マムトム、マムタイ、マムカーといった、魚介を発酵させた調味料が多く作られている。また、市域には広大な水田とそれを結ぶ網の目のような水路が張り巡らされ、農業も盛んである。

住民[編集]

ベトナムの主要民族であるキン族のほか、ホア族チャム族クメール族も多く住むが、民族問題はほとんど発生していない。

行政区画[編集]

チャウドックは、以下の行政単位に区分される。

ギャラリー[編集]