西山朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベトナム、ビンディン省タイソン県 光中皇帝博物館の阮三兄弟像
ベトナムの歴史
ベトナムの歴史






伝説時代
文郎国
甌雒国
北属期
南越統治)
徴氏姉妹






北属期
六朝統治)

前李朝
北属期統治)
梅叔鸞





北属期南漢統治)
楊廷芸矯公羨
呉朝
十二使君時代
丁朝
前黎朝
李朝






陳朝
胡朝
後陳朝
北属期統治)
後黎朝前期
莫朝
後黎朝後期 莫朝
鄭氏政権 阮氏政権
西山朝
阮朝
フランス領インドシナ
ベトナム帝国
コーチシナ共和国 ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
ベトナム社会主義共和国

西山朝(せいざんちょう、タイソン朝ベトナム語Nhà Tây Sơn、家西山)は、1778年から1802年の間、ベトナムに存在した短期王朝。この期間の一連の出来事は西山党の乱(タイソン党の乱)とも呼ばれる。

背景[編集]

18世紀のベトナムでは、黎朝皇帝が名目上のものとなり、北部は鄭氏が北河国英語版(中国呼称:交趾国、日本呼称:東京国)を称し、南部は阮氏が広南国を称していた。このふたつの政権は「鄭阮戦争」と呼ばれる抗争を繰り返し、国土は疲弊した。

直接の抗争が落ち着いた後も、東京鄭氏の治世下では地主や官僚の土地私有化がすすみ、遊興三昧の政治によって農村は荒廃し、1735年には大飢饉が起こり反乱が相次いだ。

広南国でも1765年の武王の死後、わずか12歳の定王の摂政となった張福鸞を中心に官僚の不正がはびこっていた。また、広南阮氏は以前よりアユタヤ王朝の干渉を避けようとするクメール王朝と姻戚関係を結び、それを利用した南進政策のもとでメコンデルタに多くの植民地を築いており、1757年には反乱鎮圧を名目に現在のカンボジア南部にまで勢力を伸ばしたが、1767年にアユタヤ王朝にとってかわったトンブリー朝タークシン王はふたたびクメール王朝に侵攻。これにより植民地を失った広南国では民衆にさらに重税を課すことになり、地方は疲弊した。

歴史[編集]

広南阮氏との戦い[編集]

1771年、西山(タイソン:現在のビンディン省タイソン県)出身の阮文岳ベトナム語版阮文侶ベトナム語版阮文恵の三兄弟(阮姓だが広南阮氏とは無縁)が摂政・張福鸞の排除を掲げて反乱を起こした。阮文岳の妻は山岳民族のバナール族出身であり、反乱の初期は多くの山岳民族が阮文岳を支えた。1773年には帰仁城(現在のクイニョン)を占拠。さらに北上し廣義(クアンガイ)、廣南(クアンナム)から広南阮氏を駆逐した。

これを好機と見た東京鄭氏の鄭森は軍を大挙南下させ、1774年には広南阮氏の首都富春(現在のフエ)を攻略した。このとき、進駐軍副司令官となった黎貴惇が著わした『撫邊雜録』は、同時代史料に乏しい広南阮氏研究の第一級史料である。

西山勢は廣南で東京鄭氏と対峙したが、広南阮氏と東京鄭氏の両者を敵に回す愚を避けて鄭氏に服従の意を示し、黎朝より「広南鎮守宣撫大使」に任官されると更に南部に軍を進め、1776年には嘉定(現ホーチミン市)に侵攻。多くの広南阮氏残党を倒したが、この時に一族の阮福暎だけは取り逃がした。阮福暎は一度は嘉定を取り戻したが、すぐに西山勢に奪回されて富国島へ逃亡した。

1778年、阮文岳は帰仁城で王を名乗った。

ラックガム=ソアイムットの戦い[編集]

そののち、1783年に阮福暎はフランス人宣教師ピニョー・ド・ベーヌに息子を人質として差し出すことにより加勢を頼んだ。またシャムにてチャクリー王朝ラーマ1世に水兵2万(一説には5万)・船300隻の援軍を得た。メコンデルタの中国人勢力も阮福暎に味方した。

1785年1月19日、阮文恵の西山軍と阮福暎・シャム連合軍はメコン川中流、現在のミトー付近のラックガム、ソアイムット(Rạch Gầm - Xoài Mút)で戦陣を切った。メコン川に遡上する海水の満干の差を読んだ作戦により、翌朝にはシャム軍はほぼ壊滅。主力を失った阮福暎の軍は潰走した。これ以降、シャムがベトナムの領土へ侵攻することは絶えた。

東京鄭氏との戦い[編集]

1786年6月、北に軍を向けた阮文恵はハイヴァン峠を越え、鄭氏が抑えていた富春を占拠した。7月には紅河デルタに侵攻し黎朝の守護を宣言した。これにより鄭氏は内部分裂を起こし敗走した。昇龍(現在のハノイ)に入城した阮文恵は、黎朝皇帝・黎顕宗によって元帥に任じられ王女の玉欣を娶ったが、黎顕宗は翌日に死去。子の黎昭統英語版が即位したが、阮文恵はこれを軽んじ昇龍を放棄した。

1787年4月、阮文岳は黎朝を放置したまま、帰仁にて皇帝を称した。また阮文恵を富春に置き北定王、阮文侶を嘉定に置き南定王[1]に封じた。

清の介入とドンダーの戦い[編集]

1787年7月、黎朝皇帝・黎顕宗は清王朝に救援を求めた。乾隆帝の許可を得た広東・広西総督の孫士毅は20万の兵を率いて紅河デルタに侵攻し昇龍を占拠[2]。黎朝の回復を宣言したが、実際は孫士毅が実権を握った。この年に大飢饉が起こり、清の軍勢が略奪を働いたことで民心は黎朝から離れた。この報告を聞いた阮文恵は12月に檄文を発し、自らも皇帝を名乗り年号を「光中」に改めた。1789年1月5日(陰暦)、阮文恵の軍は昇龍に迫り、ドンダーの戦いベトナム語版で清軍を敗走させた。孫士毅の逃亡を聞いた黎昭統は北京に亡命し、ここに黎朝も亡んだ。

阮文恵・阮文岳の死と阮福暎の再興[編集]

無断の北伐と皇帝の名乗りによる阮兄弟の仲違いを知った阮福暎は、永隆(ヴィンロン)、美湫(ミトー)を攻略し、1788年9月には嘉定を占拠した。1789年7月、本国フランスの支援を得ることに失敗したピニョー・ド・ベーヌがフランスから帰国。私費で武器弾薬を購入し兵を集め、多くのフランス人がこれに応じた。阮福暎はフランス人勢力の他にもシャム・ポルトガル・マラッカ・イギリス人勢力の支援を受け、また独自にカンボジアで兵を集めた。1792年にはピニョー艦隊が西山朝の艦隊を帰仁城の沖で破った。阮文恵は大挙して阮福暎を討伐しようとしたが出陣直前に没し、翌年には阮文岳も没した、阮文恵の子の阮光纉ベトナム語版(景盛帝)が富春朝廷の後を継いだが、1799年には阮福暎が帰仁城を占領。1799年から1801年にかけ阮福暎の将・武性と西山朝の将・陳光耀が帰仁城をめぐって激しい攻防戦を展開したが、その間に阮福暎は廣南、会安(ホイアン)、沱曩(ダナン)、富春を陥した。

ジャン川の戦い[編集]

1802年、鎮寧(チャンニン)に軍を進めた阮福暎は、ジャン川(クアンビン省ボーチャック県)の戦いで最後まで抵抗していた裴氏春の軍を破り、多くの将を捕虜とした。7月22日に昇龍に入城した阮福暎は阮三兄弟の一族を皆殺しにし、ここに西山朝は滅びた。

西山朝の皇帝[編集]

帰仁朝廷 帝号 廟号、称号 諱や異名など 在位
中央皇帝(Trung Uơng hoàng đế)、 泰德帝(Thái Đức đế 太祖(Thái Tổ 阮岳ベトナム語版Nguyễn Nhạc)、阮文岳(Nguyễn Văn Nhạc 1778年 - 1793年
孝公(Hiếu Công 阮文宝Nguyễn Văn Bảo 1793年 - 1798年
富春朝廷 帝号 廟号、称号 諱や異名など 在位
光中皇帝(Quang Trung hoàng đế 北平王(Bắc Bình Vương 阮恵Nguyễn Huệ)、 阮文恵 (Nguyễn Văn Huệ 1788年 - 1792年
景盛皇帝(Cảnh Thịnh hoàng đế 阮光纉ベトナム語版Nguyễn Quang Toản)、阮弘瑞 1792年 - 1802年

西山朝の年号[編集]

帰仁朝廷[編集]

  1. 泰徳 1778年 - 1788年

富春朝廷[編集]

  1. 光中 1788年 - 1792年
  2. 景盛 1792年 - 1801年
  3. 宝興 1801年 - 1802年

参考文献[編集]

  • 小倉貞男『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』(中公新書 1997年7月25日 ISBN 4121013727

脚注[編集]

  1. ^ 光中博物館の像では、阮文侶の称号は「東定王」となっている。
  2. ^ 乾隆帝十全武功英語版におけるベトナム遠征軍のこと。