西山朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベトナムの歴史
ベトナムの歴史






伝説時代
文郎国
甌雒国
北属期
南越統治)
徴氏姉妹






北属期
六朝統治)

前李朝
北属期統治)
梅叔鸞





北属期南漢統治)
楊廷芸矯公羨
呉朝
十二使君時代
丁朝
前黎朝
李朝






陳朝
胡朝
後陳朝
北属期統治)
後黎朝前期
莫朝
後黎朝後期 莫朝
鄭氏政権 阮氏政権
西山朝
阮朝
フランス領インドシナ
ベトナム帝国
コーチシナ共和国 ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
ベトナム社会主義共和国

西山朝(せいざんちょう、タイソン朝ベトナム語Nhà Tây Sơn、家西山)は、1778年から1802年の間、ベトナムに存在した短期王朝。この期間の一連の出来事は西山党の乱(タイソン党の乱)とも呼ばれる。

歴史[編集]

阮文恵

18世紀のベトナムでは、黎朝皇帝が名目上のものとなり、北部は鄭氏が北河国(中国呼称:交趾国、日本呼称:東京国)英語版を称し、南部は阮氏が広南国英語版を称していた。 1769年シャムの新しい王となったタークシン王が、カンボジアを支配下に入れるための戦争を開始した。戦闘は主に広南国の阮氏に対して行われ、阮氏は征服したばかりの土地を放棄せざるを得なくなった。このことにより、広南国では重税を課され、地方は疲弊した。 阮氏が圧政を敷くようになると、1771年、西山(タイソン)出身の3兄弟(阮文岳ベトナム語版阮文侶ベトナム語版阮文恵、阮姓だが広南阮氏とは無縁)が反乱を起こした。黎朝はこれを好機と見て大挙南下し、広南阮氏の首都富春(現フエ)を攻略した。このとき、進駐軍副司令官となった黎貴惇が著わした『撫邊雜録』は、同時代史料に乏しい広南阮氏研究の第一級史料である。

西山勢は黎氏に降る形で戦闘を継続、1777年に嘉定(現ホーチミン市)で広南阮氏を滅ぼした。この時に広南阮氏一族の阮福暎だけは辛くも国外へ逃げ延びた。1778年、阮文岳は中央皇帝を称する。1786年に阮文恵は黎朝内部の不和に乗ずる形で北伐し、これによって鄭氏も崩壊した。阮文恵は黎朝皇帝を存続させたが、不安を感じた昭統帝英語版に亡命した。阮文恵は清の介入軍[1]ドンダーの戦いベトナム語版Battle of Đống Đa)で撃退し、ここに黎朝も亡んだ(1789年)。

阮文恵は北伐を敢行したことで兄の阮文岳と対立、阮文恵も帝を称した(彼はチュノムを公用文字としたことでも知られる)。一方、阮福暎は兄弟の内訌を突く形でシャムの援助を受けるなどして抗戦を継続した。阮文恵は阮文岳の勢力を吸収し、大挙して阮福暎を討伐しようとしたが、出陣直前に没した。子の阮光纉ベトナム語版(景盛帝)が後を継ぎ、阮福暎と激しい攻防戦を展開したが、フランスとの外交戦に失敗し(vi:Quan hệ giữa Nguyễn Ánh và người Pháp)、さらにラオスや南シナ海の華人勢力などを次々と敵に回して劣勢となった。1802年に昇龍は陥落し、光纉は殺害されて西山朝は滅亡した。

西山朝の皇帝[編集]

帰仁朝廷[編集]

  1. 太祖 阮文岳ベトナム語版 1778年 - 1793年
  2. 孝公 阮文宝ベトナム語版 1793年 - 1798年

富春朝廷[編集]

  1. 阮文恵(阮光平) 1788年 - 1792年
  2. 阮光纉ベトナム語版(阮弘瑞) 1792年 - 1802年

西山朝の年号[編集]

帰仁朝廷[編集]

  1. 泰徳 1778年 - 1788年

富春朝廷[編集]

  1. 光中 1788年 - 1792年
  2. 景盛 1792年 - 1801年
  3. 宝興 1801年 - 1802年

ギャラリー[編集]

ベトナム、ビンディン省タイソン県 光中皇帝博物館の阮3兄弟像

脚注[編集]

  1. ^ 乾隆帝十全武功英語版におけるベトナム遠征軍のこと。