提督 (清朝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

提督(ていとく)とは朝の武官の官職名。従一品官で、位階の上では巡撫の上、総督尚書と同格であった。

提督は各省の緑営の最高責任者で、12名の陸路提督がおり、1つないし2つの省を管轄下に置いた。それゆえその管轄区域は数万平方キロメートルから数十万平方キロメートルに及んだ。またその他に3名の水師提督(福建水師提督・広東水師提督・長江水師提督)が置かれた。