ダナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯16度04分 東経108度14分 / 北緯16.067度 東経108.233度 / 16.067; 108.233

ダナン市
Thành phố Đà Nẵng
城舗沱曩
上: ミーケー海岸中左上: バーナー山ロープウェイ中左下: グーハイン山中右: ダナンNovotelホテル、下: ハン川橋
上: ミーケー海岸
中左上: バーナー山ロープウェイ
中左下: グーハイン山
中右: ダナンNovotelホテル、下: ハン川橋
ダナン市の位置
地理
地方 中南沿海
面積 1,256 km²
下位区分 6 区 2 県
統計
人口
人口密度
887,069 人(2009年)
599 人/km²
民族 キン族, ホア族, カトゥ族, 岱人
その他
電話番号 0511
郵便番号 59
ナンバープレート 43
ISO 3166-2: VN-60
ウェブサイト http://www.danang.gov.vn/

ダナン市Thành phố Đà Nẵng: Da Nang City)とは、ベトナム中部の中央直轄市。ベトナムの主要な港湾都市である。行政的には7区に分かれる。仏領インドシナ時代にはトゥーラン (Tourane) と呼ばれ、中国語では峴港と呼ばれる。

歴史[編集]

ダナン近郊にある五行山英語版(Ngũ Hành Sơn, マーブルマウンテン)
ダナン港(2012年)

16世紀には広南政権の首府フエの外港ホイアンでは南蛮貿易が行なわれていたが、ダナン市は小漁村に過ぎなかった。

18世紀になるとトゥボン川英語版の河口にあるホイアン港が上流から運ばれたの堆積によって、次第に使用できなくなったため、ハン川の河口にあるダナン港英語版が成長し始めた。1835年阮朝明命帝は全ての欧州船にダナンに入港するよう勅令を発したため、ダナンがベトナム中部最大の港となった。1847年4月15日、ダナンの戦い英語版1858年9月、フランス・スペイン連合艦隊、ダナンに進行し、コーチシナ戦争英語版1858年-1862年)が勃発。1883年6月、トンキン戦争英語版1883年6月 - 1886年4月)が勃発。1887年10月、フランス領インドシナ連邦の成立。1889年、フランスのインドシナ総督府はダナン市をクアンナム省から切り離し、トゥーランと命名して、総督直轄地とした。

20世紀始めのトゥーランはインフラストラクチャーが整備されて、食品加工業や造船業が発達し、ハイフォンサイゴンと並んでベトナムの主要貿易港となった。

1965年3月、ベトナム戦争の際には、朝鮮戦争以来のアメリカ海兵隊が上陸して、大規模な米軍基地を建設し、1967年には中央直轄市となった。1968年旧正月南ベトナム解放民族戦線がダナン駐留米軍に大攻勢をかけたテト攻勢ベトナム戦争の激戦の一つである。ベトナム戦争後、ダナン市はクアンナム省と合併して「クアンナム=ダナン省」となった。

ダナン市には、空港・港湾・倉庫・銀行・工場などが次々に建設され、大規模な産業都市に発展する。1996年7月6日には再びクアンナム省から分離して中央直轄市となり、現在に至る。

地理[編集]

気候[編集]

ダナン市の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 32
(90)
35
(95)
37
(99)
41
(106)
39
(102)
38
(100)
38
(100)
38
(100)
37
(99)
36
(97)
35
(95)
32
(90)
41
(106)
平均最高気温 °C (°F) 24.8
(76.6)
26.1
(79)
28.7
(83.7)
31.0
(87.8)
33.4
(92.1)
33.9
(93)
34.3
(93.7)
33.9
(93)
31.5
(88.7)
29.6
(85.3)
27.0
(80.6)
24.9
(76.8)
29.93
(85.86)
日平均気温 °C (°F) 21.7
(71.1)
23.0
(73.4)
25.1
(77.2)
27.2
(81)
29.2
(84.6)
29.7
(85.5)
29.8
(85.6)
29.7
(85.5)
27.8
(82)
26.4
(79.5)
24.3
(75.7)
22.1
(71.8)
26.33
(79.41)
平均最低気温 °C (°F) 18.5
(65.3)
19.8
(67.6)
21.5
(70.7)
23.3
(73.9)
24.9
(76.8)
25.5
(77.9)
25.3
(77.5)
25.5
(77.9)
24.1
(75.4)
23.2
(73.8)
21.6
(70.9)
19.3
(66.7)
22.71
(72.87)
最低気温記録 °C (°F) 8
(46)
7
(45)
11
(52)
7
(45)
18
(64)
20
(68)
17
(63)
21
(70)
21
(70)
12
(54)
7
(45)
11
(52)
7
(45)
降水量 mm (inch) 96.2
(3.787)
33.0
(1.299)
22.4
(0.882)
26.9
(1.059)
62.6
(2.465)
87.1
(3.429)
85.6
(3.37)
103.0
(4.055)
349.7
(13.768)
612.8
(24.126)
366.2
(14.417)
199.0
(7.835)
2,044.5
(80.492)
平均降水日数 13.7 6.9 4.8 5.6 8.9 8.0 8.6 11.4 15.4 21.2 20.9 18.6 144
 % 湿度 83 83 83 82 78 75 74 76 81 84 84 84 80.6
平均月間日照時間 136.4 144.1 105.4 207.0 257.3 237.0 257.3 207.7 174.0 145.7 120.0 116.6 2,108.5
出典 1: 世界気象機関 (国連)[1]
出典 2: Weatherbase (record highs, lows, and humidity) [2]

行政区画[編集]

ダナン市は、以下の行政単位に区分される。

  • 区(Quận、郡)
  1. ハイチャウ区
  2. タインヘー区
  3. ソンチャー区
  4. グーハインソン区
  5. リエンチェウ区
  6. カムレ区
  • 県(Huyện、縣)
  1. ホアヴァン県
  2. ホアンサ県中華人民共和国と領有権係争中)

教育[編集]

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

港湾[編集]

ダナン港のティエンサ(Tiên Sa)コンテナターミナル
  • ダナン港英語版
    • ハン川河口部からダナン湾内の沿岸部にかけて、一般雑貨、コンテナ貨物、木材・チップ、セメントなどのターミナルが設けられている。港湾施設は当初河口部に建設され、サイゴン港ハイフォン港などの他のベトナムの主要港と同様に河川港であったが、拡張によりダナン湾沿岸部に新たなターミナルが建設されたことで、外洋と直接アクセスできる海港となり、入出港水路の水深等の制約が少ないという好条件を備えている。ベトナム中部における主要外貿拠点となっている。
    • また、海軍海上警察の根拠地も置かれており、艦船の造修施設もある。


友好都市[編集]

友好港[編集]

出典[編集]

  1. ^ World Weather Information Service - Đà Nẵng”. 2012年8月11日閲覧。
  2. ^ Weatherbase: Historical Weather for Da Nang”. Weatherbase. 2012年8月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ベトナム社会主義共和国政府
現地日本語メディア
現地日系企業