莫朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1540年頃のベトナム。ピンクが莫朝、黄色が鄭氏・阮氏の同盟域、緑色がチャンパ王国
ベトナムの歴史
ベトナムの歴史






伝説時代
文郎国
甌雒国
北属期
南越統治)
徴氏姉妹






北属期
六朝統治)

前李朝
北属期統治)
梅叔鸞





北属期南漢統治)
楊廷芸矯公羨
呉朝
十二使君時代
丁朝
前黎朝
李朝






陳朝
胡朝
後陳朝
北属期統治)
後黎朝前期
莫朝
後黎朝後期 莫朝
鄭氏政権 阮氏政権
西山朝
阮朝
フランス領インドシナ
ベトナム帝国
コーチシナ共和国 ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
ベトナム社会主義共和国

莫朝(マクちょう、ばくちょう、: nhà Mạc1527年 - 1677年)は、ベトナムの北部を支配した王朝である。

建国[編集]

16世紀黎朝では指導力を欠いた皇帝が続き、宮廷内は権力争いで乱れていた。そうした中、1527年に権臣の莫登庸(マク・ダン・ズン、ばくとうよう、Mạc Đăng Dung)は恭帝英語版を幽閉、禅譲迫り帝位を簒奪、ここに前期黎朝は滅亡し莫朝が開かれることとなった。

発展[編集]

莫登庸は即位直後は黎朝の制度を踏襲して民心の統一を図ると共に、名士の検証など国内における帝位簒奪の動揺を収斂させる政策を実施した。一方1528年には黎朝で弛緩した田制や兵制を新たに制定し、また貨幣鋳造を行うなど内政整備に積極的な姿勢を見せた。1530年に莫登庸から譲位され即位した莫登嬴は法令を整備し、租税賦役を軽減したことで国力が充実し、莫朝の最盛期を創出している。

最盛期を迎えた莫朝であるが、黎朝復興を掲げる反対勢力が存在し黎朝の三分の二を支配したに過ぎなかった。反対勢力となったのは、阮淦を指導者とした黎朝重臣の鄭氏と阮氏である。宋山県出身で黎朝の旧臣であった阮淦は、莫朝が成立するとラオス方面に逃れ、その地の王である乍斗の援助の下に反莫運動を展開、黎寧を擁立し莫朝に対抗した。また阮淦はへ使者を派遣し、黎寧の正当性を確認すると共に、簒奪者である莫登庸に対する討伐軍出兵を依頼するなどの外交作戦を展開した。

当時の明は嘉靖帝の時代であり、朝議の結果毛伯温を派遣し、莫朝が降伏すれば臣属を認め、反攻すれば討伐するという和戦両様で交渉に臨むこととなった。この時期莫登嬴が死去し、その子である莫福海が即位していたが、朝廷の実権を掌握していた莫登庸により国内に反対勢力を抱える現状を考慮し明への臣属を決定、明も莫登庸の降伏を認め莫登庸を安南都統使に任命した。これにより明との対立を回避した莫朝であるが、国内の反対勢力は更に増大し事実上国内は莫朝と反莫朝勢力に二分される状況が発生した。

地方政権としての莫朝へ[編集]

反莫朝勢力を代表する阮淦であったが、1543年に部下により毒殺されその実権は鄭検に移された。その後莫朝では莫福源莫茂洽が即位し鄭氏との抗争を続けた。そして1592年鄭松は遂にハノイ(当時の呼称は東京/Đông Kinh)を攻略、莫茂洽を殺害しここに莫朝は事実上滅亡した。

しかし莫朝の残党はその後高平(カオバン)に逃れ、明とそれに続くの保護のもとに1677年まで地方政権として存続している。

莫朝の歴代皇帝[編集]

  1. 太祖 莫登庸
  2. 太宗 莫登嬴
  3. 憲宗 莫福海
  4. 宣宗 莫福源
  5. 英祖 莫茂洽
  6. 景宗 莫全
  7. 閔宗 莫敬止
  8. 代宗 莫敬恭
  9. 光祖 莫敬寬
  10. 明宗 莫敬宇(莫敬完)

莫朝の年号[編集]

  1. 明徳 1527年 - 1529年
  2. 大正 1530年 - 1540年
  3. 広和 1541年 - 1546年
  4. 永定 1547年
  5. 景暦 1548年 - 1553年
  6. 光宝 1554年 - 1561年
  7. 淳福 1562年 - 1566年
  8. 崇康 1566年 - 1578年
  9. 延成 1578年 - 1585年
  10. 端泰 1586年 - 1587年
  11. 興治 1588年 - 1590年
  12. 洪寧 1591年 - 1592年
  13. 武安 1592年
  14. 宝定 1592年 - 1593年
  15. 康佑 1593年
  16. 乾統 1593年 - 1625年
  17. 隆泰 1618年 - 1625年
  18. 順徳 1638年 - 1677年

関連項目[編集]