黎荘宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
荘宗 黎維寧
後黎朝
第13代皇帝
王朝 後黎朝
在位期間 1533年1548年
都城 哀牢→清華
姓・諱 黎維寧
諡号 裕皇帝
廟号 荘宗
生年 洪順6年(1514年)?
没年 元和16年1月29日
1548年3月9日
昭宗
嘉慶皇太后
后妃 貞淑太后
陵墓 延陵
元号 元和 : 1533年1548年

黎荘宗(れいそうそう、ベトナム語: Lê Trang Tông)は、後黎朝大越の第13代皇帝(在位:1533年1548年)。中興黎朝の祖。名は黎 維寧(れい いねい、ベトナム語: Lê Duy Ninh)。『明史』では黎 寧(れい ねい、ベトナム語: Lê Ninh)とする。

生涯[編集]

昭宗の子。昭宗を殺してその弟の恭皇を擁立した莫登庸は恭皇に禅譲を迫り、莫朝を打ち立てた。南方へ逃れた黎維寧は、哀牢(現在のラオス)に逃亡していた安清侯阮淦の保護を受けた。

大正3年(1532年)、阮淦に擁立された黎維寧は哀牢で皇帝に即位して黎朝を再興した。ただし実権は尚父太師興国公の阮淦に握られ、荘宗は阮淦の傀儡に過ぎなかった。阮淦の指揮下で黎朝軍は西都清華を奪回して清華以南の地域を確保し、北の莫朝と対峙した(南北朝時代)。

元和13年(1545年)に阮淦が毒殺されたが、婿の鄭検が軍権を引き継ぎ、荘宗はその傀儡であり続けた。元和16年(1548年)に崩御、長男の黎維暄が跡を継いだ(中宗)。

外部リンク[編集]

先代:
恭皇
後黎朝の第13代皇帝
1533年 - 1548年
次代:
中宗