フーコック島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯10度15分32秒 東経104度00分09秒 / 北緯10.25889度 東経104.00250度 / 10.25889; 104.00250

フーコック島
フーコック島
面積 561 km²
海岸線長 - km
最高標高 - m
所在海域 タイランド湾
所属国・地域 ベトナム
テンプレートを表示
ズォンドンの浜辺

フーコック島Đảo Phú Quốc島富國)は、タイランド湾に浮かぶベトナム最大(561km2)の島で、ベトナム本土より40km沖合いにある。島の南部よりアントイ諸島の小島が連なる。北東部は、カンボジア領の島と国境で接する。キエンザン省に属している。最大の町は、ズォンドン (Dương Đông)。島の人口は、8万5000人(2001年現在)。太平洋戦争時はフコク島とも呼ばれた。

気候と概要[編集]

雨季(10月)以外は乾季で、平均年間降水量は2,879mm、平均気温は27℃。俗に99の山と丘があるといわれ、北東部の水源よりチャン川、ダバン川が海に注ぐ。また、荘厳な滝も存在する。最後の楽園と称され、ロングビーチ(チュオンビーチ)やサオビーチなどの砂浜が美しい。ロングビーチは、島の西側に20kmも続く、白砂の鳴き砂のビーチで、ベトナムでは唯一夕陽が見られるところである。ベトナム人、華僑のみならず欧米人が訪れるリゾートで、ヴィラ風のホテルなどがある。2007年には、初の5つ星ホテルも開業するなど、エコ・ツーリズムの高まりで観光客が増えている。

特産物[編集]

魚醤ヌックマムの産地として有名で、年間600万リットルが生産されている。また、胡椒の産地であるとともに漁業が盛んであり、特にイカ漁が行われ、観光客向けにもイカ釣りのツアーがある。

国境の島として[編集]

シャム湾のカンボジア領に張り出した国境の島であり、ユォンドンより北部は軍事施設があり、外国人立入規制地域がある。かつてはカンボジアポル・ポト派は、カンボジア領と主張していた。カンボジアでは、Koh Tral と呼ばれている。

フーコック犬[編集]

島原産の犬で、ベトナム全土で数千匹しかいない希少種。保護が叫ばれている反面、島に新しく入った移住者向けに犬料理を出す店があり、フーコック犬が出されている。また、2007年に全長700mのドッグレース場が開業する予定。研究施設や犬の病院を併設、犬が自然に近い形で猟ができるように8haの森林地帯も用意されるという。

交通[編集]

外部リンク[編集]