カントー橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カントー橋
カントー橋
所在地 ベトナムの旗ベトナム社会主義共和国
カントー市 - ヴィンロン省
ハウ川
長さ 1010m
最大支間長 550m
片側2.5車線
建築家
技術者
大成建設鹿島建設新日本製鐵JV
形式 斜張橋
素材 コンクリート
建設 2004年平成16年)9月25日 - 2010年平成22年)4月24日
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

座標: 北緯10度03分18秒 東経105度47分39秒 / 北緯10.05500度 東経105.79417度 / 10.05500; 105.79417 カントー橋(-ばし ベトナム語: Cầu Cần Thơ)とは、ベトナム南部のヴィンロン省カントー市とを結ぶ、メコン川最大の支流ハウ川(Hậu Giangまたはsông Hậu)にかかる橋である。全長は2750メートル(主橋部分)あり東南アジア斜張橋では最長の橋である。

橋の銘板

建設の経過[編集]

ベトナムファン・ヴァン・カイ首相(当時)が2004年平成16年)9月25日に建設を計画し、2008年の終わりまでに完成させる予定だったが、崩落事故が発生しその影響で完成は遅れた(後述)。2010年平成22年)4月24日にカントー橋は完成し、ベトナム政府による記念式典が行われ、グエン・タン・ズン首相、坂場三男駐ベトナム日本大使も招かれ盛大に祝われた[1][2][3]。この橋の完成により、ハノイ〜メコンデルタ迄のベトナム国道1A号線の南北縦貫プロジェクトは完成した。

この計画には4兆8320ドン(3億4200万米ドル・日本円で294億7,300万円)の費用が掛かり、日本ODA(特別円借款事業)で賄われた。この計画の請負業者は大成建設鹿島建設新日本製鐵(現:新日鐵住金)からなるJVである。

橋が出来る以前は、ベトナムの国道1号の線につながるメコン川の両岸の船着き場を、フェリーボートが大量の車両のピストン輸送を行っていたが、橋の完成によって、フェリーによるピストン輸送は幕を閉じた[4][5]

建設中の崩落事故[編集]

崩壊したカントー橋

カントー橋の工事中であった2007年平成19年)9月26日、地上30mの位置にあった橋げたが崩壊する事故が発生。当時、250人の労働者が作業をしており、翌27日には52人が死亡し、140人が怪我をしたと報告された。なお、2008年(平成20年)8月11日時点では、死者は55人、負傷者は79人とされている[6]

10月4日、大成建設等のJVをはじめとする請負業者らは当面の補償金として90億ドンを拠出することを発表した(10億ドンを死亡者への弔慰金、負傷者への見舞金とし、残り80億ドンを遺児70人に対し18歳まで養育費を支給するための基金とする)。

このプロジェクトにコンサルタントとして参加していた日本工営のエンジニアは、プロジェクト責任者に2007年6月付けで、支保工系統が安全係数を満たさず作業条件が非常に危険であると、警告文を送付していた[7]。また、別のエンジニアも2007年(平成19年)1月付文書で、仮支柱系統の施工にあたり、安全度の確認のための実験を求めている[7]

事故の原因を調査するため、ベトナム政府はカントー橋崩落事故調査国家委員会を設置。コンサルタントによる警告については、委員会の第2回会合で取り上げられ、施工を請け負ったJV側はその後、設計の見直しや補強工事を行ったと説明した[8]

2008年(平成20年)1月8日、事故調査国家委員会は、グエン・タン・ズン首相に崩落事故の調査結果について報告を行なった。この時点では最終結論を出すに至らなかったが、ズン首相は、施工方法の安全が確認できたものについて工事を再開することに同意した[9]

事故調査国家委員会は、2008年(平成20年)7月2日に最終的な報告を公表した。この報告では、事故の原因は仮設支柱の支柱基礎が不等沈下したことであり、通常の設計においては予測困難であったと結論付けられた[10]。なお、事故の責任の所在については、調査報告を踏まえ、ベトナムの関連当局が調査、検討を行うこととされた。

この最終報告を受け、工事は2008年8月に再開された[6][11]

脚注[編集]

  1. ^ “越のメコン架橋が完成 07年に崩落死亡事故”. 47News (共同通信). (2010年4月24日). http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042401000448.html 2010年4月29日閲覧。 
  2. ^ 遠藤堂太 (2010年4月26日(月曜日)). “円借款のカントー橋が開通[建設]”. NNA.ASIA. http://nna.jp/free/news/20100426icn001A.html 2010年8月9日(月曜日)閲覧。 
  3. ^ 東南アジア最大の斜張橋、カントー橋が開通”. HOTNAM (2010年4月27日). 2010年4月28日閲覧。
  4. ^ 2010年4月24日ベトナムVTVvi:Thời sự】放送より。
  5. ^ “大使のよもやま話(第50回)” (プレスリリース), 在ベトナム日本大使館 - 外務省, (2010年5月1日), http://www.vn.emb-japan.go.jp/jp/ambassadors/yomoyama_50.html 2010年5月6日閲覧。 
  6. ^ a b カントー橋建設事業の工事再開について 旧国際協力銀行(JBIC)のお知らせ(2008) JICA
  7. ^ a b ベトナムカントー橋崩落事故、3カ月前の警告 VIET JO 日刊ベトナムニュース 2007年10月3日
  8. ^ なぜ崩れた「オール日本」のODA橋 JanJanニュース、2007年11月18日
  9. ^ カントー橋崩落事故 VIET JO 日刊ベトナムニュース 2008年1月9日
  10. ^ カントー橋崩落事故に関するベトナム国家事故調査委員会最終報告について 外務省、2008年7月4日
  11. ^ ベトナム「カントー橋建設事業」の工事再開について 日本工営株式会社、2008年10月2日

関連項目[編集]

日本国政府開発援助関連

外部リンク[編集]