藤原道綱母

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤原道綱母(ふじわら の みちつな の はは、承平6年(936年)? - 長徳元年5月2日995年6月2日))は、平安時代中期の歌人藤原倫寧の娘。(『尊卑分脈』に「本朝第一美人三人内也(=日本で最も美しい女性三人のうちの一人である)」と書かれているが、尊卑分脈は間違いも多く真偽は不明)

藤原兼家の妻の一人となり一子道綱を儲けた。また、兼家の旧妻である源兼忠女の娘を引き取り養女にしている。兼家との結婚生活の様子などを『蜻蛉日記』につづった。晩年は摂政になった夫に省みられる事も少なく寂しい生活を送ったと言われているが詳細は不明。『蜻蛉日記』は没年より約20年前、39歳の大晦日を最後に筆が途絶えている。

小倉百人一首では右大将道綱母とされている。

和歌[編集]

拾遺和歌集』以下の勅撰集に36首が採られ、弟・藤原長能や一子・藤原道綱と共に中古三十六歌仙に選ばれている。家集に『傅大納言母上集』がある。

なげきつつ ひとりぬる夜の あくるまは いかに久しき ものとかはしる

拾遺和歌集』恋四・912、 小倉百人一首・53番

また、清少納言らと共に女房三十六歌仙の1人にも選ばれている。道綱母の兄・藤原理能清原元輔の娘、すなわち清少納言の姉を妻に迎えており、そのこととの関連性は不明ながら『枕草子』では道綱母が詠んだ以下の歌が紹介されている[1]

たきぎこる ことは昨日に尽きにしを いざ斧の柄は ここに朽たさむ

『拾遺和歌集』哀傷・1339

今昔秀歌百撰』では30番に蜻蛉日記から

あらそへば思ひにわぶるあまぐもにまつそる鷹ぞ悲しかりける

選者:速水博司(元目白大学短期大学部教授)

更級日記』の作者・菅原孝標女は道綱母の妹が母であり、道綱母から見て姪に当たる。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]