小野篁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小野篁像(『集古十種』より)
小野篁(『前賢故実』より)

小野 篁(おの の たかむら、延暦21年(802年) - 仁寿2年12月22日853年2月3日))は、平安時代前期の公卿文人参議小野岑守の長男。官位従三位・参議。異名は野相公野宰相、その反骨精神から野狂とも称された。小倉百人一首では参議篁

経歴[編集]

弘仁6年(815年)に陸奥守に任ぜられた父・岑守に従って陸奥国へ赴き、弓馬をよくした。しかし、帰京後も学問に取り組まなかったことから、漢詩に優れ侍読を務めるほどであった岑守の子であるのになぜ弓馬の士になってしまったのか、と嵯峨天皇に嘆かれた。これを聞いた篁は恥じて悔い改めて学問を志し、弘仁13年(822年文章生試に及第した。[1]

天長元年(824年巡察弾正に任ぜられた後、弾正少忠・大内記蔵人を経て、天長9年(832年従五位下大宰少弐に叙任される。この間の天長7年(830年)に父・岑守が没した際は、哀悼や謹慎生活が度を過ぎて、身体容貌がひどく衰えてしまうほどであったという[1]。天長10年(833年)に仁明天皇即位すると、皇太子恒貞親王東宮学士に任ぜられ、弾正少弼を兼ねる。また、同年完成した『令義解』の編纂にも参画して、その序文を執筆している。

承和元年(834年遣唐副使に任ぜられる。承和2年(835年)従五位上、承和3年(836年正五位下と俄に昇叙されたのち、承和3年と翌承和4年(837年)の2回に亘り出帆するが、いずれも渡唐に失敗する。承和5年(838年)三度目の航海にあたって、遣唐大使・藤原常嗣の乗船する第一船が損傷して漏水したために、常嗣の上奏により、篁の乗る第二船を第一船とし常嗣が乗船した。これに対して篁は、己の利得のために他人に損害を押し付けるような道理に逆らった方法がまかり通るなら、面目なくて部下を率いることなど到底できないと抗議し、さらに自身の病気や老母の世話が必要であることを理由に乗船を拒否した(遣唐使は篁を残して6月に渡海)[1]。のちに、篁は恨みの気持ちを含んだまま『西道謡』という遣唐使の事業を(ひいては朝廷を)風刺する漢詩を作るが、その内容は本来忌むべき表現を興に任せて多用したものであった[2]。そのため、この漢詩を読んだ嵯峨上皇は激怒して、篁の罪状を審議させ、同年12月に官位剥奪の上で隠岐への流罪に処した[2]。なお、配流の道中に篁が制作した『謫行吟』七言十韻は、文章が美しく、趣きが優美深遠で、漢詩に通じた者で吟誦しない者はいなかったという[1]

承和7年(840年)罪を赦されて平安京に帰り、翌承和8年(841年)には文才に優れていることを理由として特別に本位(正五位下)に復され[3]刑部少輔に任ぜられる。承和9年(842年承和の変により道康親王(のち文徳天皇)が皇太子に立てられるとその東宮学士に任ぜられ、まもなく式部少輔も兼ねた。その後は、承和12年(845年従四位下蔵人頭、承和13年(846年権左中弁次いで左中弁と要職を歴任する。権左中弁の官職にあった承和13年(846年)に当時審議中であった善愷訴訟事件において、告発された弁官らは私曲を犯していなくても、本来は弁官の権限外の裁判を行った以上、公務ではなく私罪である、との右少弁・伴善男の主張に同意し、告発された弁官らを弾劾する流れを作った。しかし、後年篁はこの時の判断は誤りであったとして、悔いたという[4]。承和14年(847年参議に任ぜられて公卿に列す。のち、議政官として、弾正大弼・左大弁・班山城田使長官勘解由使長官などを兼帯し、嘉祥2年(849年)に従四位上に叙せられるが、同年5月に病気により官職を辞す。

嘉祥3年(850年)文徳天皇の即位に伴い正四位下に叙せられる。仁寿2年(852年)一旦病が癒えて左大弁に復帰するが、まもなく再び病を得て参朝が困難となった[1]天皇は篁を深く憐れみ、何度も使者を遣わせて病気の原因を調べさせ、治療の足しとするために金銭食料を与えたという[1]。同年12月には在宅のまま従三位に叙せられるが、間もなく薨去[1]享年51。最終官位は参議左大弁従三位。

京都市北区紫野西御所田町の島津製作所紫野工場の一角に、紫式部のものと隣接した墓所がある。

人物[編集]

令義解』の編纂にも深く関与するなど明法道に明るく、政務能力に優れていた。また、漢詩文では白居易と対比されるなど、平安時代初期の三勅撰漢詩集の時代における屈指の詩人であり、『経国集』『扶桑集』『本朝文粋』『和漢朗詠集』にその作品が伝わっている。また和歌にも秀で、『古今和歌集』(8首)以下の勅撰和歌集に14首が入集している[5]家集として『野相公集』(5巻)があり、鎌倉時代までは伝わったというが、現在は散逸。

書においても当時天下無双で、草隷の巧みさは王羲之父子に匹敵するとされ、後世に書を習うものは皆手本としたという[1]

非常な母親孝行である一方、金銭には淡白で俸禄を友人に分け与えていたため、家は貧しかったという。危篤の際に子息らに対して、もし自分が死んでも決して他人に知らせずにすぐに葬儀を行うように、と命じたとされる。[1]

身長六尺二寸(約188㎝)の巨漢でもあった[1]

代表歌[編集]

参議篁(小野篁)(百人一首より)
『孝子の月』(月岡芳年『月百姿』)両親のために薪を集める小野篁
珍皇寺、小野篁卿旧跡、篁の亡霊が,珍皇寺門前の六道の辻からに冥府に通ったという伝説がある、京都市東山区
小野篁が地獄と行き来したと言われている井戸、奥の右側、珍皇寺
  • わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟(『百人一首』11番)
  • 泣く涙 雨と降らなむ わたり川 水まさりなば かへりくるがに(『古今和歌集』)

逸話と伝説[編集]

  • 篁は夜ごと井戸を通って地獄に降り、閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたという。この井戸は、京都嵯峨の福生寺(生の六道、明治期に廃寺)と京都東山の六道珍皇寺(死の六道)にあったとされ、また六道珍皇寺の閻魔堂には、篁作と言われる閻魔大王と篁の木 像が並んで安置されている。
  • 京都市北区にある篁のものと伝えられる墓の隣には、紫式部のものと言われる墓があるが、これは愛欲を描いた咎で地獄に落とされた式部 を、篁が閻魔大王にとりなしたという伝説に基づくものである。
  • 今昔物語集』「小野篁、情に依り西三条の大臣を助くる語」によると、病死して閻魔庁に引据えられた藤原良相が篁の執成しに よって蘇生したという逸話が見える。
  • 宇治拾遺物語』などには、嵯峨天皇のころ、「無悪善」という落書きを「悪(さが(嵯峨のこと))無くば、善けん」(「悪なからば善か らん」とも読める。いずれにせよ、「嵯峨天皇がいなければ良いのに」の意。)と読み、これが読めたのは篁自身が書いたからに違いないと立腹した嵯峨天皇は「『子』を十二個書いたものを読め」というなぞなぞを出したが、見事に「猫の子の子猫、獅子の子の子獅子」と読み解いてみせ事なきを得た、という逸話も見える。
  • まだ日本に『白氏文集』が一冊しか渡来していない頃、天皇が戯れに白居易の詩の一文字を変えて篁に示したところ、篁は改変したその一文字のみを添削して返したという。
  • 白居易は、篁が遣唐使に任ぜられたと聞き、彼に会うのを楽しみしていたという。
  • また篁を主人公とした物語として、異母妹との悲恋を描いた『篁物語』があるが、完全なフィクションである。
  • 陸奥守在任中の承和9年(842年)に竹駒神社を創建している。また、六道珍皇寺を創建したとの説もある。

系譜[編集]

武蔵七党猪俣党横山党などの武士は小野篁の子孫を称して、小野にちなんで「野太郎」「小野太」などと称している。また、それからの転化で「弥太郎」や「小弥太」と称した者もいる。なお、猪俣党や横山党の出自については、小野篁の後裔とするもののほか、武蔵国造の末裔とする説もある[11](詳細は猪俣党横山党の各項を参照)。

小野篁を祀った神社[編集]

小野篁に関連する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『日本文徳天皇実録』仁寿2年12月22日条
  2. ^ a b 『続日本後紀』承和5年12月15日条
  3. ^ 『続日本後紀』承和8年閏9月19日条
  4. ^ 『北山抄』第10
  5. ^ 『勅撰作者部類』
  6. ^ 『尊卑分脈』による。但し、小野小町の出自には諸説があり、正しい系譜は不明。小野小町の項目を参照。
  7. ^ 『小野氏系図』(『続群書類従』巻第166所収)では篁の弟とする。
  8. ^ a b 『小野氏系図』(『続群書類従』巻第166所収)
  9. ^ 『武蔵七党系図』
  10. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』では、春日氏の一族で、摂津羽束部の伴造氏である羽束首の後裔とする。
  11. ^ 太田[1963: 505,6457]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 産湯川神社産湯池広島県東広島市河内町入野にある、小野篁が産湯をつかった池の跡という。
  • 篁山竹林寺広島県東広島市河内町入野にある、小野篁の名をつけた寺院。冥界に帰った篁が、100年後一人の僧侶として生まれ変わり、生誕所縁の天平2年(730年)行基の開創による「桜山花王寺」(後に篁山竹林寺に改める)に戻り、十王堂を建て十王尊像九体をつくり残り一体は自ら生身の像となったという。