藤原常嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤原常嗣/『前賢故実』より

藤原 常嗣(ふじわら の つねつぐ、延暦15年(796年) - 承和7年4月23日840年5月27日))は、平安時代前期の公卿藤原北家中納言藤原葛野麻呂の七男[1]官位従三位参議

経歴[編集]

右京少進式部大丞などを経て、弘仁14年(823年従五位下に叙せられる。

淳和朝では、天長3年(826年従五位上、天長5年(828年正五位下と順調に昇進する。天長7年(830年)正月に刑部少輔に左遷されるが、8月には蔵人頭に抜擢、天長8年(831年)には従四位下参議に叙任され公卿に列す。また、議政官として勘解由長官右大弁を兼ねた。なお、この間『令義解』の編纂にも携わっている。

仁明朝に入ると、天長10年(833年従四位上に叙せられ、翌承和元年(834年)にはかつて父・葛野麻呂も任ぜられた遣唐大使に任じられる。父子二代続けて大使に任命されたことについて「唯一門而已」(唯一門のみ)と評された[1]。しかし、承和3年(836年)・承和4年(837年)と二度に亘り渡航に失敗、この間に左大弁大宰権帥に任じられている。

承和5年(838年)三度目の渡航の際、それまでの渡航失敗により乗船であった第1船が破損していたために、遣唐副使・小野篁が乗船する予定であった第2船に乗り換えようとしたことから篁と対立、篁は病気を理由に渡航を拒否してしまう。結局、三度目の渡航は成功するが、この渡航は悲惨を極め、その様子が同行した円仁の『入唐求法巡礼行記』に記されている。翌承和6年(839年)常嗣は長安文宗に拝謁したのち、新たに新羅船を手配し、8月に帰国する。なお、これが実際に渡海した最後の遣唐使となった。

同年9月渡海の労により従三位に昇叙されるが、翌承和7年(840年)4月23日に薨去した。享年45。最終官位は参議左大弁従三位。

人物[編集]

若い頃より大学で学び、『史記』や『漢書』を読みあさり、『文選』を暗誦した。作文を好み、隷書が得意であった。生まれつき物事を見通して取り仕切る才覚があり、また、礼式に適った挙措動作は称賛に値した[1]

遣唐大使を務めた際には、円仁の天台山留学のために奔走したことが知られる[2]一方で、副使の小野篁のみならず、知乗船事の伴有仁ら4名も乗船を拒否して処罰を受けていること[3]、さらには帰国時にも渡航ルートを巡って判官の長岑高名と対立して高名の主張に敗れる[4]などトラブルが続発しており、常嗣の判断能力や統率力の欠如を指摘する見解もある[5]

経国集』に漢詩作品が採録されている。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『続日本後紀』承和7年4月23日条
  2. ^ 『入唐求法巡礼行記』(唐)開成4年2月24・27日条
  3. ^ 『続日本後紀』承和6年3月丁酉条
  4. ^ 『入唐求法巡礼行記』(唐)開成4年4月1-4日条
  5. ^ 森公章「漂流・遭難、唐の国情変化と遣唐使事業の行方」『遣唐使と古代日本の対外政策』(吉川弘文館、2008年)
  6. ^ 『続日本後紀』承和3年4月30日条