刑部省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

刑部省(ぎょうぶしょう)は、古代日本の律令制下の八省の一つ、もしくは明治時代省庁の一つ。

刑部省(律令制)[編集]

古代日本における律令制下の八省の一つ。主な職掌は、司法全般を管轄し重大事件の裁判監獄の管理・刑罰を執行することである。しかし、軽罪については各官司が独自に裁判権を持ち、平安時代検非違使が設置されて以降、ほとんどの職掌を検非違使に奪われることとなり、有名無実化した。

職員[編集]

四等官の他、品官として罪人を裁く判事が設置され、また罪人に対する糾問にあたる解部も設置されていた。判事や解部の部局は刑部省からある程度独立していた。

長官である刑部卿正四位下相当で、平忠盛なども任命されたことがあるが、従三位以上の公卿が兼帯することも多かった。

大輔以下の職員構成は以下の通り。

下級事務職員として、

注:大輔と少輔には後に権官も置かれた。

刑部省被官の官司[編集]

  • 囚獄司(しゅうごくし、和:ひとやの つかさ) - 監獄
  • 贓贖司(ぞうしょくし、和:あごうものの つかさ) - 没収物の管理。平城天皇のときに刑部省へ吸収された。

刑部省(明治時代)[編集]

明治2年7月8日1869年8月15日)、太政官に設置された省庁の一つで、裁判や刑罰の執行、欧米法令翻訳などを管轄していた。明治4年7月9日1871年8月24日)に弾正台と合併して司法省と改称された。

関連項目[編集]