紫式部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紫式部 (土佐光起石山寺蔵)
紫式部(菊池容斎前賢故実』)

紫式部(むらさきしきぶ、生没年不詳)は、平安時代中期の女性作家歌人。『源氏物語』の作者と考えられている。中古三十六歌仙女房三十六歌仙の一人。『小倉百人一首』にも「めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな」で入選。

屈指の学者詩人である藤原為時の娘。藤原宣孝に嫁ぎ、一女(大弐三位)を産んだ。の死後、召し出されて一条天皇の中宮・藤原彰子に仕えている間に、『源氏物語』を記した[1]

略伝[編集]

紫式部歌碑
「めぐりあひて 見しや
それとも わかぬ間に
雲がくれにし
夜半の月かな」
    京都市上京区廬山寺内    
2000円紙幣D券裏面に描かれている紫式部(右下)

藤原北家の出で、越後守藤原為時の娘で母は摂津守藤原為信女であるが、幼少期に母を亡くしたとされる。同母の兄弟に藤原惟規がいる(同人の生年も不明であり、式部とどちらが年長かについては両説が存在する[2])ほか、姉がいたことも分かっている。三条右大臣藤原定方、堤中納言・藤原兼輔はともに父方の曽祖父で一族には文辞を以って聞こえた人が多い。

幼少の頃より当時の女性に求められる以上の才能で漢文を読みこなしたなど、才女としての逸話が多い。54帖にわたる大作『源氏物語』、宮仕え中の日記『紫式部日記』を著したというのが通説、家集『紫式部集』が伝わっている。

父・為時は30代に東宮の読書役を始めとして東宮が花山天皇になると蔵人式部大丞と出世したが花山天皇が出家すると失職した。10年後、一条天皇に詩を奉じた結果、越前国受領となる。紫式部は娘時代の約2年を父の任国で過ごす。

長徳4年(998年)頃、親子ほども年の差がある山城守藤原宣孝と結婚し長保元年(999年)に一女・藤原賢子(大弐三位)を儲けたが、この結婚生活は長く続かずまもなく長保3年4月15日(1001年5月10日)宣孝と死別した。

寛弘2年12月29日1005年1月31日)、もしくは寛弘3年の同日(1006年1月26日)より、一条天皇の中宮彰子藤原道長の長女、のち院号宣下して上東門院)に女房兼家庭教師役として仕え、少なくとも寛弘8年(1012年)頃まで奉仕し続けたようである。

なおこれに先立ち、永延元年(987年)の藤原道長と源倫子の結婚の際に、倫子付きの女房として出仕した可能性が指摘されている。源氏物語の解説書である「河海抄」や「紫明抄」、歴史書の「今鏡」には紫式部の経歴として倫子付き女房であったことが記されている。それらは伝承の類であり信憑性には乏しいが、他にも紫式部日記からうかがえる、新参の女房に対するものとは思えぬ道長や倫子からの格別な信頼・配慮があること、永延元年当時為時は失職しており家庭基盤が不安定であったこと、倫子と紫式部はいずれも曽祖父に藤原定方を持ち遠縁に当たることなどが挙げられる。また女房名からも、為時が式部丞だった時期は彰子への出仕の20年も前であり、さらにその間に越前国の国司に任じられているため、寛弘2年に初出仕したのであれば父の任国「越前」や亡夫の任国・役職の「山城」「右衛門権佐」にちなんだ名を名乗るのが自然で、地位としてもそれらより劣る「式部」を女房名に用いるのは考えがたく、そのことからも初出仕の時期は寛弘2年以前であるという説である。[3]

詞花集』に収められた伊勢大輔の「いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな」という和歌は宮廷に献上された八重桜を受け取り中宮に奉る際に詠んだものだが、『伊勢大輔集』によればこの役目は当初紫式部の役目だったものを式部が新参の大輔に譲ったものだった。

藤原実資の日記『小右記』長和2年5月25日1014年6月25日)条で「実資の甥で養子である藤原資平が実資の代理で皇太后彰子のもとを訪れた際『越後守為時女』なる女房が取り次ぎ役を務めた」との記述が紫式部で残された最後のものとし、よって三条天皇長和年間(1012-1016年)に没したとするのが昭和40年代までの通説だったが、現在では、『小右記』寛仁3年正月5日(1019年2月18日)条で 、実資に応対した「女房」を紫式部本人と認め([4])、さらに、西本願寺本『平兼盛集』巻末逸文に「おなじ宮の藤式部、…式部の君亡くなり…」とある詞書と和歌を、岡一男説[5]の『頼宗集』の逸文ではなく、『定頼集』の逸文と推定し、この直後に死亡したとする萩谷朴説[6]、今井源衛説が存在する。

現在、日本銀行D銀行券 2000円札の裏には小さな肖像画と『源氏物語絵巻』の一部を使用している。

人物[編集]

『石山月』(月岡芳年『月百姿』)『源氏物語』を執筆する紫式部

本名[編集]

紫式部の本名は不明であるが、『御堂関白記』の寛弘4年1月29日1007年2月19日)の条において掌侍になったとされる記事のある「藤原香子」(かおりこ / たかこ / こうし)とする角田文衛の説もある[7]。この説は発表当時「日本史最大の謎」として新聞報道されるなど、センセーショナルな話題を呼んだ。 但し、この説は仮定を重ねている部分も多く推論の過程に誤りが含まれているといった批判もあり[8]、その他にも、もし紫式部が「掌侍」という律令制に基づく公的な地位を有していたのなら勅撰集や系譜類に何らかの言及があると思えるのにそのような痕跡が全く見えないのはおかしいとする批判も根強くある[9]。その後、萩谷朴の香子説追認論文[10]も提出されたが、未だにこの説に関しての根本的否定は提出されておらず、しかしながら広く認められた説ともなっていないのが現状である。また、香子を「よしこ」とする説もある。

その他の名前[編集]

女房名は「藤式部」。「式部」は父為時の官位(式部省の官僚・式部大丞だったこと)に由来するとする説と同母の兄弟惟規の官位によるとする説とがある[11]

現在一般的に使われている「紫式部」という呼称について、「紫」のような色名を冠した呼称はこの時代他に例が無くこのような名前で呼ばれるようになった理由についてはさまざまに推測されているが、一般的には「紫」の称は『源氏物語』または特にその作中人物「紫の上」に由来すると考えられている[12]

また、上原作和は、『紫式部集』の宣孝と思しき人物の詠歌に「ももといふ名のあるものを時の間に散る桜にも思ひおとさじ」とあることから、幼名・通称を「もも」とする説を提示した[13]。今後の検証が待たれる。

婚姻関係[編集]

紫式部の夫としては藤原宣孝がよく知られており、これまで式部の結婚はこの一度だけであると考えられてきた。しかし、「紫式部=藤原香子」説との関係で、『権記』の長徳3年(997年)8月17日条に現れる「後家香子」なる女性が藤原香子=紫式部であり、紫式部の結婚は藤原宣孝との一回限りではなく、それ以前に紀時文との婚姻関係が存在したのではないかとする説が唱えられている[14]

尊卑分脈』において紫式部が藤原道長妾であるとの記述がある(後述)ことは古くからよく知られていたが、この記述については後世になって初めて現れたものであり、事実に基づくとは考えがたいとするのが一般的な受け取り方であった。しかしこれは『紫式部日記』にある「紫式部が藤原道長からの誘いをうまくはぐらかした」といった記述が存在することを根拠として「紫式部は二夫にまみえない貞婦である」とした『尊卑分脈』よりずっと後になって成立した観念的な主張に影響された判断であり、一度式部が道長からの誘いを断った記述が存在し、たとえそのこと自体が事実だとしても、最後まで誘いを断り続けたのかどうかは日記の記述からは不明であり、また当時の婚姻制度や家族制度から見て式部が道長の妾になったとしても法的にも道徳的にも問題があるわけではないのだから、尊卑分脈の記述を否定するにはもっときちんとしたそれなりの根拠が必要であり、この尊卑分脈の記述はもっと真剣に検討されるべきであるとする主張もある[要出典]

日本紀の御局[編集]

源氏の物語』を女房に読ませて聞いた一条天皇が作者を褒めてきっと日本紀(『日本書紀』のこと)をよく読みこんでいる人に違いないと言ったことから「日本紀の御局」とあだ名されたとの逸話があるが、これには女性が漢文を読むことへの揶揄があり本人には苦痛だったようであるとする説が通説である。

「内裏の上の源氏の物語人に読ませたまひつつ聞こしめしけるに この人は日本紀をこそよみたまへけれまことに才あるべし とのたまはせけるをふと推しはかりに いみじうなむさえかある と殿上人などに言ひ散らして日本紀の御局ぞつけたりけるいとをかしくぞはべるものなりけり」(『紫式部日記』)

生没年[編集]

当時の受領階級の女性一般がそうであるように、紫式部の生没年を明確な形で伝えた記録は存在しない。そのため紫式部の生没年についてはさまざまな状況を元に推測したさまざまな説が存在しており定説が無い状態である。

生年については両親が婚姻関係になったのが父の為時が始めて国司となって播磨の国へ赴く直前と考えられることからそれ以降であり、かつ同母の姉がいることからそこからある程度経過した時期であろうとはみられるものの、同母の兄弟である藤原惟規とどちらが年長であるのかも不明であり、以下のようなさまざまな説が混在する[15]

また没年についても、紫式部と思われる「為時女なる女房」の記述が何度か現れる藤原実資の日記『小右記』において、長和2年5月25日1014年6月25日)の条で「実資の甥で養子である藤原資平が実資の代理で皇太后彰子のもとを訪れた際『越後守為時女』なる女房が取り次ぎ役を務めた」との記述が紫式部について残された明確な記録のうち最後のものであるとする認識が有力なものであったが、これについても異論が存在し、これ以後の明確な記録が無いこともあって、以下のようなさまざまな説が存在している[23]

  • 1014年(長和3年)2月の没とする説(岡一男説[24])。なお、岡説は前掲の西本願寺本『平兼盛集』の逸文に「おなじみやのとうしきぶ、おやのゐなかなりけるに、『いかに』などかきたりけるふみを、しきぶのきみなくなりて、そのむすめ見はべりて、ものおもひはべりけるころ、見てかきつけはべりける」とある詞書を、賢子と交際のあった藤原頼宗の『頼宗集』の残欠が混入したものと仮定している。
  • 1016年(長和5年)頃没とする与謝野晶子の説[25](『小右記』長和5年4月29日1016年6月6日)条にある父・為時の出家を近しい身内(式部)の死と結びつける説が有力であることによる)
  • 1017年(寛仁元年)以降とする山中裕による説(光源氏が「太上天皇になずらふ」存在となったのは紫式部が同年の敦明親王の皇太子辞退と准太上天皇の待遇授与の事実を知っていたからであるとして同年以後の没とする)[26]
  • 1019年(寛仁3年)『小右記』正月5日条に実資と相対した「女房」を紫式部と認め、かつ西本願寺本『平兼盛集』巻末逸文を、娘・賢子の交友関係から『定頼集』の逸文と推定して、寛仁3年内の没とする(萩谷朴[27]) 、(今井源衛説)。
  • 1025年(万寿2年)以後の没とする安藤為章による説(「楚王の夢」『栄花物語』の解釈を根拠として娘の大弐三位が後の後冷泉天皇の乳母となった時点で式部も生存していたと考えられるとする。)
  • 1031年(長元4年)没とする角田文衛による説(『続後撰集』に長元3年8月(1030年)の作品が確認出来ることなどを理由とする。[28]

墓所[編集]

紫式部の墓と伝えられるものが京都市北区紫野西御所田町(堀川北大路下ル西側)に残されている。紫式部の墓とされるものは小野篁の墓とされるものに隣接して建てられている。この場所は淳和天皇離宮があり、紫式部が晩年に住んだと言われ後に大徳寺の別坊となった雲林院百毫院の南にあたる。この地に紫式部の墓が存在するという伝承は、古くは14世紀中頃の源氏物語の注釈書『河海抄』(四辻善成)に、「式部墓所在雲林院白毫院南 小野篁墓の西なり」と明記されており、15世紀後半の注釈書『花鳥余情』(一条兼良)、江戸時代の書物『扶桑京華志』や『山城名跡巡行志』、『山州名跡志』にも記されている。1989年に社団法人紫式部顕彰会によって整備されており[29]、京都の観光名所の一つになっている。

その他[編集]

貴族では珍しくイワシが好物であったという説話があるが、元は『猿源氏草紙』で和泉式部の話であり、後世の作話と思われる。

紫式部日記[編集]

紫式部(小倉百人一首より)
紫式部邸址(廬山寺「源氏庭」)

人物評[編集]

同時期の有名だった女房たちの人物評が見られる。中でも最も有名なのが『枕草子』作者の清少納言に対する、(以下、意訳)

  • 「得意げに真名(漢字)を書き散らしているが、よく見ると間違いも多いし大した事はない」(「清少納言こそ したり顔にいみじうはべりける人 さばかりさかしだち 真名書き散らしてはべるほども よく見れば まだいと足らぬこと多かり」『紫日記』黒川本)、
  • 「こんな人の行く末にいいことがあるだろうか(いや、ない)」(「そのあだになりぬる人の果て いかでかはよくはべらむ」『紫日記』黒川本)

などの殆ど陰口ともいえる辛辣な批評である。これらの表記は近年に至るまで様々な憶測や、ある種野次馬的な興味(紫式部が清少納言の才能に嫉妬していたのだ、など)を持って語られている。もっとも本人同士は年齢や宮仕えの年代も10年近く異なるため、実際に面識は無かったものと見られている。近年では、『紫式部日記』の政治的性格を重視する視点から、清少納言の『枕草子』が故皇后・定子を追懐し、紫式部の主人である中宮・彰子の存在感を阻んでいることに苛立ったためとする解釈が提出されている。[30]同輩であった女流歌人の和泉式部(「素行は良くないが、歌は素晴らしい」など)や赤染衛門には好感を見せている。

道長妾[編集]

紫式部日記及び同日記に一部記述が共通の『栄花物語』には、夜半に道長が彼女の局をたずねて来る一節があり鎌倉時代の公家系譜の集大成である『尊卑分脈』(『新編纂図本朝尊卑分脉系譜雑類要集』)になると、「上東門院女房 歌人 紫式部是也 源氏物語作者 或本雅正女云々 為時妹也云々 御堂関白道長妾」と紫式部の項にはっきり道長妾との註記が付くようになるが、彼女と道長の関係は不明である。

主な作品[編集]

紫式部を題材とした作品[編集]

中央公論新社、平成3年(1991年)) 上 ISBN 4-12-001994-2、下 ISBN 4-12-001995-0
中公文庫、平成6年(1994年)) 上 ISBN 4-12-202060-3、下 ISBN 4-12-202075-1
読売新聞社、平成3年(1991年)) ISBN 4-643-91087-9
(福武文庫、平成6年(1994年)) ISBN 4-8288-5702-8
  • さかぐち直美『紫式部―はなやかな源氏絵巻 (学研まんが人物日本史 平安時代)』
学研、昭和56年(1981年))
  • あおむら純『紫式部(小学館版学習まんが 少年少女人物日本の歴史)』
小学館、昭和59年(1984年))

紫式部学会[編集]

紫式部学会とは昭和7年(1932年6月4日東京帝国大学文学部国文学科主任教授であった藤村作(会長)、東京帝国大学文学部国文学科教授であった久松潜一(副会長)、東京帝国大学文学部国文学研究室副手であった池田亀鑑(理事長)らによって源氏物語に代表される古典文学の啓蒙を目的として設立された学会である。昭和39年(1964年)1月より事務局が神奈川県横浜市鶴見区にある鶴見大学文学部日本文学科研究室に置かれている。現在の会長は秋山虔がつとめている。

講演会を実施したり源氏物語を題材にした演劇の上演を後援したりしているほか以下の出版物を刊行している。

  • 機関誌『むらさき』戦前(昭和9年(1934年)8月~昭和19年(1944年)6月)は月刊、戦後版(昭和37年(1962年)~)は年刊
  • 論文集『研究と資料 古代文学論叢』昭和44年(1969年)6月~年刊 武蔵野書院より刊行

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『百科事典マイペディア』、「紫式部」の項、平凡社2006年
  2. ^ 堀内秀晃「紫式部諸説一覧 二 惟規との前後関係」阿部秋生編『諸説一覧源氏物語』明治書院、1970年8月、pp. 338。
  3. ^ 徳満澄雄「紫式部は鷹司殿倫子の女房であったか」『語文研究』第62号、九州大学国語国文学会、1986年、pp.. 1-12。
  4. ^ 角田文衞「紫式部の本名」『紫式部とその時代』(角川書店、1966年)。
  5. ^ 岡一男「紫式部の晩年の生活附説 紫式部の没年について 『平兼盛集』を新資料として」『増訂 源氏物語の基礎的研究 紫式部の生涯と作品』東京堂出版、1966年、pp.. 143-170。
  6. ^ 萩谷朴「解説・作者について」『紫式部日記全注釈』下巻、角川書店、1973年8月、pp.. 467-508 ISBN ISBN 978-4047610217
  7. ^ 角田文衞「紫式部の本名」『紫式部とその時代』(角川書店1966年)収録。なお、発表後にあった批判に対する反論と誤謬の訂正を加え、「紫式部伝 その生涯と源氏物語」に角田説は集大成されている。
  8. ^ 今井源衛「紫式部本名香子説を疑う」『国語国文』1965年1月号 のち『王朝文学の研究』(角川書店、1976年および『今井源衛著作集 3 紫式部の生涯』に収録
  9. ^ 岡一男「紫式部の本名 藤原香子説の根本的否定」『増訂 源氏物語の基礎的研究 -紫式部の生涯と作品-』東京堂出版、1966年8月、pp.. 598-613。
  10. ^ 萩谷朴「解説・作者について」『紫式部日記全注釈』下巻、角川書店、1973年8月、pp.. 467-508 ISBN ISBN 978-4047610217
  11. ^ 堀内秀晃「紫式部諸説一覧 九 式部と呼ばれた理由」阿部秋生編『諸説一覧源氏物語』明治書院、1970年8月、pp. 348。
  12. ^ 堀内秀晃「紫式部諸説一覧 10 藤式部が紫式部と呼ばれた理由」阿部秋生編『諸説一覧源氏物語』明治書院、1970年8月、pp,. 348-350。
  13. ^ 上原作和「紫式部伝4-生い立ちI-幼名「もも」説の提唱」上原作和・編集『人物で読む源氏物語』「藤壺の宮」巻、勉誠出版、2005年5月、pp.. 317-319 ISBN 978-4-585-01144-6
  14. ^ 上原作和「ある紫式部伝 本名・藤原香子説再評価のために」南波浩『紫式部の方法 源氏物語 紫式部集 紫式部日記』笠間書院、2002年11月、pp.. 469-492。 ISBN 4-305-70245-2
  15. ^ 堀内秀晃「紫式部諸説一覧 出生年次」阿部秋生編『諸説一覧源氏物語』明治書院、1970年8月、pp.. 336-338。
  16. ^ 今井源衛「紫式部の出生年度」『文学研究』第63輯、1966年3月。のち『王朝文学の研究』角川書店、1970年。及び『今井源衛著作集 3 紫式部の生涯』笠間書院、2003年7月30日、pp.. 181-205。 ISBN 4-305-60082-X
  17. ^ 稲賀敬二「天禄元年ころの誕生か」『日本の作家12 源氏の作者 紫式部』新典社、1982年11月、pp.. 13-14。 ISBN 978-4787970121
  18. ^ 小谷野純一「解説」『紫式部日記』笠間書院、2007年4月、pp.. 197-227 ISBN 978-4-305-70420-7
  19. ^ 岡一男「紫式部の生涯」『源氏物語講座 第二巻作者と時代』有精堂、1971年12月、pp.. 1-58
  20. ^ 萩谷朴「解説・作者について」『紫式部日記全注釈』下巻、角川書店、1973年8月、pp.. 467-508 ISBN ISBN 978-4047610217
  21. ^ 南波浩『紫式部全評釈』笠間書院、1983年
  22. ^ 島津久基『日本文学者評伝全書 紫式部』青梧堂、1943年。
  23. ^ 堀内秀晃「紫式部諸説一覧 紫式部の没年」阿部秋生編『諸説一覧源氏物語』明治書院、1970年8月、pp.. 352-354。
  24. ^ 岡一男「紫式部の晩年の生活附説 紫式部の没年について 『平兼盛集』を新資料として」『増訂 源氏物語の基礎的研究 紫式部の生涯と作品』東京堂出版、1966年、pp.. 143-170。
  25. ^ 与謝野晶子「紫式部新考」『太陽』昭和3年2月号。のち『日本文学研究資料叢書 源氏物語 1』 有精堂、1969年10月、pp.. 1-16。 ISBN 4-640-30017-4
  26. ^ 山中裕「紫式部の生涯と後宮」(書き下ろし)『源氏物語の史的研究』(思文閣出版1997年6月1日ISBN 978-4-7842-0941-5
  27. ^ 萩谷朴「解説・作者について」『紫式部日記全注釈』下巻、角川書店、1973年8月、pp.. 467-508 ISBN ISBN 978-4047610217
  28. ^ 角田文衞「紫式部の歿年」『紫式部とその時代』(角川書店、1971年)所収、のち「紫式部伝―その生涯と『源氏物語』」pp.. 216-241。
  29. ^ 社団法人紫式部顕彰会
  30. ^ 山本淳子「『紫式部日記』清少納言批評の背景」(『古代文化』2001年9月号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]