二千円紙幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二千円紙幣(にせんえんしへい)は、現在流通している日本銀行券の1つ。二千円札(にせんえんさつ)、二千円券(にせんえんけん)ともいわれる、額面2,000紙幣。現在流通している二千円紙幣は、2000年平成12年)に発行されたD券のみ。

D券[編集]

Series D 2K Yen Bank of Japan note - front.jpg
Series D 2K Yen Bank of Japan note - back.jpg

第26回主要国首脳会議(沖縄サミット)と西暦2000年(ミレニアム)をきっかけとして、1999年(平成11年)に当時の小渕恵三内閣総理大臣の発案で[注 1]、2000年(平成12年)7月19日に森内閣のもとで発行された。日本銀行法第46条および第47条並びに日本銀行法施行令第13条の規定により発行された通常の日本銀行券であり、記念紙幣ではない[注 2][注 3]。戦後初の「1」と「5」以外の単位の通貨(過去には2銭、20銭、2円、20円、200円の硬貨や紙幣が存在した)であること、公表された表面のデザインが人物でないこと(建築物はA十円券国会議事堂以来)、さらにそれまでになかった最新の偽造防止技術が多数採用されていることなどにより、発行前から注目を浴びた。

発行後には、新券の珍しさもあって銀行の窓口に両替依頼が殺到したものの、一時的な流行を過ぎると、流通・使用は低調になった。2000年(平成12年)秋以降には、異例ながら日本銀行本支店の窓口で二千円紙幣への両替を受け付け(翌年12月まで)、大蔵省(現・財務省)や日本銀行の職員に現金で給与を支給する際には二千円紙幣を含めるなど、二千円紙幣の流通量を増やすための努力も始められた。2004年(平成16年)に他の紙幣が刷新(E券の発行)されるのを機に普及することも期待されたが、それでも浸透するに至らなかった。流通のピークであった2004年(平成16年)頃には流通枚数で五千円券を上回るほどであったが、2008年(平成20年)には五千円券の1/3以下にとどまり、2007年(平成19年)の二千円紙幣流通枚数は約1億5千万枚で、すでに発行されていない五百円紙幣(2億2千万枚)よりも少なかった[2]日本銀行は二千円券の利便性を主張している[3]。なお、二千円券にゆかりの深い沖縄県では、盛んに普及キャンペーンが行われたこと、本土復帰以前は20ドル札を含む米ドル紙幣が法定通貨であったこと[注 4]もあり、流通量は上昇傾向にあり、他都道府県に比べて高くなった。近年では沖縄県観光振興課がさらに流通促進に本腰を入れており、県民の一人あたりが複数枚を所持して日常的に使用する・県外にも持参して積極的に使用するよう呼び掛けている。企業や団体に対しても二千円札の利用可能なATMの設置を推奨したり、二千円札使用者への特典やサービスを行う試みを促している[4]。自動販売機などにおいても、通常は1,000円紙幣のみ使用可能とする物が多い中、沖縄県では2,000円紙幣の使用が可能となっている仕様の物が存在する[5]

2003年度(平成15年度)以降は製造されておらず、2010年(平成22年)には大量の二千円券が日銀の金庫に保管されたままの状態になっている[6]

コンビニエンスストアに設置されている現金自動預け払い機 (ATM) 以外では、琉球銀行[7]沖縄銀行[8]沖縄海邦銀行[9]およびみちのく銀行横浜銀行のATMにおいて、二千円券の出金を選択することができる(ただし、横浜銀行のATMでは、有人支店に設置しているATMが対象で、対象支払機は1台のみ)。また、近畿大阪銀行および帯広信用金庫のATMでも同様の機能を設定していた時期がある。ATM以外では、三菱東京UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行静岡銀行常陽銀行などに設置されている両替機において二千円券の出金を選択することができる(新型の両替機は非対応)。特に、茨城県の指定金融機関でもある常陽銀行では、茨城空港における那覇への定期航路の運航開始を受けて、沖縄旅行での二千円札の使用を勧めており、沖縄県以外の本土の銀行では珍しく二千円札の普及促進活動を行っている。

D券が発行されていた期間のうち、2000年(平成12年)から2004年(平成16年)の間に、製造元が「大蔵省印刷局」から「財務省印刷局」になりさらに「国立印刷局」に変わっているが、二千円紙幣は大蔵省時代にのみ製造されたため「大蔵省印刷局製造」のものしか存在しない。

なお、二千円紙幣の発行を企画した当時の内閣総理大臣であった小渕恵三本人は、実物の発行を見届けることなく、2000年(平成12年)5月14日に脳梗塞で急死した。発行時には、記号番号「A000003A」が小渕の遺族に贈呈された。

偽造防止技術[編集]

二千円券には、それまでになかった偽造防止技術が多数採用されている。

深凹版印刷
凹版印刷刷版の凹部をさらに深くし、結果として券に転写されたインクを触って凹凸が分かるほどに盛り上げられている印刷である。おもて面の漢数字とアラビア数字による額面表示、「日本銀行」「日本銀行券」の文字、後述の「潜像模様」、等に用いられている。視覚障害者が触覚で容易に券種を識別できるよう、券の左右下端に配置された各券種固有のパターン(識別マーク、「●」が3つ(点字の「に」))も、この技法で印刷されている。
潜像模様
深凹版印刷技術の応用であり、印刷されたインクの縞状凹凸により表現される模様。券を傾け入射角を大きくして見ると、より明瞭にその模様が目視できるもの。券の左下部に額面金額として印刷されている。
パールインク
見る角度によってピンク色の真珠様光沢を目視できるインクを用いた印刷。券の左右両端に配置されている。
ユーリオン
銀行券のデジタルデータ画像を画像処理ソフトウェアやカラー複写機が検出しやすくするために描かれたシンボル。ユーリオンの項を参照。
光学的変化インク
表面右上にある額面金額は、券を見る角度によって紫色、青緑色等に色が変化して見える。

光学的変化インク以外は2004年発行のE券にも採用されている。

裏面の詞書[編集]

当時の大蔵省印刷局の発表によれば、源氏物語絵巻の「鈴虫の巻」の詞書である。ただし、すべての文章が描かれているわけでなく、デザイン上の関係で詞書の上半分だけが描かれている。変体仮名が多用されているが、現行の平仮名で表記した表示部分は以下の通りである。太字で表記した部分が二千円券裏面に描かれた部分である。原文には濁点がないが、以下の文には濁点を付ける[10]

すゞむし
十五夜のゆふくれに佛のおまへ
に宮おはしてはしちかくながめ
たまひつゝ念殊したまふわかき
あまきみたち二三人はなたてま
つるとてならすあかつきのおとみづ
のけはひなときこゆるさまかはりたる
いとなみにいそきあへるいとあわれな
るにれいのわたりたまひてむしのね
いとしげくみだるゝゆうべかな
とて我もしのびてうち誦んじ給へる。

普及しない現状と理由[編集]

2000円紙幣5枚を出金するATM
帯広信用金庫、2010年6月19日撮影、2012年8月をもって取扱いを廃止)

日本国外との比較[編集]

米国の20ドル紙幣などは中額紙幣として流通量が多いことから普及が期待された。しかし二千円紙幣は流通量が非常に少ない紙幣となっている。日本国外では盗難に遭う危険からあまり現金を持ち歩かず、日常的にクレジットカードデビットカード小切手での決済が多く、高額紙幣(100ドル紙幣など)は偽造を警戒して相手に受け取ってもらえないことがあるため、それに次ぐ額面の紙幣として中額紙幣の流通量が多い。一方日本は比較的治安が良く、高額紙幣(一万円紙幣五千円紙幣)が何不自由なく流通しているので、消費者にとってみれば、あえて使い慣れない二千円札を積極的に使う理由はなかった。

20ドル紙幣(アメリカ合衆国)や20ポンド紙幣(イギリス)が普及しているのに対して、日本では二千円紙幣が普及しない理由について、数学者の西山豊は、「東西における奇数偶数の文化の違いがあるのではないか」と考察している[11]が、中華人民共和国の20元札、ベトナム社会主義共和国の2千ドン札・2万ドン札・20万ドン札、タイ王国の20バーツ札は、当り前に流通しているという反証もある。

なお、沖縄では例外的に二千円紙幣が広く使用されている。2013年時点で、二千円紙幣の流通量は1億枚だが、その4割以上が沖縄で出回り、今も増加し続けている[12] 。理由として、沖縄の行政と経済界が一丸となって二千円札の流通促進を行った他、アメリカによる沖縄統治時代にアメリカの20ドル紙幣を使い慣れていた歴史があるとの説もある[13]

近年ではクレジットカードのポイントを貯める消費者が増加傾向にあるが、カードの使用できない店舗や低額(概ね3,000円未満)の決済手段としてかさばらない二千円紙幣を使用する場面も散見される。また、Suicaなどの電子マネー決済の普及に伴い、千円紙幣と同様に入金(チャージ)用として駅券売機等で流通しつつある。

ATM・自販機などの対応[編集]

ATM・自販機などの対応が遅れたこともあって、二千円紙幣が流通・常用される機運は高まらず、一般に浸透していない。必然的に流通量は少なく、入手機会も限られるためますます二千円紙幣が浸透しない、という悪循環に陥っている。鉄道駅や飲食店の券売機など、支払い額が比較的高額になる自販機では使用できる場合が多いが、飲料等の自販機においては、機械自体は二千円紙幣に対応しているものの、ベンダー側で受け付けないように設定していることが多く、もっぱら使用できない。

一方で、ローソンATMイーネットでは、ATMの小型化によって、紙幣の収納スペースが少ないことと、二千円券は千円券の2倍の金額を格納でき、紙幣切れが起こりにくいなどの理由から二千円券を格納し、優先的に出金していた(なお、千円紙幣も引き出される仕様となっているため、8000円を引き出した場合、二千円紙幣×4枚ではなく、二千円紙幣×3枚と千円券×2枚という組み合わせで、引き出される)。

しかし沖縄県以外では、2014年現在、二千円紙幣を出金しない最新型のATMにほぼ全て取り換えられており、二千円券を出金する旧型のATMは、ほぼ絶滅している。日本国外では、日本以上に取扱量が少ないことから、二千円紙幣の両替を断る銀行、両替商も一部で見受けられる。

東日本旅客鉄道東武鉄道都営地下鉄などの自動券売機は、二千円紙幣がお釣りとして出金できる設定になっている(2014年現在)。しかし、一度に2枚以上入金すると回収され、お釣りとしては使われないので注意。また、オムロン製の自動券売機はほとんどの機種が、二千円紙幣をお釣りとして出金しない設定になっている。

因みに、東日本旅客鉄道は、自社の子会社が自動券売機を製造している他、都営地下鉄は、日本信号製の自動券売機を使用しているため、2社局は二千円紙幣をお釣りとして利用する。

この他にも、関東地方の多くの私鉄・地下鉄は、二千円紙幣がお釣りとして利用されるが、一部企業は出金しない上に、北海道では、北海道旅客鉄道札幌市営地下鉄が、二千円紙幣そのものを受け付けない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1999年(平成11年)12月7日衆議院予算委員会における宮澤喜一大蔵大臣答弁による。
  2. ^ 第164回国会行政改革に関する特別委員会(2006年4月10日)にて、安次富修の「あくまでも記念紙幣ではなく一般紙幣ですから、広く流通させなければならない」とする指摘に対して、谷垣禎一財務大臣はこれを肯定する答弁をしている。
  3. ^ 第169回国会予算委員会第一分科会(2008年2月27日)にて、岸田文雄内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)が「私も財布に二千円札を入れております。これは一般札でありますので……(以下略)」と答弁している。
  4. ^ さらに返還後も米軍人が多く駐留しているため、なおも米ドルが使用可能な商店が多い。

出典[編集]

外部リンク[編集]