第26回主要国首脳会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第26回主要国首脳会議
沖縄サミット
九州・沖縄サミット
サミットが開催された万国津梁館
開催国 日本
開催日 7月21日-23日
会場 万国津梁館
都市 沖縄県名護市
前回 第25回主要国首脳会議(ケルン・サミット)
次回 第27回主要国首脳会議(ジェノバ・サミット)

第26回主要国首脳会議(だい26かいしゅようこくしゅのうかいぎ)は、2000年平成12年)7月21日から23日まで日本沖縄県名護市万国津梁館で開催された主要国首脳会議。20世紀最後のサミットであり、日本初の地方開催のサミットでもある。通称沖縄サミット九州・沖縄サミット

出席首脳[編集]

沖縄サミット出席の各国首脳 左からジュリアーノ・アマート(伊)、トニー・ブレア(英)、ウラジーミル・プーチン(露)、ビル・クリントン(米)、森喜朗(日)、ジャック・シラク(仏)、ジャン・クレティエン(加)(2000年7月22日、万国津梁館で撮影)

出席首脳の一覧(当時、席次順)

議題[編集]

その他[編集]

日本で開催されるサミットとしては、初めての地方開催であり、札幌、千葉、横浜、大阪、広島、福岡、宮崎、沖縄の8つの地域が立候補をした。最終的に開催地に選ばれた沖縄は、最後発の立候補地であり、一番不利とみられていたほか、直前の報道でも福岡や宮崎が有力とされ、実際に沖縄に決まった時には、正直言ってあきらめていたという本音が関係者から出たくらいだった。沖縄が開催地に決まったことは、大逆転と報道され、大きな驚きを与えたが、沖縄が歴史的に苦痛を味わった点や各界を挙げての熱い要請行動があったことなどを指摘した上での沖縄開催の決定は、沖縄はもとより、全国の報道機関等からも小渕総理大臣の英断と高く評価され、「久々に政治をみた」と評した新聞もあった。

  • 会議に先立ち、7月8日福岡県福岡市福岡市博物館で蔵相会合が、12日13日には宮崎県宮崎市シーガイアで外相会合が行われた。
  • 九州・沖縄サミットのイメージソングには安室奈美恵の「NEVER END」が採用され、歓迎夕食会で熱唱した。なお、売り上げの一部がユニセフへ寄付されていた。
  • 各国首脳に贈答用として琉球リカちゃんの別注モデルサミットリカちゃんがそれぞれに贈られた。伝統玩具ではない商用玩具が贈られるのは異例の事だった。
  • 第26回主要国首脳会議を記念して二千円紙幣が発行された。沖縄にちなみ紙面には守礼門が描かれている。
  • 真夏の開催だった為、警備の警官には熱中症、日射病対策で帽子に白いカバーが配布され、警備用に日射しを遮るテントが配備された。
  • サミット開催の為に沖縄自動車道の西原JCTが開通され、那覇空港自動車道南風原道路と接続。那覇空港から主会場であるザ・ブセナテラス万国津梁館のある名護市までの移動の利便性が増した。
  • サミット開催の為に沖縄国際海洋博覧会以降整備されていなかった那覇空港を大整備した。
  • ドイツのシュレーダー首相は、専用機で宮古島に飛び、以前ドイツ人を助けた、所縁のうえのドイツ文化村を訪れた。その道路はシュレーダー道路と名付けられた。
  • オフィシャル携帯電話として、発売前のNTTドコモN502itが導入されていた。
  • ホスト国首相の森喜朗がクリントンに対して出鱈目な英語の挨拶を行ったという報道が、サミットへの揶揄と併せて週刊文春により報じられた[1]。事実は毎日新聞論説委員高畑昭男による創作であり、森はこの風説を批判している[2](詳細はWho are you ?捏造報道
  • 晩餐会に石垣牛のステーキが出されたが、幼牛一頭が石垣島から運ばれたという。
  • 晩餐会の酒の選択を任されたソムリエの田崎真也は、話題性物語性など考え食後酒に地酒である泡盛をえらんだ。泡盛は瓶に保存し熟成することで深い味わいとなり、沖縄の文化として長らくこの古酒クースづくりが行われてきた。田崎は複数の醸造所に交渉を重ね、40年や80年という秘蔵の古酒をわけてもらい、これをブレンドし首脳に振舞った。この古酒の平均保存年数56.6年。各国首脳の平均年令にちなんだものであった。最年長であるフランス大統領シラクはこの話を聞くと「私のおかげで酒の調達に苦労させてしまった」と冗談を言った。

脚注[編集]

  1. ^ 「蔵出し特集 嘘みたいな本当の話 サミットで首脳夫人にも嫌われた森喜朗首相の英会話」『週刊文春』2000年8月5日
  2. ^ 「マスコミとの387日戦争」『新潮45』2001年6月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]