特別引出権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特別引出権(とくべつひきだしけん、: Special Drawing Rights, SDR)とは国際通貨基金 (IMF) に加盟する国が持つ資金引出し権、及びその単位である[1]

概要[編集]

IMF 加盟国は IMF に対し借入れを行うことができるが、1970年以降、IMF を経由して他の加盟国からの資金調達が可能となった。SDR は1960年代初頭に発生した国際通貨危機の教訓をもって、1968年に IMF の総務会決議によって創設され、翌1969年に発効された。

価値[編集]

創設当初は当時の 1 $ と同じ基準を採用し 1 SDR = 0.888671 g と定められたが1973年変動相場制移行を受け、標準バスケット方式と呼ばれる方式を採用している。これは世界貿易において 1 % 以上のシェアを持つ通貨を元に SDR 価格を評価する方式で、個別の通貨と比肩した場合により安定性が増すという利点があった。1981年に評価方式が見直され輸出量が上位 5 位以内の IMF 加盟国(アメリカドル日本円イギリスポンドユーロ)通貨を加重平均して評価する方式となり、以降 5 年毎に見直しが行われるようになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]