贋金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

贋金(にせがね / がんきん、 counterfeit money)とは、偽造された貨幣のことである。偽金とも書く。

一般に、使用を目的として通貨を複製・偽造し、肉眼・機械その他の方法での判別を困難にしたものをいう。そういうものを作ることを通貨偽造偽金(贋金)づくりと言う。また紙幣を偽造した場合、偽造された紙幣は偽札と呼ばれる。

贋金の歴史は通貨の発生とともに起きたと言われている。つまり通貨が出来るとすぐに贋金づくりが行われるようになり、ふたつは同じくらいに歴史が長いとされているのである。

贋金は通常はその国の民衆などが利潤を目的として行うものである。だが、自国貨幣が国際通貨としての価値を有する大国の周辺部の権力者が相手国の商圏に深く関与すべく国際通貨を偽造した例もある。

例えば、コンスタンティヌス1世が鋳造を始めたビザンツ帝国ビザント金貨は、ヨーロッパ全域で通用したのみならずフランク王国などのゲルマン諸国家では、国家による偽造すら行われた。続いて、イスラム帝国が台頭すると、そのディーナール金貨及びディルハム銀貨が今度は偽造の対象となり、あまつさえ、キリスト教徒である筈のヨーロッパの君主たちが、これらの金銀貨に刻まれたコーランなどのイスラム教の章句までもそのままの形で偽造する有様であったという。なお、この事実を地中海がイスラム世界に組み込まれてヨーロッパの商業が衰退したとみるか、それとも逆にイスラム世界とヨーロッパが地中海を介して1つの巨大な国際通商圏を形成したとみるかで歴史学者の間でも意見が分かれている。近世には、神聖ローマ帝国オーストリア帝国)のマリア・テレジアが発行したマリア・テレジア・ターラーが、中近東アフリカなどで信用され、オーストリア本国の発行停止後もイギリスイタリアが現地向けに20世紀中期まで鋳造したとされている。

日本では古くは私鋳銭と呼ばれ、大宝律令にはこれを処罰する規定が定められているが、和同開珎発行後に最高刑が死罪まで引き上げられた。私鋳銭とは、日本の朝廷が発行した貨幣以外の貨幣を指すものとされ、平安時代末期には宋銭などの渡来銭が私鋳銭にあたるかどうかについて、公卿明法家などの間で議論され、私鋳銭と同じとみなされて、後に実際に宋銭禁止令も出されている。だが、皇朝十二銭以後、日本の朝廷が貨幣を発行することが無くなった事から、なし崩し的に渡来銭が通貨として認められて市場に流通し、渡来銭を模した私鋳銭を作る者も現れた。こうした私鋳銭は江戸幕府による三貨体制の確立によって、禁圧されていくようになるが、その一方でオランダ商館の要請を受けて宋銭を模した長崎貿易銭17世紀末期まで鋳造されていた。

参考文献[編集]

  • 本山美彦「偽せ金づくり」(『歴史学事典 1交換と消費』1994年、弘文堂、ISBN 4335210310

関連項目[編集]