江戸時代の三貨制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江戸時代の三貨制度
小判 丁銀・小玉銀 銭貨
一両小判  \overrightarrow\longleftarrow \,
両替
丁銀 小玉銀  \overrightarrow\longleftarrow \,
両替
寛永通寳一貫文
寛永通寳
寛永通寳真鍮四文銭

江戸時代の三貨制度(えどじだいのさんかせいど、Tokugawa coinage)とは、江戸時代日本において小判一分判)、丁銀小玉銀)および寛永通寳)という基本通貨が併行流通した貨幣制度のことである。

これらの金貨、銀貨および銭貨の間には幕府の触書による御定相場も存在したが、実態は互いに変動相場で取引されるというものであり、両替商という金融業が発達する礎を築いた。

江戸時代は徳川家康征夷大将軍に任ぜられ幕府が置かれた慶長8年(1603年)に始まり、大政奉還が行われた慶應3年(1867年)を終焉とする見方もあるが、を基軸とするこの貨幣制度は関ヶ原の戦いの直後すなわち慶長5年(1600年)ないし慶長6年(1601年)に始まり、明治4年(1871年)の新貨条例が制定されるまでの270年間にも及ぶものであった[1]

なお、幕府は公式に「三貨制度」として触書を出したわけではないが、「三貨」という用語は文化12年(1815年)に両替屋を営んでいた草間直方が貨幣学研究の集大成として刊行した『三貨図彙』に見られる[2]

三貨制度の興り[編集]

三貨制度は徳川幕府により確立されたものであり、織田信長も既に金1両=銀7.5両=銭1500文とする三貨制度の構想を持っていたが、戦乱の時代にあってこの頃の武将らには貨幣阿堵物観が強く貨幣制度の整備にはそれほど積極的でなかった[1]豊臣秀吉天正期に金銀貨の鋳造を命じているが、これも恩賞用の域を出るものではなかった。大口取引に秤量貨幣としての金銀貨を使用する貨幣経済はこの頃より商人を中心として発展し始め、また貴族および寺院が貢租や賜物として取得した金銀を銭貨に両替し、あるいは遠隔地への支払いおよび諸物の購入のための判金の需要が生じ、金屋(かねや)および銀屋(かねや)といった金銀の精錬および両替を行うものが現れ始めた[3]。江戸幕府においても貨幣の鋳造という業務を商人に委託したのもこういった背景があった[1]

また貨幣経済の拡大に伴い銭貨では取引に限界が生じ、また銭貨は長年の流通により鐚銭が多くを占めるようになったことから撰銭の慣行が出始めたため、貴金属による価値の裏付のある金貨および銀貨の需要が高まったとの説もある[4]

家康がまず金貨および銀貨の整備を行ったのは、戦国大名にとって金山および銀山を手中に納めることが戦力を増強し天下を掌握する重要な戦略の一つであったという背景がある[1]。そのため銭貨の整備は約35年遅れることとなり、渡来銭を駆逐し寛永通寳が充分に行き渡ったのはようやく寛文年間のことであった。一方金銀貨についても特に銀の貿易による流出などにより慶長金銀が全国的に充分行き渡る状況にはなく、依然として領国貨幣の流通が並行し、領国貨幣を回収して通貨の統一を達成したのは元禄吹替えのときであった[5]

古くは760年に恵美押勝(藤原仲麻呂)が鋳造を命じた萬年通寳太平元寳および開基勝寳があり、これを三貨と呼ぶこともあるが[6]、貨幣経済の発達が充分でなかった時代にあって、太平元寳および開基勝寳は銅銭の名目価値を高く設定するための金貨および銀貨であり一般に流通させる目的のものではなかった[7]

[編集]

慶長小判
慶長小判
慶長一分判
慶長一分判

金貨の通貨単位は両(りょう)であり、補助単位として1/4両にあたる(ぶ)、1/4分にあたる(しゅ)があり、この4進法の通貨単位は、武田信玄が鋳造を命じた甲斐国の領国貨幣である甲州金の通貨体系を踏襲したものであった。

基本通貨は計数貨幣である金一両の小判とその1/4の量目の一分判であるが、元禄期には小判の1/8の二朱判が登場し、江戸時代後半には小判に対し金含有量の劣る、五両判二分判、二朱判および一朱判も発行された。さらに明和期に登場した南鐐二朱銀を皮切りに一分銀および一朱銀など本来金貨の単位であった、分および朱を単位とする計数貨幣が発行されるに至った。これらは「金代わり通用の銀」[8]あるいは金称呼定位銀貨とも呼ばれる[9]

中世の日本において東北地方を中心に砂金の採取が行われるようになり、砂金を目方に応じて高額取引に使用したのが金貨の流通の始まりであった。やがて砂金を鎔融して吹金あるいは練金と呼ばれる金錠が用いられるようになり、さらに中身まで金でできていることを証明するために叩き伸ばし判金としたものが用いられるようになった。戦国時代は金貨は大判が主流を占め、これは恩賞、贈答あるいは高額の借金を大判として返すしきたりがあるなど、特殊な用途に限られていたが[10]、徳川家康は1600年頃、産金の増大に加えて中国からの金錠の輸入により金準備が整ったとして、より小額で、墨書を極印に改め、一般流通を目的とした小判を発行するに至ったとされる[3]

なお大判は金一枚(四十四匁)を単位とするもので恩賞および贈答に用いられるものであり、本来通貨として一般流通する目的のものではなかったが、市場に流れることもあり相場に応じて取引された。

[編集]

慶長丁銀
慶長丁銀
慶長小玉銀
慶長小玉銀

銀貨は量目不定の丁銀および小玉銀と、天秤で目方を定めて通用する秤量貨幣が基本通貨であり、通貨単位は天秤による実測値、すなわち質量の単位である、(かん)、(もんめ)および分(ふん)が用いられた。銀1貫は銀1000匁、銀1匁は銀10分である。また「銀20匁」など下一桁が0である場合、「銀20目」と表すのが一般的であった。

このような秤量貨幣は使用の際の切り分けが非常に不便であった。裸の丁銀は江戸時代初期には銀子として、上方では14匁、関東では15匁の物がよく使われた。他には500匁毎に和紙で包んだ包銀として用いられることが多かった[11]。一方小玉銀は携帯に便利な銀秤を用いて取引に用いられることもしばしばであった。

明和年間の計数銀貨の登場により、丁銀および小玉銀の発行は次第に衰退し、銀目取引は手形および藩札に中心が移っていった。

銀貨も中世の頃から灰吹銀およびそれに極印を打った極印銀が目方に応じて高額取引に使用され、金貨と同様にこれらを打ち伸ばしたのであるが、金と異なり不純物の関係で銀は脆く、薄い板に延ばそうとするとひび割れるため、譲葉あるいは海鼠型の丁銀となった。このような丁銀の鋳造を行う銀座は秀吉が京都の銀吹屋を集めて大坂に常是座を設けたことにより始まったとされる[9]

また灰吹法の導入により16世紀後半から石見銀山を始めとして日本各地で銀の産出が増大し、さらに生糸などの貿易先として重要であった中国において銀錠が大口取引に使用されていたことも影響して、銀が大坂を中心とする商人により盛んに使用されるようになった。家康はこのような銀を取引の中心とする商人の力を無視することができず、金貨の使用を強制するよりは既存の体制を継承して貨幣制度の整備を進める道を選択した。

恩賞および贈答には銀一枚(四十三匁)の物が用いられた。

[編集]

寛永通寳
寛永通寳
寛永通寳文銭
寛永通寳文銭

銭貨は鋳造による穴銭一枚を一(もん)とする計数貨幣であり、銭1000文を銭1貫文(かんもん)とする通貨単位であった。

通貨単位としての文の歴史は古く日本では皇朝十二銭より始まるが、この頃はまだ全国的に広く流通するというものではなかった。皇朝十二銭の鋳造が途絶えてしばらくして、経済が発達するにつれ貨幣の需要が高まるが、その後の鎌倉幕府および室町幕府は貨幣を発行するまでには至らず、貿易により宋銭を始めとする中国の銭貨が多量に輸入され流通するという、渡来銭の時代が数百年続いた。

金貨および銀貨が家康により関ヶ原の戦いの直後から整備されたのに対し、銭貨については江戸時代初期に慶長通寳および元和通寳の発行はあったものの、これらは少量にとどまり依然渡来銭の流通は続き、寛永通寳が本格的に幕府主導で発行されるようになったのは3代の徳川家光の時代、すなわち寛永13年(1636年)以降であった。

基本通貨は銅一文銭であるが、地金の逼迫あるいは幕府の財政事情により寳永通寳の10文銭の発行が企てられたり、明和期以降は寛永通寳真鍮四文銭および鉄一文銭が定着し、幕末には100文銭である天保通寳が流通の主流を占めるようになった。

銭貨は穴を紐に通してまとめた銭緡(ぜにさし)として用いられることもあり、96枚を100文として用いる省陌法が一般的な慣行であった。

貨幣の鋳造および発行[編集]

江戸時代に貨幣の鋳造を担ったのは、金貨は金座、銀貨は銀座、銭貨は銭座であった。金座は後藤庄三郎を御金改役として江戸を中心とし、京都、佐渡にも鋳造所が設けられ、銀座は大黒常是が御銀改役となり京都を中心として江戸京橋でも鋳造が行われ、大坂、長崎にも役所が置かれていたが、寛政年間以降は江戸蛎殻町に集約された。銭座は日本各地に設置されたが、常設のものではなかった。また大判座は当初後藤宗家のあった京都に開設されていたが、明暦期あるいは元禄期以降は江戸の後藤役所が中心となり、やはり常設のものではなかった。

これらの機関は勘定奉行の監督下に置かれたが、直接発行を担ったのは幕府ではなく、金座は後藤家および金座人、銀座は大黒常是および銀座人と、特許を得た御用達町人であり、銭座は銭貨需要が生じる毎に公募された町人による請負事業であった[11]

金貨および銀貨の鋳造は天領の金山(佐渡金山)および銀山(石見銀山、生野銀山など)から産出される地金を金座および銀座が預り、貨幣に鋳造し勘定所に納め、その一部を分一金あるいは分一銀として金座および銀座が受取る御用達形式と、金座人あるいは銀座人が自己責任で金銀地金を買い集め貨幣に鋳造し一部を運上として幕府に納める自家営業方式があった[11]。銭座については銭貨材料を自己責任で買い集めて銭貨を鋳造して両替屋に売却し、一部を幕府に運上するというものであった。

慶長金銀は小判師あるいは銀細工師らが自宅で貨幣の形に加工したものを後藤役所あるいは常是役所に持参し品位、量目の改めた上で極印打ちを受ける「手前吹」形式であったが、元禄金銀では本郷の大根畑に吹所を設けて職人を集めて鋳造を行う「直吹」方式となった。本郷における鋳造は火災により元禄11年(1698年)に終了したが以降、職人らは金座および銀座に集められ鋳造が行われた[9]

請負い形式であった銭座も明和2年(1765年)以降、金座および銀座の監督下に置かれ、幕府による統制が強化された[3]。さらに松平定信による寛政の改革の一環として金座では寛政2年(1790年)頃、銀座では寛政12年(1800年)に粛正が実施され、幕府による統制が強化された[11]

流通状況[編集]

「江戸の金遣い」とされる通り金貨は主に江戸を中心として流通し、大名および上級武士が大口取引のために小判を使用した。一方「上方の銀遣い」とされる通り秤量銀貨は大坂を中心とする西日本から東北の広い範囲で流通し、銀貨は主に商人が大口取引に用い、商品相場は銀建で表されるのが常であった。

大口取引にはこのように金貨および銀貨が用いられたが、一般の小売には銭貨が主として用いられ、庶民は銭貨および稀に小玉銀を手にする程度であった[12]。このような住み分けは決して制度として確立されたものではなく自然発生的に形成されたものであった。

以下に『新旧金銀貨幣鋳造高并流通年度取調書』に基づく金貨および銀貨の時代別流通高および『図録 日本の貨幣』による銭貨鋳造高の推定値を示す[13][14][15]。元禄・宝永の吹替えにより宝永3年(1706年)から正徳4年(1714年)にかけて通貨量が拡大し、正徳の吹替えによりデフレーションに陥り元文元年(1736年)に通貨量が縮小した状況が窺える。また文政年間以降は小判および丁銀の流通高が減少し、代わって定位貨幣が増加すると共に通貨量が著しく拡大したことが判る。

小判および定位貨幣の流通高[編集]

元禄8年(1695年 10,627,055両
宝永3年(1706年 14,036,220両
宝永7年(1710年 13,512,484両
正徳4年(1714年 11,995,610両
元文元年(1736年 8,742,096両
安永元年(1772年 18,698,215両
小判
文政元年(1818年 24,631,215両
天保3年(1832年 40,206,600両
安政元年(1854年 48,556,952両
万延元年(1860年 82,262,552両
明治2年(1869年 126,837,932両
定位金貨
定位銀貨

丁銀・小玉銀の流通高[編集]

元禄8年(1695年) 157,059貫
宝永3年(1706年) 405,850貫
宝永7年(1710年) 394,175貫
正徳4年(1714年) 777,563貫
元文元年(1736年) 331,025貫
安永元年(1772年) 526,783貫
文政元年(1818年) 526,783貫
天保3年(1832年) 381,448貫
安政元年(1854年) 234,091貫
万延元年(1860年) 234,558貫
明治2年(1869年) 210,702貫

銭貨の鋳造高[編集]

寛永年間(銅一文銭) 2,750,000貫文
明暦万治(銅一文銭) 500,000貫文
寛文天和(銅一文銭) 1,970,000貫文
元禄・宝永(銅一文銭) 2,080,000貫文
正徳(銅一文銭) 680,000貫文
享保(銅一文銭) 2,000,000貫文
元文〜延享(一文銭) 6,760,000貫文
明和天明(鉄一文銭) 5,250,000貫文
明和〜天明(四文銭) 22,150,000貫文
ママ
文政(四文銭) 320,000貫文
天保(百文銭) 3,973,520貫文
弘化〜万延(百文銭) 35,647,710貫文
慶應・明治(百文銭) 8,859,175貫文

明和期の四文銭鋳造高は『新旧金銀貨幣鋳造高并流通年度取調書』の数値と著しく矛盾し、過大評価されている可能性あり。

名目価値と実質価値[編集]

元禄小判
元禄丁銀
寛永通寳京都七条銭(荻原銭)

金一両とは京目一両(4.4匁)のが本来の定義である。しかし慶長小判の金含有量においても1割弱の金座における鋳造手数料が差し引かれたものとなっている。

一方、当時の金および地金の取引相場については、例えば最高品位の銀地金は品位80%の慶長丁銀の1割増を持って買い入れるなど価格が定められていたが、江戸時代の金銀地金の取引というものは金座および銀座という、利益の独占的収受という特許を得た組織によるものであったから、自由相場など存在し得なかった[11]

強いていうならば京目一両の金をもって金一両とするというのが金平価と言うべきものであるが、この時代、幕府は金本位制および銀本位制を特に定めたわけではなく、金銀含有量に基づく相場が形成されたことは本位貨幣制度的なものが自然に形成されたと解釈できる。また江戸時代の貨幣は何れも通用制限額が設定されることはなかった。

また元禄小判以降の産金の減少および幕府の財政事情により金品位が低下した小判においても、建前上は一両は一両として慶長小判と等価に通用すべきものとして定められた。丁銀においても同様で銀品位は低下しても銀は銀として建前上は慶長丁銀と等価に通用すべきものであった。品位の下げられた金貨および銀貨には丸枠に「元」あるいは「文」など年代印が打たれ区別に便宜が図られ、その一方で正徳金銀および享保金銀は基本的に慶長金銀と同位であるから年代印は打たれなかった[5]

このような貨幣の品位の低下を伴う吹替えは、寛文年間頃より仕事の減少した金座および銀座から申し出があったものを、荻原重秀が正式に採用し元禄8年(1695年)に初めて行われたのであるが、重秀の「貨幣は国家の造る所、瓦礫を以て之にかえるといえども行うべし。今鋳るところの銅は悪薄といえども、なお紙鈔に勝れり。之を行ひとぐべし」という、国家権力をもって通貨の価値を維持し通用させるという今日の管理通貨制度の下では当然のこととされるこの政策も、実質価値を重視する商人が経済を牛耳っていた当時としては斬新過ぎ、時期尚早であり、幕府はそこまでの権力は持ち得なかったのであった。また重農主義が幕府の主要なイデオロギーであった中、重商主義的な重秀の政策は忌避される傾向にあった。

元禄の改鋳では品位は低下しても新旧差別無きよう通用させる触書であったが、現実にはグレシャムの法則が作動し、高品位の慶長金銀は退蔵され、低品位の元禄金銀のみ流通するといった現象が見られ、品位の高い貨幣に対し増歩通用を認めて初めて旧貨も流通した。また享保期に品位の異なる元禄銀宝永銀および慶長・正徳銀が混在通用した際、それぞれ銀含有量に基づいて通用価値が決まった例[16]を筆頭に、江戸時代の金銀貨というものは額面よりもむしろ金銀含有量に基づく実質価値に近い形で自然に相場が形成されていくのが常であった。敢えて言うならば貨幣に含まれる金銀量と相場に基づく取引価格が金銀地金の自由相場に近いものということになる。

額面表記による名目貨幣である一分銀のような貨幣が定着し、貨幣が地金価値に依存しない額面により通用するようになったのは、金貨を中心とした貨幣制度が確立した天保期以降であったとの見方もある[17] 。しかしこの信用貨幣としての貨幣体系もその後、安政6年(1859年)の開港に伴う小判流出により瓦解することとなる。依然、当時の世界の大勢は信用貨幣としての金銀貨が認められる状況になく、その後、近代に入っても銀本位制および金本位制の時代が続く状勢にあった。

貨幣吹替え[編集]

貨幣の品位および量目を変更し、旧貨幣を回収して新たに鋳造した新貨幣と引替えることを吹替え(ふきかえ)といい[9]、現在では改鋳(かいちゅう)とも呼ばれる。

貨幣吹替えが行われる度、幕府は引替および通用に関する触書を公布するのが常であるが、時に宝永期の永字銀三ツ宝銀および四ツ宝銀のように勘定奉行が銀座と結託して、正規の手続きを経ることなく闇に通貨が発行されるといった事態も発生した[11][16]

吹替えに伴い、新金および新銀を円滑に流通させ、旧貨幣の回収を促すため、幕府は旧貨幣の通用停止の期限を定めて告知し、引替えるよう度々触書を出したが、地金価値の低下を補償する増歩が低く設定されることが多かったため引替は思うように進捗せず、期限は度々延期されるのが常であった。もっとも金貨および銀貨は通用停止となっても地金価値が存在するため無価値となるわけではなく、期限を過ぎても金座および銀座において潰し値(つぶしね、地金再生価格)において売却することは可能であった。この旧貨回収業務は主に本両替が担当を命ぜられ、回収された金銀貨は金座および銀座に送られて新貨の材料とされた。貨幣吹替えによる金座および銀座の営業方式は御用達方式に準ずるものであった。

また品位低下を伴う吹替えの度、商人らは品位の高い旧銀を退蔵し、しばしば銀相場の高騰を招いた。元文元年(1736年)の吹替えの際も商人が旧銀を退蔵し銀相場を吊り上げているとして町奉行大岡忠相は両替商を呼びつけ、御定相場を守るよう通達を出して対立したが、この年、忠相が寺社奉行に昇格したのは商人が裏で手を回すことによる敬遠人事であったとする説もある[18]

吹替えのうち元禄期、宝永期および天保期は財政再建を主目的とし、元禄期および元文期は通貨量増大の目的もあった。また文政期のものは放漫財政の結果による赤字補填を主とするものであり、安政から万延期のものは1859年の開港に伴う小判流出を抑制する目的のものであった。

一方、正徳・享保の吹替えは、貨幣の品位を上げ慶長金銀に戻すという異例のものであり、これは新井白石の「金銀の如き天地から生まれた大宝を人工を加えて質を落とすことは天地の理にもとるものである」「単なる経済上の計算に基づくものではなく天下の主たるものが発行する貨幣が粗悪なものであってはならない。悪質なものを出せば天譴をうけて天災地変を生ずるおそれがある。民の信頼を失わなければ天下を治めることができる[19]」として本来品位である慶長金銀に復旧すると言うものであった。宝永金2両を新金1両と引替えるというデノミネーション的性格もあったが、戦国時代に最盛期を迎えた金山および銀山からの産出は寛永年間を過ぎたあたりから蔭りを見せ、元禄期にはすっかり低迷しており[20]、加えて多額に上る生糸貿易と中心とする金銀の流出により絶対的不足を来たし通貨量は減少し、次第にデフレ不況に陥ることになった。

小判の量目と品位の変遷[編集]

慶長金 (1601年)4.76匁
元禄金 (1695年)4.76匁
宝永金 (1710年)2.50匁
正徳金 (1714年)4.76匁
享保金 (1714年)4.76匁
元文金 (1736年)3.50匁
文政金 1819年)3.50匁
天保金 1837年)3.00匁
安政金 1859年)2.40匁
万延金 1860年)0.88匁

丁銀の品位の変遷[編集]

慶長銀 (1601年)
元禄銀 (1695年)
二ツ宝銀 1706年
永字銀 (1710年)
三ツ宝銀 (1710年)
四ツ宝銀 1711年
正徳銀 (1714年)
元文銀 (1736年)
文政銀 1820年
天保銀 (1837年)
安政銀 (1859年)

鋳造高および改鋳高[編集]

以下に『新旧金銀貨幣鋳造高并流通年度取調書』に基づく明治2年(1869年)までの、金貨および銀貨の鋳造高および改鋳高を示す。享保銀までの丁銀は全て改鋳されているとする推定、および幕末期の金流出が考慮されていないなど、必ずしも正確とは云えないが参考値として挙げた。

小判・一分判
鋳造高 改鋳高 国外流出高 世上流通高
慶長金 14,727,055両 10,527,055両 4,100,000両 100,000両
元禄金 13,936,220両1分 13,213,943両3分2朱 523,736両 198,540両1分2朱
宝永金 11,515,500両 11,202,703両1分 31,930両 280,866両3分
正徳金 213,500両 196,704両3分 16,795両1分
享保金 8,280,000両 7,324,044両1分 134,106両 821,849両3分
元文金 17,435,711両1分 14,278,251両 155,548両 3,001,912両1分
文政金 11,043,360両 8,883,521両 2,159,839両
天保金 8,120,450両 4,670,772両1分 3,449,677両3分
安政金 351,000両 276,829両3分 74,170両1分
万延金 625,050両 625,050両
丁銀・小玉銀
鋳造高 改鋳高 国外流出高 世上流通高
慶長銀 1,200,000貫 157,059貫 1,042,941貫
元禄銀 405,850貫 326,045貫400目 79,804貫600目
二ツ宝銀 278,130貫 278,130貫
永字銀 5,836貫 5,836貫
三ツ宝銀 370,487貫 370,487貫
四ツ宝銀 401,240貫 401,240貫
正徳銀 331,420貫 331,025貫 395貫
元文銀 525,465貫900目 490,810貫730目 489貫270目 34,165貫900目
文政銀 224,981貫900目 207,165貫 17,816貫900目
天保銀 182,108貫 102,440貫 79,668貫
安政銀 102,907貫 23,856貫 79,051貫
定位金貨
鋳造高 改鋳高 国外流出高 世上流通高
真文二分判 2,986,022両 2,860,985両2分 125,036両2分
草文二分判 2,033,061両2分 1,909,127両2分 123,934両
文政一朱判 2,920,192両 2,901,939両1分3朱 18,252両2分1朱
天保二朱判 12,883,700両1分 5,439,061両1分2朱 7,444,638両3分2朱
五両判 172,275両 125,445両 46,830両
安政二分判 3,551,600両 1,441,471両 2,110,129両
万延二分判 53,240,576両 53,240,576両
定位銀貨
鋳造高 改鋳高 国外流出高 世上流通高
五匁銀 1,806貫400目 1,806貫400目
明和南鐐二朱銀 5,933,000両 5,460,500両 472,500両
文政南鐐二朱銀 7,587,000両 7,474,800両 112,200両
南鐐一朱銀 8,744,500両 8,524,800両 219,700両
一分銀 19,729,100両 8,719,000両 11,010,100両
新一分銀 28,480,900両 101,300両 28,379,600両
一朱銀 9,952,800両 9,952,800両
二朱銀 88,300両 81,600両 6,700両
貨幣司一分銀 1,066,833両2分 1,066,833両2分
貨幣司一朱銀 1,171,400両 1,171,400両
銭貨
鋳造高 改鋳高 国外流出高 世上流通高
寛永通寳銅一文銭 2,114,246,283枚 1,420,200,000枚 600,000,000枚 94,046,283枚
寛永通寳鉄一文銭 6,332,619,404枚 6,332,619,404枚
真鍮四文銭 157,425,360枚 157,425,360枚
天保通寳 484,804,054枚 484,804,054枚
文久永寳 891,515,631枚 891,515,631枚
寛永通寳鉄四文銭 101,887,062枚 101,887,062枚

寛永通寳銅一文銭の鋳造高として挙げた数値は安政年間に回収され幕府庫に集積された数であり、実際にはこれより1桁多い。

両替相場の変遷[編集]

寛永通寳鉄一文銭
寛永通寳鉄一文銭
真鍮四文銭
真鍮四文銭
天保通寳百文銭
天保通寳百文銭

幕府は慶長14年(1609年)に金1両=銀50目=1貫文=4貫文、元禄の吹替え後に小判の相場を維持するため元禄13年(1700年)に金1両=銀60目=銭4貫文と改訂した御定相場を公布した。上納金など公的なものにはこの御定相場が守られたが、市場では江戸、大坂を中心として各地で相場が立てられ、両替商らは日々の相場に基づいて取引を行った[21]

江戸時代初期には金1両は銀43匁程度であったが、産銀の増大に伴い銀相場は下落傾向にあった。やがて金1両が銀60目前後で落ち着きを見せ始めたが、元禄の吹替えは品位は金貨が2/3、銀貨が4/5とアンバランスなものであったため、再び金1両が銀50目程度まで銀高に戻り、これを是正するための御定相場改訂であった。しかし市場は御定相場に従うようなものではなく、宝永期の銀貨吹替えによりようやく銀高が解消された。

明和期に寛永通寳鉄一文銭および真鍮四文銭が大量に発行されるようになると銭相場は次第に下落し金1両が銭6貫文程度となり、天保通寳の発行は銭相場の下落に追い討ちをかけた。幕末にさらに天保通寳が大量発行され、明治維新の頃には金1両が銭10貫文程度に達した。

以下に『三貨図彙』『新稿 両替年代記関鍵 巻二考証篇』『日本史小百科「貨幣」』『日本史資料総覧』『近世後期における主要物価の動態』を基に作成した金銀両替相場および銭相場の変遷を示す[2][9][21][22][23]

金銀両替相場の変遷 金一両に対する銀匁 赤の実線は御定相場
銭相場の変遷 金一両に対する文 赤の実線は御定相場


物価の変遷[編集]

米価を例にとると、江戸時代初期は金1両で米が3〜4程度であったが、当時の産金および産銀の増大に伴い金銀とも相場が下落し、貨幣吹替えのなかった慶長金銀の流通時期であっても、明暦年間を過ぎたあたりから金1両が米1〜2石程度となった。元禄の吹替えによる貨幣品位の低下はこれに追い討ちをかけ、以後文政年間あたりまで金1両が米1石前後を維持した。

しかし、詳細に見れば宝永期の品位低下により米価は高騰し、逆に享保期は品位を上げる吹替えにより下落し、また冷害および病虫害による飢饉により一時的に米価が著しく高騰することもしばしばであった。天保期は深刻な飢饉が発生し、貨幣の品位が低下した上に名目貨幣的な計数貨幣が乱発され、諸色の高騰は顕著になった。特に寛永の大飢饉享保の大飢饉天明の大飢饉および天保の大飢饉による影響は顕著に現れている。

万延年間に小判流出を防止するために量目を約1/3に減量した小判が発行されるに至り、激しいインフレーションが発生することになった。

以下に『三貨図彙』『日本史小百科「貨幣」』『近世後期における主要物価の動態』を基に作成した米価の変遷を示す[2][9][23]

米相場の変遷 米一石に対する銀匁


大光院の記録では元和2年4月(1616年)の物価は以下の様であった[2]

  • 銭183文:銀3匁(銭1貫文=銀16匁3分9厘=金約1分)
  • 米35:銀7匁(1石=銀20目=金1分1朱)
  • 2升:48文
  • 豆腐9丁:36文
  • 2:銀4匁3分5厘
  • (参考)金1両:銀64匁[3]

江戸において明暦の大火があった明暦3年(1657年)の物価は以下の様であった[2]

  • 銭1貫文:銀18匁
  • 米27石6斗:銀1貫76匁(米1石=銀39匁=金約2分2朱)
  • 大豆1石:銀37匁
  • 1斗:銀30目
  • 布1反:銀3匁5分

明和3年3月27日(1766年)、大坂における物価は以下の様であった[23]

  • 金1両:銀63匁8分2厘
  • 銭1貫文:銀15匁1分9厘(金1両=銭4201文)
  • 肥後米1石:銀60匁9分
  • 大豆1石:銀74匁5分

慶應3年正月(1867年)、京都における両替相場および[21]、正月20日、幕末のインフレーション状況下の大坂における物価は以下の様であった[23]

  • 金1両:銀107匁1分
  • 銭1貫文:銀12匁6分6厘(金1両=銭8460文)
  • 肥後米1石:銀1貫213匁5分
  • 岡大豆1石:銀810匁

計数銀貨の台頭[編集]

南鐐二朱銀
南鐐二朱銀
天保一分銀
天保一分銀

明和2年(1765年)、田沼意次の命により河合久敬が量目を固定した五匁銀を考案し、銀貨を両を基軸とする小判に結び付けようと模索した。五匁銀は失敗に終わるが、続いて明和9年(1772年)に発行された南鐐二朱銀は8枚をもって一両に交換することを明記し直接小判に結びつけたことから、次第に定着し流通する様になった。材料としては南鐐と呼ばれる上銀を使用しながらも、丁銀と比較すれば一両あたりの銀含有量は劣るものであった。

文政年間に入ると、次第に奢侈的な風潮が高まり幕府の財政も逼迫し、老中水野忠成の命により二分判など小判に対し金含有量の劣る名目貨幣が乱発されるようになり、あからさまに吹替えによる出目を狙ったものであった[1]。天保3年(1832年)には二朱判、天保8年(1837年)からは一分銀が多量に発行され、これらの金銀含有量はさらに劣るものとなった。一分銀の発行高は丁銀をはるかに凌ぐものとなり、嘉永6年(1853年)に一朱銀が発行されるに至り江戸時代後期は銀貨の計数貨幣化が進行し、一方で丁銀の流通は衰退し銀目取引は藩札および手形で代用されるなど名目化した。

明和年間の計数銀貨の発行を皮切りに、文政年間、天保年間を中心に、小判および丁銀に対して含有金銀量の劣る出目獲得を目的とした名目貨幣が多発され、文政年間以降はこのような定位貨幣の流通が大半を占めるようになった。

三貨制度の終焉[編集]

嘉永一朱銀
嘉永一朱銀
安政一分銀
安政一分銀
万延二分判
万延二分判

嘉永6年(1853年)、浦賀沖の黒船来航により幕府は開港を迫られ、日米和親条約による安政6年(1859年)の横浜港の開港のため、日本貨幣と米国貨幣の交換比率の交渉が行われた。幕府側の双替方式の1ドルを1分で交換するという要求に対し、ハリスの同質同量による1ドルを3分で交換するという要求が通ることになった。幕府側は1ドル銀貨の半分の量目に当たる二朱銀を発行して抵抗したが、二朱銀は発行量が極小で開港場でしか通用しないものであったため、米国大使らの反発に遭い撤回することとなった。この結果、一分銀と小判との間の擬似金銀比価1:5は欧米の金銀比価1:15に対し著しく金安であったため短期間のうちに多額に上る小判流出を招き、幕府は流出を防止するため、天保小判を3両1分2朱の増歩通用とし、量目を3割弱に下げた万延小判およびさらに低品位の二分判を発行したため激しいインフレーションに見舞われることになった。

また開港時に幕府側は、米国大使らの1ドル銀貨の一分銀への両替要求に充分応じられなかった事から、慶應2年(1866年)の改税約書において幕府は国外から持ち込まれる金貨、銀貨および地金を日本貨幣に鋳造することを請求できる自由造幣局の設立を確約することとなった。

倒幕後、明治新政府は幕府の交わした改税約書を引き継ぐこととなり、慶應4年5月9日(1868年6月28日)、新政府は銀目廃止を布告し、丁銀および小玉銀は廃止され通貨の両への一本化が図られた。この時期、日本国内には多種多様の貨幣が混在し、それぞれが額面でなく実質価値による相場で取引され、加えて贋造貨幣が横行していたことから、これらについても日本国外から改善を求められた。明治2年7月12日(1869年8月19日)、高輪談判において二分判を主とする贋造貨幣の処理について新政府と5カ国の駐日公使との間で交渉が行われ、近代貨幣制度の導入を公約することとなった。

明治4年5月(1871年6月17日)、新貨条例が公布され、新貨の通貨単位「()」は両と等価とされたため新通貨単位への移行は比較的スムーズなものとなった。小判その他の金貨については分析に基づく金銀含有量により新貨幣(圓)との交換比率が設定され、これらは明治7年(1874年)9月までに新貨幣と引替えることとされた[24]。しかし、引換え期限は度々延期され、最終的な交換期限は明治21年(1888年)末であった[25]。銭貨については寛永通寳銅銭および文久永寳が昭和28年(1953年)12月末まで通用を認められるなど、引き続き少額貨幣としての役割を果たした。

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 三上隆三 『江戸の貨幣物語』 東洋経済新報社1996年
  2. ^ a b c d e 草間直方 『三貨図彙』 1815年
  3. ^ a b c d 小葉田淳 『日本の貨幣』 至文堂1958年
  4. ^ 西川裕一 『金融研究 江戸期三貨制度の萌芽−中世から近世への貨幣経済の連続性』 日本銀行金融研究所1999年 金融研究
  5. ^ a b 『新訂 貨幣手帳・日本コインの歴史と収集ガイド』 ボナンザ、1982年
  6. ^ 利光三津夫 『押勝の三貨』 慶應通信1983年
  7. ^ 今村啓爾 『富本銭と謎の銀銭 貨幣誕生の真相』 小学館2001年
  8. ^ 『御用留便覧』
  9. ^ a b c d e f 瀧澤武雄、西脇康 『日本史小百科「貨幣」』 東京堂出版、1999年
  10. ^ 『日本の貨幣-収集の手引き-』 日本貨幣商協同組合、1998年
  11. ^ a b c d e f 田谷博吉 『近世銀座の研究』 吉川弘文館1963年
  12. ^ 造幣局編 『貨幣の生ひ立ち』 朝日新聞社1940年
  13. ^ 『新旧金銀貨幣鋳造高并流通年度取調書』 大蔵省1875年
  14. ^ 日本銀行調査局 『図録 日本の貨幣・全11巻』 東洋経済新報社、19721976年
  15. ^ 佐藤忠三郎 『旧貨幣表』 1873年
  16. ^ a b 滝沢武雄 『日本の貨幣の歴史』 吉川弘文館、1996年
  17. ^ 大塚英樹 『金融研究 江戸時代における改鋳の歴史とその評価』 日本銀行金融研究所、1999年 金融研究
  18. ^ 河合敦 『なぜ偉人たちは教科書から消えたのか』 光文社2006年
  19. ^ 『図説 日本の歴史12変動する幕政』 集英社1975年
  20. ^ 小葉田淳 『日本鉱山史の研究』 岩波書店1968年
  21. ^ a b c 三井高維編 『新稿 両替年代記関鍵 巻二考証篇』 岩波書店、1933年
  22. ^ 村上直、高橋正彦 『日本史資料総覧』 東京書籍1986年
  23. ^ a b c d 三井文庫編 『近世後期における主要物価の動態』 東京大学出版会1989年
  24. ^ 明治財政史編纂会編 『明治財政史(第11巻)通貨』 大蔵省編纂、1905年
  25. ^ 『造幣局百年史(資料編)』 大蔵省造幣局、1971年

関連項目[編集]