日本銀行券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
壱万円券

日本銀行券(にほんぎんこうけん、にっぽんぎんこうけん)は、法令に基づき日本の中央銀行である日本銀行が発行する紙幣である。日本法定通貨)である。

概説[編集]

日本銀行兌換銀券一円券(旧一円券)、通称大黒壹圓。肖像:大黒天と鼠。明治18年(1885年)発行開始。現在日本国で通用する貨幣(法貨)としては硬貨を含め最古。「兌換銀券」とは事実上銀本位制であった当時、銀貨との引き換え証券であった。兌換文言:「此券引かへ尓銀貨壹圓相渡可申候也 NIPPON GINKO Promises to Pay the Bearer on Demand One Yen in Silver」。昭和33年(1958年)発行停止(それよりずっと以前に事実上発行は停止されていたと推測される)。発行高約4500万枚。法により現在は不兌換券(額面1円の日本銀行券)として通用。
日本銀行兌換銀券一円券(改造一円券)。明治22年(1889年)発行開始。肖像:武内宿禰大黒天像の旧券には欠点があった。用紙にコンニャク粉を混ぜたことで虫や鼠に食害されたり、印刷に鉛白を使用したことで温泉地の硫化水素と反応し黒変することがあった。それら欠点を解消して発行されたのがこの一円券を含むいわゆる改造券である。この一円券については、大正5年(1916年)の新規発行分から記番号が漢数字からアラビア数字に変更された(肖像も僅かに異なる)。昭和18年(1943年)の改刷まで長期にわたり製造された。昭和33年(1958年)発行停止。法により現在は不兌換券(額面1円の日本銀行券)として通用。
(1) E千円券の記番号。この記番号から滝野川工場で製造された「5,400,145(=900,000×6+145)枚目」のE千円券であることが分かる。(2) 左からC,D,E千円券の記番号のやや特殊な「2」の字体。E五千円券でも採用。

概説[編集]

日本銀行は、日本銀行法を根拠に、日本銀行券を発行し(市中に払い出し)通貨として流通させている。日本銀行券には日本国内で法定通貨として無制限に通用する強制通用力が付与されている。過去に発行されていた日本銀行券の中には各種法令により既に失効しているものがある。これら失効券以外は、古い日本銀行券であっても現在発行中の券と同様に法定通貨として有効である。

現在発行中の日本銀行券は、独立行政法人国立印刷局によって製造され、日本銀行に納入されている。納入価格は明らかにされていないが、券1枚あたり、一万円紙幣なら40円程度といわれている(週刊しゃかぽん第一号より)。2009年平成21年)度の計33億枚の日本銀行券製造費は約509億円であり、1枚当たり15.4円となる[1][2]

現在、主に流通しているのは2004年発行開始のE券(一万円券五千円券千円券)および2000年発行開始のD二千円券である。現在では(記念硬貨を除いた)硬貨よりも日本銀行券のほうが高額面だが、兌換制度下の頃は、材料不足などを解消するための補助的なものであった。そのため以前は一円券と一円銀貨などが併用された。近年は同一額面の硬貨と日本銀行券の並行発行を避けるのが政府および日本銀行の方針とされている為か、現在ではそうしたケースはほとんど見られない。最近にして最初の事例としては、五百円硬貨の発行(1982年)に伴い、C五百円券は遅くとも1985年には製造が中止された。各C券、B100円券などは発行停止から久しいが、市中流通しているのがごく稀に見られることがある。

記番号(B券以降)[編集]

ここではB券以降の券の記番号について述べる。 記番号とは、ラテン文字(アルファベット)とアラビア数字の組み合わせによる通し番号であり、各券種の日本銀行券1枚ずつ固有のものである。ただし記番号の組み合わせを全て使い切ってしまった場合、印刷色を変えて再度同じ記番号が使われている。C千円券(伊藤)では、黒色と青色、D一万円券(福澤)とD五千円券(新渡戸)では黒色と褐色が、またD千円券(夏目)では、黒色、青色、褐色、暗緑色、がそれぞれその順で使用された。アルファベットのうち、「I」(アイ)と「O」(オー)は、数字の「1」「0」と紛らわしいため使用されない。

  • (1) 左端のアルファベットは1文字または2文字であり、概ね2文字のものより1文字のものが製造時期が早い。1文字のものについては、概ね A, B, C ... Z の順番で製造される。2文字である場合、額面五千円以上の券は概ね AA, AB, AC ... BA, BB, BC ... ZX, ZY, ZZ の順に製造され、額面二千円以下の券は概ね AA, BA, CA ... AB, BB, CB ... XZ, YZ, ZZ の順に製造される。なぜ「概ね」なのかというと、印刷局の工場が4か所あり、各工場間の券製造のスケジュール調整がいかになされているかは当局者しか知り得ないからである。しかし製造時期の早晩を判断する大体の目安にはなる。
  • (2) アルファベットに挟まれた数字6桁については、000001から900000までの90万通りである。
  • (3) 右端のアルファベット1文字を「末尾記号」といい、製造した工場を表すが、例外も有り得る。なお、現在発行されているD二千円券、およびE券については概ね以下の通りになっている。

結局、同一印刷色の記番号で (24x900,000x24)+(24x24x900,000x24) = 12,960,000,000 (129億6千万)枚まで製造・発行できることになる。記番号を数字に例えるなら、上記 (1), (2), (3) のうち、最も上位の桁は (1) で、次が (3)、最下位の桁が (2) である。例えば、E千円券を小田原工場で製造する場合、「AA900000H」の次に製造すべきは「AA000001J」であり、「AA900000N」の次は「BA000001H」である。

E一万円券とE千円券について、黒色で印刷されている記号と番号の組合せが枯渇する予定となったため、日本銀行と財務省は、2011年7月19日より記番号が褐色の券を発行すると発表した[3][4]。C千円券, D千円券では、黒色記番号の次は青色記番号であったが、E千円券では黒色記番号の次は褐色記番号となった。

デザインの変更[編集]

偽造防止の為、B券発行以降は約20年に一度、デザインが変更されている。変更の際には常に最新技術を導入し、偽造対策を施している。デザインの変更がなくても、あとから偽造防止策が導入されることもある。1993年12月1日以降改刷発行されたD一万円券、D五千円券およびD千円券(記番号が褐色、暗緑色であるD券)は、従前のD券とデザインは同じであるが、後述する通り「マイクロ文字」「特殊発光インキ」などの偽造防止策が新規に導入(ミニ改刷)された。

A百円券やB券、C券では聖徳太子と近代政治家の肖像が採用された。聖徳太子は高額券に採用されたため、「高額券=聖徳太子」のイメージは昭和生まれ世代にはなじみ深いものである。1984年のD券以降は、D二千円券を除きいわゆる文化人が肖像に採用されている。D二千円券は人物の肖像ではなく、建築物を像としている点で特異である。

D二千円券およびE券の発行[編集]

2000年には二千円券が新たに発行された。しかしこの二千円券は結局普及しないまま現在に至っている。理由としては以下のような事情が考えられる。

  • 現代の日本では硬貨と紙幣は「1」と「5」のつく単位であるという認識が一般消費者に浸透しており、そのため、二千円券は使い慣れない券種であった。
  • 店側が二千円券を受け取っても、一万券同様レジの下段に入れられてしまうなど、お釣りとして二千円券が供給されることなく銀行に還流してしまうことが多かった。発行当初から、お釣りとして客に出さないことを方針とする店が多かった。
  • 乗車券類の自動販売機食券販売機、遊技場パチンコ店・公営競技場等の両替機・自動販売機等の一部では比較的早期に二千円券の入金対応がされた。一方、自動販売機の過半数を占めている飲料たばこを中心とした100円~400円程度の商品を販売する自動販売機の二千円券入金対応は、あまり進まなかった。二千円券対応であった機器も耐用年数を迎え、更新されるにあたって二千円券対応になることも多い。
  • 発行開始当時、ATM・両替機・自動販売機等の各種機器の入れ替えが必要となることから、二千円券の新規発行は機器製造業の需要を促し景気回復の起爆剤になると期待する向きもあった。しかしこのような出納機器を導入する企業の立場からすれば、これまでになかった額面券ゆえ、機器更新のみならず保守・運用にも新たなコスト負担が必要な(かつ、普及するか否か先行き不透明な)二千円券の入出金対応については、発行開始当時の沈滞した景気の中では慎重にならざるをえなかった。
  • 「二千円券は珍しい」という消費者心理で、消費者から二千円券が流通しにくかったため。

日本銀行は「二千円券の利便性」を主張している、あるいは”していた”が、上述のように、二千円券を普及流通させることはできなかった。日本銀行からの発券枚数自体は、五千円券のそれを超えていることも一時期あったが、各地の銀行の金庫で眠っているのが実情であり、市中流通枚数は少ない。二千円券にゆかりの深い沖縄県においては、盛んに普及キャンペーンが行われた事もあり、流通量は他都道府県に比べて高い時期があった。[5]

D二千円券は、現在発行中の紙幣であるので、金融機関の窓口で出金・両替する時は、在庫があれば、二千円券にして欲しい旨申請すれば供給される。

2004年11月には20年ぶりに一万円券、五千円券、千円券が新しいデザイン(E券)に更新された。こちらは二千円券とは異なり、従来からあった券種であり心理的に受け入れやすかったこと、ATMや自動販売機では識別装置のプログラムの更新だけで済むため入出金対応が迅速になされたこと、またD券(二千円券を除く)の偽造が社会問題となっていたことなどにより、急速に普及した。

日本銀行券の偽造防止技術[編集]

初期のD券(1984年11月1日発行開始)以前から採用されているもの[編集]

すき入れ(透かし)
日本銀行券には、一部の券種を除き、「黒透かし」という特殊なすき入れがされている。政府、国立印刷局、および政府の許可を受けた者以外による黒透かしを施した紙の製造は「すき入紙製造取締法」により禁止されている。二千円券を除くD券では、視覚障害者が触覚で容易に券種を識別できるよう券の右下に各券種固有のパターンとしてもすき入れされている。
凹版印刷
微細線を印刷するための印刷手法。凹版印刷の項を参照。

ミニ改刷されたD券(1993年12月1日発行開始)から採用されたもの[編集]

マイクロ文字
肉眼では認識できないか、かろうじて認識できる程度の微小な文字を、文様に紛れさせている。ただし微細の程度を問題にしないならば、これより前の日本銀行券(明治期を含む)にもマイクロ文字は採用されている。
特殊発光インキ
紫外線近紫外線を照射すると蛍光を発するインクによる印刷。インク自ら発光するわけではない。ミニ改刷以降のD券(D千円券・D五千円券・D一万円のうち記番号が黒色でないもの、およびD二千円券すべて)、および各E券で採用されている。表面の印影部分(オレンジ色蛍光)と地紋の一部(黄緑色蛍光)。

D二千円券から採用されたもの[編集]

深凹版印刷
凹版印刷刷版の凹部をさらに深くし、結果として券に転写されたインクが触ってわかるほどに盛り上がっている印刷である。おもて面の漢数字とアラビア数字による額面表示、「日本銀行」「日本銀行券」の文字、後述の「潜像模様」、等として印刷されている。視覚障害者が触覚で容易に券種を識別できるよう券の左右下端に配置された各券種固有のパターン(識別マーク、たとえば二千円券では「●」が3つ(点字の「に」))としても印刷されている。
潜像模様
深凹版印刷技術の応用であり、印刷されたインクの縞状凹凸により表現される模様。券を傾け入射角を大きくして見るとより明瞭にその模様が目視できるもの。券の左下部に額面金額として印刷されている。
パールインク
見る角度によってピンク色の真珠様光沢が目視できるインクによる印刷。券の左右両端に配置されている。E千円券ではさらに、左下の潜像模様に重ねて「千円」の文字として印刷されている。
ユーリオン
銀行券のデジタルデータ画像を画像処理ソフトウェアやカラー複写機が検出しやすくするために描かれたシンボル。ユーリオンの項を参照。
光学的変化インク(D二千円券のみ)
D二千円券の表面右上にある額面金額”2000”は、券を見る角度によって紫色、青緑色等に色が変化して見える。

E券から採用されたもの[編集]

すき入れバーパターン
縦棒形状のすき入れ。券の右側に配置されている。
ホログラム(E五千円券、E一万円券のみ)
ホログラム参照。

日本銀行券一覧[編集]

券名の最初の文字は発行された時期によって紙幣を分類する記号で、A券、B券等と呼ばれる。概ね、昭和初期までは「甲乙丙丁」、戦時中は「いろ」、戦後はアルファベット「ABCDE」である。

現在発行中の券[編集]

額面 券名 表の図案 裏の図案 サイズ
(mm)
発行日
10000円 E一万円券 福澤諭吉 平等院鳳凰堂の鳳凰 76×160 2004年(平成16年)11月1日
5000円 E五千円券 樋口一葉 尾形光琳筆「燕子花図」 76×156
2000円 D二千円券 首里城守礼門 紫式部源氏物語絵巻光源氏冷泉帝 76×154 2000年(平成12年)7月19日
1000円 E千円券 野口英世 富士山サクラ 76×150 2004年(平成16年)11月1日
  • この表の「券名」は、最近の日本銀行と財務省の文書の表記に従っている。実際の券面の表記では、「一」は「壱」、「二」は「弐」となっている。
  • D券の製造中に、2回製造者の名称が変わっている。大蔵省印刷局→財務省印刷局(2001年1月)→国立印刷局(2003年4月)。従って(二千円券を除く)D券は日本銀行券で唯一の「財務省印刷局製造」となった。D二千円券については、前述のとおり供給過剰であることもあってか、2002年以降は全く製造されていない。

現在発行されていないが有効な券[編集]

発行 券名 表の図案 裏の図案 サイズ
(mm)
1984年11月1日 D一万円券 福澤諭吉 キジ 76×160
D五千円券 新渡戸稲造 富士山 76×155
D千円券 夏目漱石 タンチョウ 76×150
1969年11月1日 C五百円券 岩倉具視 富士山 72×159
1963年11月1日 C千円券 伊藤博文 日本銀行 76×164
1958年12月1日 C一万円券 聖徳太子 彩紋 84×174
1957年10月1日 C五千円券 聖徳太子 日本銀行 80×169
1953年12月1日 B百円券 板垣退助 国会議事堂 76×148
1951年12月1日 B五拾円券 高橋是清 日本銀行 68×144
1951年4月2日 B五百円券 岩倉具視 富士山 76×156
1950年1月7日 B千円券 聖徳太子 法隆寺夢殿 76×164
1946年3月19日 A一円券 二宮尊徳 彩紋 68×124
1946年3月5日 A五円券 彩紋 彩紋 68×132
1946年3月1日 A百円券 聖徳太子 法隆寺夢殿 天平雲 新円標識 法隆寺 93×162
1946年2月25日 A十円券 国会議事堂 彩紋 76×140
1943年12月15日 い一円券 武内宿禰 宇倍神社 70×122
1889年5月1日 改造一円券 武内宿禰 兌換文言(日本語) 偽造変造罰則文言 彩紋 一円銀貨 兌換文言(英語) 85×145
1885年9月8日 旧一円券 大黒像 兌換文言(日本語、英語) 彩紋 偽造変造罰則文言 78×135
  • この表の「券名」は、最近の日本銀行と財務省の文書の表記に従っている。実際の券面の表記では、「一」は「壹」または「壱」、「十」は「拾」、「円」は「」または「円」となっている。
  • 戦前に流通した日本銀行券の中で1円の額面のもののみが残されたのは、1円が日本における基本通貨単位であることへの配慮に基づくとされている。
  • これらの紙幣は現在も法的には有効であるが、実際には既に回収が進み、現在市中ではほとんど、あるいはまったく流通していない。旧一円券などは古銭的価値が評価され取引されている。B五拾円券は戦後の紙幣であるが発行枚数がやや少ない(約3.6億枚)ので数千円の値が付くことがある。一方大量に現存している各C券, 各D券, B100円券等には額面を大幅に上回るような付加的価値(プレミア)は期待しないほうがいい。

失効した日本銀行券[編集]

第二次世界大戦中と戦後に発行された小額日本銀行券。戦争の結果金属が不足し、硬貨の代替として発行された。戦中と戦後の券の意匠の違いに注目されたい。
(1) い五銭券(1944年)、楠木正成銅像。
(2) い拾銭券(1944年)、八紘一宇塔。
(3) A五銭券(1948年)、
(4) A拾銭券(1945年)、
A券発行当時は、紙幣の意匠決定にもGHQの許可が必要であった。戦後の急激なインフレーションを背景に、いずれも昭和28年(1953年)「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」により失効。
発行 券名 表の
図案
裏の
図案
サイズ
(mm)
1948年
5月25日
A五銭券 彩紋 48×94
1947年
9月5日
A拾錢券 国会議事堂 52×100
1945年
8月17日
ろ百圓券 聖徳太子 法隆寺 93×162
ろ拾圓券 和気清麻呂 護王神社 81×142
1942年
4月20日***
甲千圓券 日本武尊
建部神社
彩紋 100×172
1927年
5月12日**
丙貳百圓券 武内宿禰 彩紋 97×188
1942年
1月6日*
丁貳百圓券 藤原鎌足
談山神社拝殿
談山神社十三重塔 97×165
1944年
11月1日
い拾錢券 八紘一宇 彩紋 51×106
1944年
11月1日
い五錢券 楠木正成 彩紋 48×100
1944年
3月20日
い百圓券 聖徳太子
法隆寺夢殿
法隆寺 93×163
1943年
12月15日
い拾圓券 和気清麻呂 護王神社 81×142
1943年
12月15日
ろ五圓券 菅原道真
北野神社
彩紋 76×132
1942年
1月6日
い五圓券 菅原道真
北野神社
彩紋 76×132
1931年
7月21日
乙貳拾圓券 藤原鎌足
談山神社十三重塔
談山神社拝殿 87×152
1930年
5月21日
丙拾圓券 和気清麻呂 護王神社 81×142
1930年
3月1日
丁五圓券 菅原道真
北野神社
彩紋 76×132
1930年
1月11日
乙百圓券 聖徳太子
法隆寺夢殿
法隆寺 93×162
1927年
4月25日
乙貳百圓券 彩紋 印刷なし 73×123
1917年
11月20日
甲貳拾圓券 菅原道真 北野神社 86×149
1916年
12月15日
丙五圓券 武内宿禰
宇倍神社
彩紋 73×130
1915年
5月1日
乙拾圓券 和気清麻呂
護王神社
彩紋 89×139
1910年
9月1日
乙五圓券 菅原道真 北野神社 78×136
1900年
12月25日
甲百圓券 藤原鎌足
談山神社
日本銀行 104×180
1899年
10月1日
甲拾圓券 和気清麻呂
護王神社
96×159
1899年
4月1日
甲五圓券 武内宿禰
宇倍神社
彩紋 85×146
1891年
11月15日
改造百圓券 藤原鎌足 彩紋 130×210
1890年
9月12日
改造拾圓券 和気清麻呂 彩紋 100×169
1888年
12月3日
改造五圓券 菅原道真 彩紋 95×159
1886年
1月4日
旧五圓券 彩紋 大黒 87×152
1885年
9月8日
旧百圓券 大黒像 彩紋 116×186
1885年
5月9日
旧拾圓券 大黒像 彩紋 93×156
  • (*使用開始は1945年4月16日、**使用開始は1945年8月16日、***使用開始は1945年8月17日
  • この表の「券名」表記は、当該券面の表記を尊重した。「壹」は「一(壱)」、「貳」は「二(弐)」、「拾」は「十」、「錢」は「銭」、「圓」は「円」にそれぞれ相当する。
  • このうち、明治・大正時代の紙幣や、昭和戦前・戦時中の高額券などは、古銭的価値が評価され取引されている。旧百圓券や改造百圓券は現存数が数枚ほどしかないと推測されており、少なすぎて取引例はほぼ皆無である(よって相場価格がない)。乙貳百圓券なども現存数が非常に少ないといわれる。

参考:未発行券[編集]

  • 甲五拾圓円券昭和金融恐慌の際に取り付け騒ぎの沈静化のため必要とされ、急きょ大蔵省告示で制定され製造もされた(1927年)が、騒ぎが鎮静化したため結局発行されなかった。これは裏面が無印刷といういかにも急ごしらえの紙幣であった。なお、同時期の乙二百圓円券も同様に裏面が無印刷であったがこちらは実際に発行された。
  • は拾圓券(和気清麻呂)・い千圓券(日本武尊)・い五百圓券(武内宿禰)は、戦時中に製造されたがあまりにも作りが貧弱で、大蔵省告示もないまま結局発行されなかった。
  • 戦後1945年から、他のA券と同様にA千円券・A五百円券の発行の準備が進められていた。このときの図案原案は、伐折羅大将像(千円券)、弥勒菩薩像(五百円券)というものであった。しかしGHQから、これら高額券はインフレーション助長の可能性があると指摘され、さらに肖像にもクレームがつき、告示も製造もされなかった。なお、このときの千円券の(肖像以外の)図案はA十円券に流用された。
  • A千円券については、その後再度発行が企画され製造もされた(1946年)。しかし、甲千円券の図案・原版を再利用したものであったため、既に兌換制度が廃止されていたにもかかわらず「日本銀行兌換券」の文字と兌換文言(此券引換に金貨千圓相渡可申候)が残っているという不都合があった。また依然インフレーション助長の懸念もあったため、結局告示もされず発行されなかった。

日本銀行券の肖像になった人物(現在有効な券)[編集]

聖徳太子(C五千円券)

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]