津田梅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
津田梅子

津田 梅子(つだ うめこ、1864年12月31日元治元年12月3日) - 1929年(昭和4年)8月16日)は、明治の教育者。日本の女子教育の先駆者と評価される。

初名はうめ(「むめ」と書いた)で、1902年(明治35年)に漢字表記に改めて「梅子」とした。

略歴[編集]

梅子は、津田仙(旧幕臣・東京府士族)・初子夫妻の次女として、江戸の牛込南御徒町(現在の東京都新宿区南町)に生まれた[1]。父・仙は幕臣であったため、幕府崩壊とともに職を失ったが、明治2年(1869年)に築地のホテル館へ勤めはじめ、津田家は一家で向島(現在の墨田区)へ移った。仙は西洋野菜の栽培なども手がけ、幼少時の梅子は手習いや踊などを学び、父の農園の手伝いもしている。

アメリカ留学[編集]

明治4年(1871年)、仙は明治政府の事業である北海道開拓使の嘱託となり、津田家は麻布(現在の港区)へ移る。開拓使次官の黒田清隆は女子教育にも関心を持っていた人物で、仙は黒田が企画した女子留学生に梅子を応募させ、同年、岩倉使節団に随行して渡米。5人のうち最年少の満6歳であった。11月に横浜を出港し、サンフランシスコを経て、同年12月にワシントンへ到着。

渡米直後(明治4年(1871年))

アメリカではジョージタウンで日本弁務官書記で画家のチャールズ・ランマン (Charles Lanman) 夫妻の家に預けられる。5月には森有礼の世話で、留学生はワシントン市内に住まわされるが10月には2名が帰国した。残った3人が梅子、山川捨松(のちの大山捨松)、永井繁子(のちの瓜生繁子)である。この3人は生涯親しくしており、梅子がのちに「女子英学塾」(現在の津田塾大学)を設立する際に二人は助力する。 梅子は再びランマン家に預けられ、十数年を過ごすことになる。梅子は英語ピアノなどを学びはじめ、市内のコレジエト・インスティチュートへ通う。日本へ宛てる手紙も英文で書くようになる。この頃にはキリスト教への信仰も芽生え、ランマン夫妻には信仰を薦められていないが、1873年(明治6年)7月には特定の宗派に属さないフィラデルフィア独立教会洗礼を受ける。1878年(明治11年)にはコレジエト校を卒業し、私立の女学校であるアーチャー・インスティチュートへ進学。ラテン語フランス語などの語学英文学のほか、自然科学心理学芸術などを学ぶ。また、ランマン夫妻に連れ添われて休暇には各地を旅行している。1881年(明治14年)には開拓使から帰国命令が出るが、在学中であった山川捨松と梅子は延長を申請し、1882年(明治15年)7月に卒業。同年11月には日本へ帰国する。

帰国後の活動[編集]

梅子らは帰国したものの、儒学の価値観が色濃く残る日本においては女子留学生の活躍できる職業分野にも乏しく、山川捨松と永井繁子はそれぞれ軍人へ嫁した。また、幼少からの長い留学生活で日本語能力はむしろ通訳が必要なほどになってしまい[2]、日本的風習にも不慣れであった。1883年(明治16年)には、外務卿・井上馨の邸で開かれた夜会に招待され、伊藤博文と再会し、華族子女を対象にした教育を行う私塾・桃夭女塾を開設していた下田歌子を紹介される。このころ父・仙との確執もあったことから、梅子は伊藤への英語指導や通訳のため雇われて伊藤家に滞在、歌子からは日本語を学び、「桃夭女塾」へ英語教師として通う。1885年(明治18年)には伊藤に推薦され、学習院女学部から独立して設立された華族女学校で英語教師として教えることとなった[3]1886年(明治19年)には職制変更で嘱託となる。

梅子は華族女学校で3年余り教えているが、上流階級的気風には馴染めなかったと言われ、この頃には何度か薦められていた縁談も断っている。やがて梅子は「二度と結婚の話はしないでください。話を聞くだけでもうんざりです」と手紙にしたためたほど、日本の結婚観に辟易して生涯未婚を誓う。1888年(明治21年)には、留学時代の友人アリス・ベーコンが来日し、彼女に薦められて再度の留学を決意。父の仙の知人で、日本の商業教育に携わっていたウィリアム・コグスウェル・ホイットニーの娘・クララの仲介で留学希望を伝えて学費免除の承諾を得て、校長の西村茂樹から2年間の留学を許可される。1889年(明治22年)7月に再び渡米。

ふたたび留学[編集]

ブリンマー・カレッジ在学時(1890年(明治23年))

当時は進化論においてネオ・ラマルキズムが反響を呼んでおり、梅子はフィラデルフィア郊外のリベラル・アーツ・カレッジ、ブリンマー・カレッジ (Bryn Mawr College) で生物学を専攻する。3年間の課程を切り上げて終了させ、留学2年目には蛙の発生に関する論文を執筆。使命であった教授法に関する研究は州立のオズウィゴー師範学校で行う。梅子に留学を勧めたアリス・ベーコンは日本習俗に関心を持ち、日本女性に関する研究をしていた。ベーコンがアメリカへ帰国し、研究を出版(『日本の女性』)する際には手助けをしている。これは梅子が日本の女性教育に関心を持つきっかけになったとも言われており、留学を一年延長すると、梅子は日本女性留学のための奨学金設立を発起し、公演や募金活動などを行う。

教育者として[編集]

大学からはアメリカへ留まり学究を続けることを薦められるが、1892年(明治25年)8月に帰国。再び華族女学校に勤める。梅子は教師生活を続けるが、自宅で女学生を預かるなど積極的援助を行い、1894年(明治27年)には明治女学院でも講師を務める。1898年(明治31年)5月、女子高等師範学校教授を兼任する。成瀬仁蔵の女子大学創設運動や、1899年(明治32年)に高等女学校令、私立学校令がそれぞれ公布されて法整備が整い、女子教育への機運が高まると、1900年(明治33年)に官職を辞する。父の仙やアリス・ベーコン、大山、瓜生、桜井彦一郎らの協力者の助けを得て、同年7月に「女子英学塾」(現在の津田塾大学)の設立願を東京府知事に提出。認可を受けると東京麹町区に開校し、塾長となる。

旧友の再会
左から、梅子、ベーコン、瓜生、大山

華族平民の別のない女子教育を志向して、一般女子の教育を始める。それまでの行儀作法の延長の女子教育と違い、進歩的で自由なレベルの高い授業が評判となる(ただし、当初はあまりの厳しさから脱落者が相次いだという)。独自の教育方針を妨害されず貫き通すため、資金援助は極めて小規模にとどめられ、梅子やベーコンらの友人ははじめ無報酬で奉仕していたものの、学生や教師の増加、拡張のための土地・建物の購入費など経営は厳しかったと言われる。1903年(明治36年)には専門学校令が公布され、塾の基盤が整うと申請して塾を社団法人とする。

梅子は塾の創業期に健康を損ない、塾経営の基礎が整うと1919年(大正8年)1月に塾長を辞任する。鎌倉の別荘で長期の闘病後、1929年(昭和4年)に64歳で死去する。生涯独身を貫いた。津田英学塾の校舎は後に戦災で失われ、津田塾大学として正式に落成・開校したのは没後19年目の1948年(昭和23年)のことである。

日本の女子教育に対する貢献の功績により、1915年(大正4年)には勲六等宝冠章、1928年(昭和3年)には勲五等瑞宝章を受章している。

墓所は、東京都小平市に在る津田塾大学の校内にある。


関連作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

参考文献[編集]

  • 『女の旅―幕末維新から明治期の11人 (中公新書) 』中央公論新社:山本志乃 著(2012年) ISBN-13: 978-4121021557
  • 『新マンガ日本史 45号 津田梅子 [雑誌]』朝日新聞出版;週刊版(2011年)ASIN: B005HJ10N0
  • 『明治の女子留学生―最初に海を渡った五人の少女 (平凡社新書)』平凡社:寺沢龍 著(2009年) ISBN-13: 978-4582854497
  • 『津田梅子とアナ・C・ハーツホン 二組の父娘の物語』双文社出版:亀田帛子 著(2005年)ISBN-13: 978-4881645680
  • 『津田梅子 ひとりの名教師の軌跡』双文社出版:亀田帛子 著(2005年)ISBN-13: 978-4881645635
  • 『津田塾大学100年史』:津田塾大学100年史編纂委員会 編(2003年)
  • 『明治日本の女たち』みすず書房:アリス・ベーコン 著/矢口祐人、砂田恵理加 訳(2003年)
  • 『津田梅子の社会史』 玉川大学出版部:高橋裕子 著(2002年)ISBN-13: 978-4472402753
  • 『津田梅子の娘たち-ひと粒の種子から』ドメス出版:川本静子、亀田帛子、高桑美子 編著(2001年)ISBN-13: 978-4810705355
  • 『津田梅子を支えた人びと』有斐閣:飯野正子、亀田帛子、高橋裕子 編著(2000年)
  • 『津田梅子―六歳でアメリカに留学した女子教育のパイオニア(小学館版学習まんが人物館)』小学館:みやぞえ郁雄、菅谷淳夫 著(1997年)ISBN-13: 978-4092701120
  • 『津田梅子』朝日文芸文庫:大庭みな子 著(1993年)ISBN-13: 978-4022640130
  • 『津田梅子』清水書院:古木宜志子 著(1992年)ISBN-13: 978-4389411169
  • 『Tsuda Umeko and Women's Education in Japan 』Yale University PressBarbara Rose(1992年)ISBN-13: 978-0300051773
  • 『The Attic Letters: Ume Tsuda's Correspondence to Her American Mother』Weatherhill:Yoshiko Furuki, et al.(eds.)(1991年)ISBN-13: 978-0834802445
  • 『津田梅子』朝日新聞社:大庭みな子 著(1990年)ISBN-13: 978-4022561534
  • 『津田梅子文書』改訂版:津田塾大学 編(1984年)
  • 『津田梅子伝』:津田塾同窓会 編(1956年)
  • 『津田英学塾四十年史』:津田英学塾 編(1941年)
  • 『津田梅子遺文』:津田塾大学所蔵
  • 『The Japanese in America』:チャールズ・ランマン 著

系譜[編集]

梅子は生涯結婚はせず、晩年甥にあたる津田眞を養子に迎える。津田眞の娘・あい子と西郷隆盛の曾孫・西郷隆晄の次男として生まれた写真家津田直は祖父・津田眞と養子縁組をし、2000年津田家当主を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 父・津田仙下総佐倉藩の家臣小島氏の出身で、幕臣であった津田家の婿養子となっている。
  2. ^ 帰国直後は、家族と挨拶を交わすのにも難儀したといわれる。
  3. ^ 1885年(明治18年)9月、宮内省御用掛、奏任官に准じ取り扱い。同年11月、華族女学校教授に任じる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]