マニラアサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マニラアサ
Musa textilis - Manila Hemp - desc-flower.jpg
マニラアサ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ショウガ目 Zingiberales
: バショウ科 Musaceae
: バショウ属 Musa
: マニラアサ M. textilis
学名
Musa textilis Née
和名
マニラアサ
英名
Abacá

マニラアサ(マニラ麻、学名:Musa textilis)はバショウ科バショウ属植物。丈夫な繊維が取れるため、繊維作物として経済的に重要である。

名称の「マニラ」は原産地であるフィリピン首都マニラに由来する。分類上はアサの仲間ではないが、繊維が取れることから最も一般的な繊維作物である「アサ」の名がついている。他にアバカ、セブ麻、ダバオ麻とも呼ばれる。

性質[編集]

フィリピン原産で、ボルネオ島スマトラ島にも広く分布する。植物学的には多年草であるが、高さは平均6mに達するためのように見える。これは同属のバナナと同様であり、外見もよく似ている。

葉は楕円形で大きく、基部は状でを包むようになっており(葉鞘)、ここから繊維が取れる。

栽培と利用[編集]

マニラアサの繊維は植物繊維としては最も強靭なものの1つである。またマニラアサはに浮き、太陽光などに対しても非常に高い耐久性を示す。ロープをはじめ、高級な紙(紙幣封筒)、織物などに用いられている。マニラアサは3-8ヶ月ごとに収穫される。生長した個体を残して切り倒し、葉鞘を引き剥がす。残された根からは新しい植物が生長する。

葉鞘からは肉質などを除去し、繊維だけを取り出す。繊維はセルロースリグニンペクチンなどで構成されており、長さは1.5-3.5mである。これをよりあわせるとロープができる。

フィリピンでは1800年代からロープ用に栽培されており、1925年にはフィリピンでの栽培を見たオランダ人によってスマトラ島に大規模なプランテーションが作られ、続いて中央アメリカでも米国農務省の援助で栽培が始まった。英領北ボルネオでは1930年に商業栽培が始まった[1]

参考文献[編集]

  1. ^ "abaca." ブリタニカ百科事典. 22 January 2007