彩雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
彩雲
飛行機雲の一部が彩雲となっている例

彩雲(さいうん)は、太陽の近くを通りかかったが、緑や赤に彩られる現象である。英語ではiridescent cloudsと呼ぶ。

瑞雲(ずいうん)慶雲(けいうん)景雲(けいうん)紫雲(しうん)などともいう。

概要[編集]

昔から瑞相と一つであるとされ、これが現れることは吉兆とされるが、実際はありふれた気象現象である。

この現象は、日光が雲に含まれる水滴で回折し、その度合いが光の波長によって違うために生ずるもので、大気光象の1つである。巻積雲高積雲、風で千切られた積雲などに見えることが多い[1]

日の高い季節の昼間に太陽の下方に現れるやや上に反った水平な虹色の弧が彩雲として参照されることも多いが、これは「環水平アーク」と呼ばれる現象で、雲の中の氷晶により見られるものである。

尚、彩雲は環水平アークと共に、いわゆる“地震雲”として例に挙げられることもあるが、地震の発生メカニズムと関連があるとの明確な科学的根拠はない。

文化との関わり[編集]

彩雲は景雲や慶雲、また瑞雲などとも呼ばれ、仏教などにおいては「日暈」などとともに、寺院の落慶入仏開眼法要などには「五色の彩雲」等と呼ばれる、仏教的に重要な際によく発生する現象として認識されていた。また、西方極楽浄土から阿弥陀如来が菩薩を随えて、五色の雲に載ってやってくる来迎図などにも描かれており、瑞相の一つとしても捉えられていた。

実際には上述の「環水平アーク」同様、特定の気象条件や大気の状態により発生する、それほど珍しくない大気現象であるが、それ故に特定の事象、行事と結びつけて認識されることが多々あったと考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ 水-小滴/彩雲(英語) Atmospheric Optics.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]