キリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キリ
キリ
キリ(愛媛県広見町、2004年5月8日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類I Euasterids I
: シソ目 Lamiales
: キリ科 Paulowniaceae
: キリ属 Paulownia
: キリ P. tomentosa
学名
Paulownia tomentosa
(Thunb.) Steud. (1841)
英名
Empress tree, Princess tree, Foxglove tree
変種
  • P. t. var. tomentosa
  • P. t. var. tsinlingensis

キリ(桐、学名: Paulownia tomentosa)は、ゴマノハグサ科(あるいはノウゼンカズラ科、独立のキリ科 Paulowniaceae とする意見もある)キリ属落葉広葉樹漢語の別名として白桐、泡桐、榮。

属名はシーボルトアンナ・パヴロヴナ献名したもの。

形態・生態[編集]

高さは10mほどで、初夏の頃に円錐花序に淡い紫色状のをつける。も特徴的であり、広卵形の大きな葉をつける。

翼(よく)のついた小さい種子は風でよく撒布され、発芽率が高く成長が早いため、随所に野生化した個体が見られる。

分布[編集]

原産地は中国とされ、日本では北海道南部以南において植栽される。中でも福島県の会津桐、岩手県の南部桐が有名である。

人間との関わり[編集]

キリは古くから良質の木材として重宝されており、下駄箪笥(こと)、神楽面の材料となる。また、伝統的に神聖な木とみなされ、家紋紋章の意匠に取り入れられてきた。

木材[編集]

キリは日本国内でとれる木材としては最も軽い。また、湿気を通さず、割れや狂いが少ないという特徴があり、高級木材として重宝されてきた。日本では箏や箱、家具、特に箪笥の材料として用いられることが多く、桐箪笥といえば高級家具の代名詞である。かつて日本では女の子が生まれるとキリを植え、結婚する際にはそのキリで箪笥を作り嫁入り道具にするという風習もあった。キリは成長が早いためこのようなことが可能なのである。

またキリは発火しづらいという特徴もあるため、金庫などの内側にも用いられる。日本各地で植栽されていたが、需要の高まりや産業構造の変化により北米南米、中国、東南アジアから輸入されることも多い。

桐花紋[編集]

五七桐花紋

日本には白桐をもとに意匠化された家紋がいくつかある。それらを総称して桐紋もしくは桐花紋というが、中でも五七の桐と呼ばれるスタイルが有名である。

古くから桐は鳳凰の止まる木として神聖視されており[1]、日本でも嵯峨天皇の頃から天皇の衣類の刺繍や染め抜きに用いられるなど、「菊の御紋」に次ぐ高貴な紋章とされた。また中世以降は天下人たる武家が望んだ家紋としても有名で、足利尊氏豊臣秀吉などもこれを天皇から賜っている。このため五七桐は「政権担当者の紋章」という認識が定着することになった。

近代以降も五七桐は「日本国政府の紋章」として大礼服勲章桐花章旭日章瑞宝章)の意匠に取り入れられたり、菊花紋に準じる国章としてビサやパスポートなどの書類や金貨の装飾に使われたり、「内閣総理大臣の紋章」として官邸の備品や総理の演台に取付けられるプレートに使われている。過去に存在した国鉄の紋章も桐紋に蒸気機関車の動輪を組み合わせたものだった。

また、皇宮警察本部法務省では「五三桐」が紋章として使われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし中国本来の伝説では鳳凰の止まる木はアオギリ:梧桐)という、キリ(中:泡桐)とはまったく異なる樹木である。

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2001年、374-375頁。ISBN 4-635-07005-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]