ナンヨウアブラギリ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナンヨウアブラギリ属
Jatropha.jpg
サンゴアブラギリ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: トウダイグサ目 Euphorbiales
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
: ナンヨウアブラギリ属 Jatropha
学名
Jatropha
L. (1753)

ナンヨウアブラギリ属(学名Jatropha)はトウダイグサ科の植物の属。学名からヤトロファ(ジャトロファ)属とも呼ばれる。中央アメリカ・西インド諸島周辺を原産地とする木本または多肉植物、約170種からなる。世界の熱帯で観賞用などに栽培され野生化しているものもあるが、毒性がある。

花弁が各5個ある単性花で、集散花序につく。は常緑または落葉性の単葉で深く裂けるものもある。

おもな種[編集]

  • ナンヨウアブラギリ(タイワンアブラギリ:Jatropha curcas):種子から油を採るため栽培され、バイオディーゼル原料として注目されている。単にヤトロファ(ジャトロファ)と呼ぶこともある。
  • テイキンザクラJatropha integerrima):花が紅色で大きく美しいので観賞用に栽培される。
  • サンゴアブラギリ(イモサンゴ、トックリアブラギリ:Jatropha podagrica):茎の下部が徳利状に膨れる多肉植物で、花柄は赤く多数分枝しサンゴを思わせる。観賞用に栽培される。