カール・ツンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carl Peter Thunberg,
porträtt av Krafft d.y. 1808

カール・ツンベルクCarl Peter Thunberg, 1743年11月11日 - 1828年8月8日)は、スウェーデン植物学者、医学者。出島の三学者の1人に数えられ、日本植物学の基礎をつくる。

姓の日本語での表記[編集]

日本語での姓の表記は、ツンベルク[1]ツンベルグ[2][3]ツンベリ[3]ツンベリー[4]トインベルゲ[5]ツーンベリツュンベリー[2]ツューンベリ[2]チュンベリーツェンベリートゥーンベルイなどがあり一定しない。スウェーデン語に近い発音表記は、トゥーンベリ[3][1]である(名前の中の、hはこの当時の名前では発音しないのが一般的である)。

生涯・人物[編集]

『日本植物誌』("Flora Japonica")

1743年11月11日、スウェーデンのイェンシェーピンに生まれる。 ウプサラ大学カール・フォン・リンネに師事して植物学、医学を修めた。フランス留学を経て、1771年オランダ東インド会社に入社し、ケープタウンセイロンジャワを経て、1775年安永4年)8月にオランダ商館医師として出島に赴任した。翌1776年4月、商館長に従って江戸参府を果たし徳川家治に謁見した。

ツンベルクは、わずかな江戸滞在期間中に、吉雄耕牛桂川甫周中川淳庵らの蘭学者を指導した。1776年、在日1年で出島を去り帰国し、1781年ウプサラ大学の学長に就任した。

在日中に箱根町を中心に採集した植物800余種の標本は今もウプサラ大学に保存されている。

著書[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『岩波生物学辞典』
  2. ^ a b c 『生物学名概論』平嶋義宏
  3. ^ a b c 『日本史広辞典』(山川出版社)
  4. ^ 風雲児たちみなもと太郎(新版リイド社
  5. ^ 『野叟独語』杉田玄白

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]