エイサ・グレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エイサ・グレイ
エイサ・グレイ
人物情報
生誕 1810年11月18日
死没 1888年1月30日
国籍 アメリカ合衆国
学問
研究分野 植物学
テンプレートを表示

エイサ・グレイAsa Gray 1810年11月18日 - 1888年1月30日)はアメリカ合衆国植物学者。19世紀のアメリカで最も重要な植物学者と考えられている。アサ・グレイと表記されることもある。

北アメリカの植物分類学の知識を統一するのに尽力した。植物学に関するグレイの多くの研究のうち、もっとも有名なものは『北アメリカの植物学マニュアル』である。この本は「グレイのマニュアル」として知られており、幾度もの改訂とアイザック・スピローグのイラストを加えて、現在でもこの分野のスタンダードである。

生涯[編集]

ニューヨーク生まれ。1831年に医学博士を取得したが、植物学のために医学を捨て、1842年にハーバード大学自然史教授に任命された。1873年に退職するまで彼が住んだ建物は現在エイサ・グレイハウスとして知られている。彼は多くの本と植物コレクションを大学に寄贈し、ハーバードに植物学科を創設した。グレイ・ハーバリウム(グレイ植物標本館)は彼の名にちなんでいる。

彼は植物学者ジョン・トーリーの弟子であり、二人は協力して研究を行った。彼らは共同で『北アメリカの植物相』を発表した。これはグレイの初めての公刊物となった。

グレイはチャールズ・ダーウィンとの文通で多くの情報を提供し、彼の進化理論の発展を助けた。グレイの友情と「最高の支持」はダーウィンによって称賛された。またグレイはデザインが全ての生命に備わっているということをダーウィンに納得させ、信仰を取り戻そうと試みた。にもかかわらず、グレイはアメリカでダーウィンの忠実な支持者であり、著作を集めた影響力のある本『ダーウィニア』を出版した。その中で、当時の多くの人がダーウィン主義的な生物の進化とプロテスタントの正統的な教義が相容れないと考えていたときに、それらを結び付けようと試みた。また著名なダーウィン批判者であったルイ・アガシーとも議論を行っている。

1984年にアメリカ植物分類学会は最高位の章としてエイサ・グレイ賞を創設した。ストーニブルック校には彼の名を冠した住居が残されている。Grayanotoxinはグレイの名にちなんで命名された。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、エイサ・グレイに関するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズには、エイサ・グレイに関する情報があります。