植物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

植物学(しょくぶつがく、: botany[1])は、植物を対象とする生物学の一分野。自然史学の一部門に由来する。古くは生物動物と植物に分けることが一般的であり、生物学が誕生する以前から動物学と植物学は存在していた。

概要[編集]

植物形態学植物発生学植物生理学植物地理学植物生態学などの諸分野がある。また、対象とする生物ごとに、シダ学コケ類学藻類学樹木学などと分けることもある。農学林学園芸学草地学との関わりも深い。

リンネ二名法以降、分類学的な研究が発展し、メンデルの法則以降は遺伝学による育種学も行われてきた。

現在ではシロイヌナズナイネタバコモデル植物とした研究が盛んに行われている。分子生物学の発展などに伴って、古典的な植物学から脱却したというニュアンスをこめて植物科学(しょくぶつかがく)と呼ぶこともある。

解剖学・細胞学・組織学[編集]

最初に発見された細胞コルクであったように、植物細胞は細胞壁を持つため、その組織は観察がたやすい。顕微鏡の使用が行われるようになってすぐに細胞が発見されると、組織学的研究が進んだ。細胞説も植物に関してが一歩先んじている。ただし、それ以降の進歩は早いとは言えない。一つには、動物のような生体解剖が植物では難しいことがある。動物では体内に各種器官があり、区別して取り出せるが、植物ではそれぞれが細胞単位で機能しており、しかも互いに密着している。したがって、そのレベルでの植物の機能については単純な機構を想定しての推測になる面が多かった。この分野では、現在も基本的な部分で進行中である。

生理学[編集]

植物が餌も採らずに生長することについては、ヘルモント(1648年)がヤナギの生長とその間の土の損失を測定した実験等、古くから探求が行われた。様々な光合成にかかわる条件やその影響の出方から、20世紀初頭には明反応暗反応の存在が予想されるに至るが、しかし、その機構についての具体的な発展は呼吸経路の解明以降になる。

また、個体レベルの生理学では、成長の調節や傾性・屈性の研究から、植物ホルモンの発見などが挙げられる。

遺伝学[編集]

遺伝学は、メンデルエンドウを使って法則を明らかにしたことで発展が始まったが、それ以前から遺伝学の実験には植物がよく使われた。人間が飼育栽培する生物の中では、植物の方が寿命が短く管理しやすいものが多かったためであろう。しかし、ショウジョウバエアカパンカビなどがモデル生物として使われるようになってからは、最前線での利用は減少した。

植物地理学・生態学[編集]

植物地理学は、世界の様々な地域での植物相の分布を論じるが、植物相はその地域の相観を決める重要な要素である。したがって、地理学と強固に結びつき、気候帯の区分などに向かった。また、各地における様々な植物群落の組成を調べる研究は植物社会学といわれる植物に関する群集生態学へ発展した。他方で、そのような植物群集の移り変わりから、遷移の理論が発展した。さらに、それに動物群集をまとめて考えることで生態系の概念が生まれた。これらは生態学の重要な部分を占める。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省日本植物学会編 『学術用語集 植物学編』 丸善1990年、増訂版。ISBN 4-621-03376-X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]