アマドコロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アマドコロ
Polygonatum odoratum
Polygonatum odoratum
(2005年5月11日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: キジカクシ科 Asparagaceae
: アマドコロ連 Polygonatae
: アマドコロ属 Polygonatum
: アマドコロ P. odoratum
学名
Polygonatum odoratum (Mill.) Druce[1]
英名
Solomon's Seal
変種
  • オオアマドコロ P. o. var. maximowiczii
  • ウスバアマドコロ P. o. var. odoratum
  • アマドコロ P. o. var. pluriflorum
  • ヤマアマドコロ P. o. var. thunbergii

アマドコロ(甘野老、学名: Polygonatum odoratum)は、クサスギカズラ科(キジカクシ科)アマドコロ属多年草。狭義にはその一変種 P. o. var. pluriflorum を指す[2]

形態・生態[編集]

同属のナルコユリ (Polygonatum falcatum) とよく似ている。

には6本の稜があり、触ると少し角張った感じがする(ナルコユリの茎は丸い)。

は普通の緑のものと斑入りのものがある。

期は。花は形で色は白く、先の方は緑がかっている。花と花柄のつなぎ目は、突起状にならない(ナルコユリは緑色の突起状になる)。

分布[編集]

ヨーロッパ東アジアに分布する[3]山地などに自生するが、栽培されることも多い。

人間との関わり[編集]

茎や根茎には甘みがあり、山菜として食用にされる。根茎は特に晩秋が旬とされ、天ぷらにすると美味とされる[4]

根茎を乾燥させたものは玉竹(ぎょくちく)または萎蕤(いずい)という生薬であり、滋養強壮に効果があるとされる。民間薬的なものであり、伝統的な漢方方剤ではあまり使われないし、日本薬局方にも収録されていない。

アマドコロ属[編集]

アマドコロ属(アマドコロぞく、学名: Polygonatum)は、クサスギカズラ科(キジカクシ科)のの一つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Polygonatum odoratum”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年5月3日閲覧。
  2. ^ NPO法人野生生物調査協会; NPO法人Envision環境保全事務所. “アマドコロ”. 日本のレッドデータ検索システム. 2012年8月15日閲覧。
  3. ^ Polygonatum odoratum (Mill.) Druce”. Germplasm Resources Information Network (GRIN) online database. 2012年8月15日閲覧。 (英語)
  4. ^ 本山荻舟 『飲食事典』 平凡社1958年、13頁。全国書誌番号:59001337

参考文献[編集]

  • 平野隆久写真 『野に咲く花 : 写真検索』 林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、80頁。ISBN 978-4-635-07019-5
  • 永田芳男写真 『山に咲く花 : 写真検索』 畔上能力編・解説、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、146頁。ISBN 978-4-635-07021-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]