フライ (料理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フライ (Fry) とは、英語deep fryを指し[1]、おもに魚貝類野菜などの食材卵白パン粉をつけて、多量の食用油揚げた料理。またはその調理法。第二次世界大戦中の日本では、「洋天」(ようてん)と言い換えられていた。

概要[編集]

日本のフライ料理は英語deep fry に相当する[2]。同じ揚げる調理法でも、食材が野菜魚貝類の場合にはフライと呼び、豚肉鶏肉牛肉などの場合はカツと呼び分けるのが普通である。ただし、スコッチエッグフライなど、肉料理の中にもフライと呼ばれるものがある。

豚カツを代表とする「カツ」の調理法と同様であり、魚のフライを「魚カツ」・「フィッシュカツ」と呼ぶ店もあるなど、関連性が見られる。

「ソフトクリームフライ」は、ソフトクリームを油で揚げたもので、衣が断熱材の役割を果たすため外側は熱々に揚がっても中はソフトクリーム本来の冷たさを保っている。同じく溶けやすい材料を揚げたディープバターフライがあるdeep fried butter - YouTube

ほかに、文化フライと称する練った小麦粉を使った料理がある。

現在も営業している銀座の老舗西洋料理店「煉瓦亭」は、ポークカツレツの開発と成功に味をしめた店主の試行錯誤により、カキフライエビフライなどを誕生させている。成功しなかったもののカニやタイラガイなども俎上に上げられたという[3]

フライ料理のバリエーション[編集]

別料理[編集]

埼玉県などで食べられるフライは、鉄板焼く料理であり、揚げる事は無い。

注釈[編集]

  1. ^ 英語での fry は、Fried egg目玉焼き)のように少なめの油で調理する、日本語での炒める焼く調理法(またはそれで作られた料理)に相当。fry - Weblio 英和辞典
  2. ^ アメリカ英語の名詞で単にfryfriesと言えば、フレンチフライの略称になる。詳細は「揚げる」の項を参照。
  3. ^ 菊地武顕「あのメニューが生まれた店」29ページ 平凡社