ハシリドコロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハシリドコロ
 Scopolia japonica-03.jpg
ハシリドコロ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナス目 Solanales
: ナス科 Solanaceae
: ハシリドコロ属 Scopolia
: ハシリドコロ S. japonica
学名
Scopolia japonica Maxim.
和名
ハシリドコロ

ハシリドコロ(走野老、莨菪、Scopolia japonica)は、ナス科ハシリドコロ属草本。別名、キチガイイモキチガイナスビオニヒルグサヤ

特徴[編集]

日本本州から四国九州にかけて分布する多年草。山間の日陰などの湿った木陰に群生する。早春にに包まれた新芽を出し、全長は40 - 50 cm程度に成長する。花期は4月から5月。釣鐘状の暗紫紅色の花を咲かせる。夏先には休眠状態に入るため枯れる。夏から冬までは見ることができない典型的な春植物である。

和名は、食べると錯乱して走り回ること、また、根茎トコロ(野老)に似ていることから付けられた。

毒性と薬理作用[編集]

ロートコン

アルカロイド類のトロパンアルカロイドを主な毒成分とする有毒植物で、全草に毒があり根茎とが特に毒性が強い。中毒症状は、嘔吐、下痢、血便、瞳孔散大、目まい、幻覚、異常興奮などを起こし、最悪の場合には死に至る。これは、同じナス科のベラドンナなどと同様の症状である。ハシリドコロのトロパンアルカロイドの成分は、l-ヒヨスチアミンやそのラセミ体であるアトロピンdl-ヒヨスチアミン)、他にノルヒヨスチアミンl-スコポラミンなどが含まれる。これらの物質は副交感神経を麻痺させるため、先述のような症状がおこるのである。

薬理作用[編集]

日本では、江戸時代フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが薬効に気付いたのが契機となり、以降ベラドンナの代用品として用いられている。中国では「東莨菪(とうろうとう)」と呼んでいる(「莨菪」はヒヨス変種シナヒヨス Hyoscyamus niger var. chinensis を指す)。

専門家が所定の用法・用量で使用すれば有用であり、成分の強い根茎と根はロートコン(莨菪根、Scopoliae Rhizoma)という薬品として日本薬局方にも収められている。ロートコンに含まれるアトロピンは硫酸アトロピンの原料になり、ロートコンの成分を水またはエタノールに浸出させたものはロートエキスと呼ばれる。

なおロート製薬胃腸薬「パンシロン」シリーズにもロートエキスを含む製品があり、これが同社の社名の由来になっているという俗説がある。しかし実際は目薬の処方を手がけた当時の眼科医界の権威・井上豊太郎ドイツ留学時代の師であるミュンヘン大学教授アウグスト・フォン・ロートムントの名前にちなむものであり、ロートコンがロート製薬の社名の由来という訳ではない。

間違えやすい山菜[編集]

早春に土から顔を出す新芽はハンゴンソウフキノトウオオバギボウシと間違える事があり[1]、葉は青々として食べられそうに見えるため誤食されやすい。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

参考書籍[編集]

  • 原色牧野和漢薬草大図鑑 旧版監修:三橋博、編集:和田浩志・寺林進・近藤健児、北隆館、ISBN 483260810X
  • 新装版山渓フィールドブックス (14) 山菜 木原浩、山と渓谷社ISBN 4635060713

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 間違えやすい有毒植物 長野市食品衛生係