血便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
血便
分類及び外部参照情報
ICD-9 578.1
DiseasesDB 19317
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

血便(けつべん)(hematochezia)とは、自己の血液の付着や混入した便の事を指す。

解説[編集]

一般的には血便とは赤色〜赤褐色の便であるが、その原因のほとんどは下部消化管出血による。裂肛などの肛門周囲病変での出血は、便の表面に血液が付着するもので、便と血液が混じり合っていないことで判断される。

血便をきたす疾患は重大なものが多く、医療機関への受診が強く要請される端緒である。

上部消化管、下部消化管の口側よりで出血し、消化(化学的修飾)された血液は黒色を呈し、黒色便(メレナ: melena)、粘液を伴えば粘血便、膿と粘液を伴えば膿粘血便と呼ばれる。

血便をきたす主な疾患[編集]

消化器系[編集]

血液系[編集]

感染症[編集]

関連事項[編集]