大腸内視鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大腸内視鏡(だいちょうないしきょう)は、肛門より挿入し、直腸から結腸もしくは回腸末端にかけて、診断・治療を行う器具としての内視鏡、もしくは手技のこと。英語では器具は"colonoscope", 手技は"colonoscopy"と綴りが異なるが、日本では同じ語句を用いることが一般的である。

歴史[編集]

大腸内視鏡の歴史は3つの段階に分けられる。第1段階は機器の開発である。開発者は東大の丹羽、弘前大の松永、東北大の山形である。

第2段階は挿入法の開発である。弘前大の田島が世界で初めて盲腸まで挿入する方法を確立した。今日、多くの専門家が田島を開発者と認識している。その後、ドイツのデイレ、アメリカの新谷によりSDJでループを解除するという方法が開発され、これが今日の標準的手技となっている。

第3段階は治療=ポリペクトミーの開発である。1968年、東大の丹羽、常岡により高周波スネアーが開発され、胃のポリペクトミーが成功した。そして1969年オリンパスの一人の社員を通じてスネアーがアメリカの新谷に渡り大腸ポリペクトミーが成功した。1968年になぜ、日本で大腸ポリペクトミーがおこなわれなかったのかには、いくつかの理由があるが、1968年の東大紛争による研究の中断と、当時の日本では大腸癌が多くなく重視されなかった事情の2点が大きいといえる。いずれにせよ、「切るだけで縫合しない」大腸ポリペクトミーが手術として「完成」したのは1970年代以降に内視鏡による縫合技術(クリップ)が林、蜂巣により開発されてからである[1][2]

内視鏡の種類[編集]

  • ファイバー内視鏡
日本においては光ファイバースコープが以前は主流であったが、画質・機能・弯曲性能が電子スコープに劣るため、次第に市場から消えつつある。日本以外では依然として用いることがある。
  • 電子スコープ
CCDを先端にとりつけた内視鏡。現在発売されているのはこれらが主流である。
小腸内視鏡は製品化されているが、大腸はバッテリーの持続時間の問題などがあり、開発段階である。
  • 仮想内視鏡
正確には内視鏡検査ではないが、CTを用いて、腸管内腔を3次元再構成し、粘膜面の凹凸の評価を行う検査。術後や子宮内膜症クラミジア感染などにより、腸管の癒着がひどく、電子スコープ内視鏡検査が困難な例などでは有用とされる。ただし出血や色調の評価、生検などはできないため、内視鏡検査の代わりとは成り得ない。CTコロノグラフィーは、大腸内視鏡と比較して、6mm以上の病変に関する感度85.3%、特異度87.8%であり、やむを得ない場合の内視鏡の代替手段と考えられている[3]
仮想内視鏡は気管支副鼻腔でも行われる。

検査の対象[編集]

症状[編集]

  • 血便・黒色便
  • 長引く下痢
  • 便潜血陽性
  • 突然発症の便秘
  • 便柱狭小化 ( = 排泄された便の径が細くなる)
  • 腹痛
  • 腹部の腫瘤 (一般的にはエコーCT、血液検査など前処置の不要な検査を行った後に行われる。)
  • 腸閉塞

疾患[編集]

検査[編集]

前処置[編集]

検査前の準備は二つ、1.被検査者自宅での準備と2.病院での準備であり、いずれも大腸内部をきれいにして、検査を確実にできるようにするためである。

  1. 検査前日は、食物繊維含有量を少なくした検査用食事(朝昼夕3食)と夜8時頃下剤服用。水分は多めに摂る。
  2. 当日は、水分の摂取を控え朝食も摂らず診察に臨み、液体または錠剤の経口腸管洗浄剤を服用する。
    液体の腸管洗浄薬の場合、1時間当たり1リットル。2時間で2リットル程度を内服する。
    錠剤の場合、水と共に約10錠ずつ合計50錠程度のリン酸ナトリウム錠剤の下剤(商品名ビジクリア(ゼリア新薬販売))を内服する。ただビジクリアはセルロース残渣が多いという問題がある。この残渣対策としてベリチームの処方が検討されつつある[4]
  3. 何れも、排便に、便粕がなくなり、黄色で透明な液体になったときに検査実施可となる。
※検査直前には、疼痛を和らげるためドルミカムオピスタンを、腸管の運動を抑制するためにブスコパンまたはグルカゴンを投与することが、施設によっては行われている(Wikipedia英語版によると欧米ではフェンタニルも使われることがある。日本では呼吸抑制が強いため使用されていない。ミダゾラムは1 - 4mgと記載されており、日本と同様である)。
※日本ではドルミカムは成人男性で3.5 - 4mgをボーラス投与する施設が多い(保険適用外)。女性や小柄な体格では、その50%~70%へ減量する。オピスタンは、12~35mgを体格にあわせ用いる施設が多い(地域によっては保険適応となる)。両者を単独または併用する。
※検査中止の場合、前日夜に服用した下剤による排便の有無を確認し、「消化管の閉塞、またはその疑いのある者、および重症の硬結便」が想定される場合、腸管洗浄薬の服用による腸管内圧上昇による腸管穿孔などを起こす恐れがあるため検査は行わない。

内視鏡の把持[編集]

検査実施可となったら患者は検査衣と検査用下着に着替える。検査用下着は紙製のデスポーザブルのもので、肛門部にスリットが開いている。こうすることで患者の緊張感と羞恥心の緩和を図っている。

大腸内視鏡検査用パンツ.JPG

患者は一般的に背中を医師に向け、左側臥位となる。医師は内視鏡をアングルを含む操作部を左手に把持し、CCD、チャンネルを含むスコープ先端を右手に把持する。左手はガンシューティングスタイルでアングルを縦に把持し、アーレンキーのようにスコープを回転できるようにする(アングルを水平に把持するとアングルとスコープの連結部が曲がるばかりで、アーレンキーのようにスコープ先端側が回転しない)。

スコープの滑りを良くするため、キシロカインゼリーが、旧来はスコープ側面に塗布されてきた。リスクマネジメントの観点から、現在はリドカイン総投与量を減らすため、リドカイン非含有ゼリーの使用が推奨されている。K-Y (ジョンソンエンドジョンソン製) やスループロゼリー (カイゲン販売) 、エンドルブリ (オリンパス製、カインゼロゼリー (富士フイルムメディカル販売) ) など各社から内視鏡製品関連の多くの会社から発売されている。またリドカイン非含有潤滑剤の使用は、泌尿器科での膀胱鏡・尿道カテーテルや放射線科での注腸X線検査など他の医学領域でもすすめられている。

挿入法[編集]

大腸は、上部消化管と異なり、直腸-RS-S状結腸-Sigmoid-descending colon junction(SDJ)-下行結腸-脾彎曲部(SF)-横行結腸-肝彎曲部(HF)-上行結腸と生理的な屈曲が4箇所ある(上部消化管では胃角十二指腸角のみ)。またS状結腸と横行結腸は自由に形状をかえるため、スコープを挿入方向に押し込んでも、中間部でたわんでしまうことがあり、上部消化管内視鏡のように、単純に押し込むことでは深部へは挿入できない。そのため挿入技術に関しては種々の技法があり、解説した書籍もある。

かつてはスコープ操作とアングル操作を分担した二人法も行われていたが、現在は一人法が主流である。また従来はX線透視を用いてスコープ形状を確認していたが、現在はX線を用いずに挿入する技術が普及している(無透視一人法)。

無透視一人法ではスコープの挿入方向と左右トルクのコントロールを右手で行うが、右手を放すと腸管がスコープを押し返してしまう。そのため、先進中に右手は腸管に押し負けない程度の力で常時スコープを保持しなくてはならない。右手の位置をずらす際にはシャクトリムシのようにスコープを送る。また左手だけで二つのアングル操作を行わなければならない。 (右 + Up) と (左 + Down) の組み合わせは、二つのアングルをそれぞれ逆方向に回さなくてはならない。 (右:中指 + Up:親指) と (左:親指 + Down:中指) の組み合わせで握りこむように操作すると比較的容易にできる。送気と吸引ボタンは、相反する機能であり、同時に双方を行う必要がないため、人差し指1本で切り替えて行う。詳細は下記リンクのブログを参照。

挿入に際しては

  • ループ解除法…挿入時に一旦ループを形成したとしてもループを解除し、直線化を図る(二木会流など)。
  • 軸保持法…ジグリング、ライトターンショートニングを駆使して腸管を畳込むように短縮を図る。
  • 浸水法…管腔を追うため注水する方法。重力を利用した「水ナビ」とは異なる手法。

などがある。

補助技術としては、圧迫によるスコープコントロール(スコープのたわみを体外からの用手圧迫で補正する)や患者の体位変換などがある。

S状結腸と横行結腸は、固定されていないため腸管の形態が変化する。
S状結腸は、頭側・背側へは進展しやすく腹壁・骨盤側へは伸展しにくい。ひとつにはS状結腸間膜によりS状結腸は、その可動域を制限されるためである[5]。腸間膜起始部へ向かう頭側・背側への動きは、腸間膜が緩むため、S状結腸が自由に動ける。腹壁側・下方へは腸間膜が張るため、S状結腸の動きは制限される。そこでスコープの右回転(右トルクとも呼ばれる)により、伸展しにくい方向へ腸管の形態をコントロールするとよい。ただS状結腸に沿うような適切な角度を与えないとミスマッチを来たすので、回転させるペースには注意を要する。特にSDJが背側からまわりこんでくる大腸過長症例では一旦180度左ターン→引き込み→右ターンといった操作が必要となることがある。
横行結腸は、尾側・臍側へは伸展しやすい。背側に脊椎があるため左半と右半では腸管のコントロールが異なる。横行結腸の短縮には、左半横行結腸では脊椎を乗り越えるため右トルク、右半では脊椎を支点として左トルクを用いるとよりスムーズにスコープを挿入できることが多い。
内視鏡の「たわみ」が大きいほど(「Ω」型・「Λ」型)、たわみの頂点ではターン操作によるモーメントが大きくなる。モーメントが大きくなると腸管は内視鏡に追随する動きをする結果、ループを形成することとなる。「たわみ」の小さい状態(「へ」型)ではモーメントが小さいため、ターン操作によるトルクは腸管からの反作用としてスコープ側面を圧迫し、スコープ先端の推進力へと変換される(スコープは腸管に押し負けて先端は先進しつつ「ー」型になる。)。できるだけ腸管を引き込む操作を行い、「Ω」・「Λ」型を作らず「へ」型にすることがターン操作によるスコープ先進には重要である(この理論はいわゆるライトターン・ショートニングとは原理が異なる)。
体位変換はルーチンで行う施設もあるが、挿入困難例のみで行う施設もあり、一様には用いられていない。
S状結腸での挿入困難例では右側臥位が有用なことがある(RS~SDJが若干伸びて、急な屈曲がとれ、やや真っ直ぐになるため)。
用手圧迫で痛みを訴えるときには、腹臥位でのスコープの圧迫が有用なことがある。
詳細は下記リンクを参照。

観察・処置[編集]

合併症[編集]

  • 脆くなっている大腸の場合、内視鏡による穿孔がごくまれにみられる。
  • ポリープなどを切除した場合に、穿孔したり、出血がとまらないこともまれにみられる。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「消化管内視鏡の歴史を巡る」
  2. ^ 長廻紘(群馬県立がんセンター院長)氏の記事[1]
  3. ^ Regge D et al. Diagnostic accuracy of computed tomographic colonography for the detection of advanced neoplasia in individuals at increased risk of colorectal cancer. JAMA. 2009 Jun 17; 301(23): 2453-61.
  4. ^ 高橋勇一 他、リン酸ナトリウム製剤による大腸内視鏡検査の問題点に関する検討、第26回 秋田県消化器内視鏡技師研究会 平成21年11月15日
  5. ^ RAUBER-KOPSCH人体解剖学
  6. ^ 豊永敬之 他, 大腸腺腫の内視鏡的摘除後の適正なサーベイランス法日本消化器内視鏡学会誌 51(4): 1121-1129, 2009

参考文献[編集]

  • 大腸内視鏡挿入攻略法―「モニター画像」と「手の感覚」から判断する ISBN 9784524240234
  • 腸にやさしい大腸内視鏡挿入法
  • 大腸内視鏡挿入法
  • 図解 挿入法マニュアル―基本と応用のA to Z

関連項目[編集]

外部リンク[編集]