クラミジア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラミジアから転送)
移動: 案内検索
クラミジア科
ChlamydiaTrachomatisEinschlusskörperchen.jpg
Chlamydia trachomatis
分類
ドメイン : 真正細菌 Bacteria
: クラミジア門
Chlamydiae
: クラミジア綱
Chlamydiae
: クラミジア目
Chlamydiales
: クラミジア科
Chlamydiaceae
学名
Chlamydiaceae Rake 1957
下位分類
  • Chlamydia
  • Chlamydophila
    • Chlamydophila abortus
    • Chlamydophila caviae
    • Chlamydophila felis
    • Chlamydophila pecorum
    • Chlamydophila pneumoniae
    • Chlamydophila psittaci

クラミジア科 (Chlamydiaceae) とは、グラム陰性偏性細胞内寄生性真正細菌の1科である。2属9種を含む。

代表的なクラミジアとしては、以下の4種類がある。何れもかつてはクラミジア属に含まれたが、1999年に分類の大幅な変更がなされ、Chlamydia trachomatisを除いて1999年にChlamydophila psittaciをタイプ種とする近縁のクラミドフィラ属 (Chlamydophila) に移された。一般的にはこれらもクラミジアと呼ばれる。

種類 感染する動物
Chlamydia trachomatis 人間
Chlamydophila pecorum ウシヒツジ
Chlamydophila psittaci 人間鳥類
Chlamydophila pneumoniae 人間

医療[編集]

人間の場合、Chlamydia trachomatisクラミジア・トラコマチス)はトラコーマ性器クラミジア感染症鼠径リンパ肉芽腫Chlamydophila (Chlamydia) psittaciオウム病Chlamydophila (Chlamydia) pneumoniaeクラミジア肺炎非定型肺炎のひとつ)、気管支炎の原因となる。

細胞壁にペプチドグリカンがないため、ペニシリン系・セフェム系のβラクタム抗生物質は無効であり、マクロライド系・テトラサイクリン系・ニューキノロン系といった抗菌剤が治療には用いられる。女性のクラミジア感染が蔓延しつつあり、不妊症の原因となる骨盤腔内の感染が問題となりつつある。また不特定多数との性交渉によりキャッチボールと呼ばれる感染パターンのため男性も危険に曝されている。クラミジア感染は、同時にHPV→子宮頸癌、B型肝炎肝硬変肝癌エイズの同時感染という問題もはらんでいる。

淋菌やクラミジアなどによって引き起こされる肝周囲炎はフィッツ・ヒュー・カーティス症候群と呼ばれる。

ヒトにおける処方例

参考文献[編集]

  • Everett, K. D., Bush, R. M., Andersen, A. A. (1999). “Emended description of the order Chlamydiales, proposal of Parachlamydiaceae fam. nov. and Simkaniaceae fam. nov., each containing one monotypic genus, revised taxonomy of the family Chlamydiaceae, including a new genus and five new species, and standards for the identification of organisms”. Int. J. Syst. Bacteriol. 49: 415–440.