脊椎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
骨: 脊椎
Gray 111 - Vertebral column-coloured.png
脊椎の部位
名称
日本語 脊椎
英語 Vertebrae
構成要素 椎骨頸椎(7椎、稀に8椎)、胸椎(12椎)、腰椎(5椎)、仙椎(5椎)、尾椎
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
関連情報
MeSH Spine
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

脊椎(せきつい)は一般的に背骨といわれている部分を指す。動物の身体を重力から支える役割を持っている。動物を脊椎の有無によってヒトを含む脊椎動物無脊椎動物に分けることは古くから行われてきたが、実際には脊椎を持つ脊椎動物は動物全体の中の一つの亜門にすぎない。

ヒトの脊椎骨[編集]

ヒトの脊椎骨は、頭蓋骨後頭骨にある大後頭孔より下降し、骨盤に至る。脊椎は、頸椎(cervical、7椎、まれに8椎)、胸椎(thoracic、12椎)、腰椎(lumbar、5椎)、仙椎(sacral、5椎)および尾椎(coccygeal、3-6椎)の約30個の椎骨から形成されている。骨と骨は関節でつながっており、その間にはクッションの役割をする椎間板がある。

脊椎の彎曲[編集]

成長とともに脊椎は彎曲し始め、頸椎が前彎、胸椎が後彎、腰椎が前彎し成人のようなS字状のカーブを描くようになる。これは、直立二足歩行に必要なバランスをとるために必要となる(生理的彎曲)。

脊椎の異常[編集]

ヒト以外の脊椎骨[編集]

画像[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 脊柱 - 慶應医学部解剖学教室 船戸和弥