エボラ出血熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エボラ出血熱
分類及び外部参照情報
エボラ出血熱の感染者 (Mayinga N'Seka) と彼女を見守る2人の看護師 (1976)。撮影の数日後、患者は重篤な内出血で死亡した。
ICD-10 A98.4
ICD-9 065.8
DiseasesDB 18043
MedlinePlus 001339
eMedicine med/626
MeSH D019142
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、: Ebola hemorrhagic fever[† 1][† 2] ; EHF)、または エボラウイルス病(エボラウイルスびょう、: Ebola virus disease[† 3] ; EVD)[† 4]は、フィロウイルス科エボラウイルス属ウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症出血熱の一つ。ヒトにも感染し、50-80%という死亡率を持つ種類も存在する。人類が発見したウイルスの内で最も危険なウイルスの1つである。

「エボラ」(: Ebola/Ébola)の名は、発病者が出た地域に流れるエボラ川から命名された。

概要[編集]

エボラウイルスは大きさが80 - 800nmの細長いRNAウイルスであり、ひも状、U字型、ぜんまい型など形は決まっておらず多種多様である。

初めてこのウイルスが発見されたのは1976年6月。スーダン(現:南スーダン)のヌザラ (Nzara) という町で、倉庫番を仕事にしている男性が急に39度の高熱と頭や腹部の痛みを感じて入院、その後消化器から激しく出血して死亡した。その後、その男性の近くにいた2人も同様に発症して、それを発端に血液や医療器具を通して感染が広がった。最終的にヌザラでの被害は、感染者数284人、死亡者数151人と言うものだった。

そして、この最初の男性の出身地付近である、当時のザイールエボラ川からこのウイルスの名前はエボラウイルスと名づけられ、病気もエボラ出血熱と名づけられた。その後エボラ出血熱はアフリカ大陸で10回、突発的に発生・流行し、感染したときの致死率は50 - 90%と非常に高い。

他にもイギリスでも感染患者が確認されておりロンドン郊外のカンタベリーにおいて34歳女性が感染者として病院に搬送されたとされている [1]

体細胞の構成要素であるタンパク質を分解することでほぼ最悪と言える毒性を発揮する。カナダ保健省のサイトでは体内に数個のエボラウイルスエアロゾルが侵入しただけでも発症するとしているが、その根拠とする文献では、エボラウイルスの感染法について明確な記述はない[2]。そのため、エボラウイルスはWHOのリスクグループ4の病原体に指定されており、バイオセーフティーレベルは最高度の4が要求される[3]

原因[編集]

エボラウイルスのビリオン電子顕微鏡
エボラウイルスのライフサイクル

アフリカ中央部(スーダンコンゴ民主共和国コンゴ共和国ガボンウガンダ)、西アフリカ(コートジボワール(アイボリコースト、象牙海岸。輸入1例)、ギニアリベリアシエラレオネナイジェリア)、南アフリカ(ガボンからの輸入1例)で発症している。またフィリピンでは、感染したカニクイザルと豚が見つかっている(サルはアメリカとイタリアに輸出され、ウイルスが発見された。)。自然宿主の特定には至ってはいないが、コウモリが有力とされている[4]サルからの感染例はあるが、キャリアではなくヒトと同じ終末宿主である。また、現地ではサルの燻製を食する習慣があるため、これを原因とする噂がある事も報道に見える[5]

2005年12月1日付の英科学誌『ネイチャー』にて、ガボンのフランスビル国際医学研究センターなどのチームの調査によると、 オオコウモリ科のウマヅラコウモリフランケオナシケンショウコウモリコクビワフルーツコウモリ等が、エボラウイルスの自然宿主とされ、現地の食用コウモリからの感染が研究論文で発表されている[6]

患者の血液、分泌物、排泄物唾液などの飛沫が感染源となる。死亡した患者からも感染する。 エボラウイルスの感染力は強いものの基本的に空気感染をせず、感染者の体液や血液に触れなければ感染しないと考えられている[要出典]。これまでに見られた感染拡大も、死亡した患者の会葬の際や医療器具の不足(注射器や手袋など)により、患者の血液や体液に触れたことによりもたらされたものが多く、空気感染は基本的にない[7]。患者の隔離に関する措置が十分に行われていれば、感染することはない。

なお、レストンでのサルの商業輸入に際して顕在化し、その感染流行により特定されたサルを終末宿主とする「エボラ・レストン株」(現状ではヒトに対する病原性はない[8])は、空気感染の可能性を濃厚に具現する例として知られているものの、エボラ出血熱の人体間における空気感染の可能性について確定的に定義付けるものとは言えない[9]

今日の航空機においては、仮に幾許かの空気感染が起こりうるとしても、飛行中には適切な換気が行われているため、感染者より2列以外は「密接な接触」とならないとされている[10]。ただし、体液への接触は問題であり、CDCは消毒されるまでの往路の搭乗者1000人近くの健康観察を行っている[11]

何故防護服を着た医療従事者に感染するのか、原因は解明されていない。しかし、マラリア原虫を媒介するハマダラカが、吸血したての人の新鮮血を媒介しているという学説が浮上している。[要出典] 吸血後、何時間以内に刺咬されたら感染する確率があるのか、研究成果が待たれている。

予防[編集]

傷口や粘膜にウイルスが入り込まないよう注意する必要がある。

咳やくしゃみはエボラ出血熱の症状にないため[12]、それらによる感染率は低いと言われているが、別の要因によって咳やくしゃみが起これば、感染する可能性もある[12]。そのため、人ごみをできるだけ避け、他人との直接的接触(握手やハグなど)、1メートル以内への接近、屋内での長時間接触も(リスクが高くないとはいえ)なるべく控えることが望ましい。

手は石鹸を使って洗う必要があるが、無理な場合はアルコール分を60%以上含むハンドジェルも使用可能[13]

眼鏡やマスク(N95以上が望ましい)、手袋なども予防に使われているが、ウイルスの付着している表面には触らないよう注意が必要となる。

受容体のHSPA5 (GRP78)がエボラウイルスの感染に使われると特定されており[14]、HSPA5阻害剤の没食子酸エピガロカテキン(緑茶などに含まれるカテキンの一つ)はエボラ感染予防に効果がある可能性がある。既に緑茶の飲用は、インフルエンザ対策として効果があるとされている[15]。ただし、鼻からの感染は予防できない。

感染者の嘔吐物、血、肉、唾液、粘液、排泄物、汗、涙、母乳、精液などから感染するため[12]、見ず知らずのそれらに気をつける必要がある。

病院や患者宅のトイレの便座に気をつける必要がある[16]

医療従事者は、アメリカでは、2014年10月20日現在、CDCによって、肌が一切出ないようにすることが推奨されており、液体防護性のガウン、液体防護性のエプロン、首回りを隠すサージカルフード、フルフェイスシールド、防塵マスク、二重手袋、液体防護性の足カバーの組み合わせが推奨されている[17]

感染者との接触があるなど感染の可能性がある場合は、潜伏期間を過ぎるまで公共交通機関での移動やレストラン、食料品店、映画館などの人の集まる場所への外出を控え[18]、症状の出た場合は最寄りの保健所に連絡する必要がある。

消毒[編集]

消毒薬には、次亜塩素酸ナトリウムやジクロルイソシアヌール酸ナトリウム顆粒が使われる[19]。金属製小物にはグルタラールなどが適す[19]。アルコールも使用可能[19]

また、加熱消毒では、安全マージンを加えた60℃、60分の加熱が使われる[20]。煮沸消毒でも、5分は必要となる。

ガンマ線照射12KGy~12.7KGy (1.2×106 rad~1.27×106 rad 原文ママ)や紫外線照射でも消毒可能だが、紫外線照射の場合は有機物に取り込まれているエボラウイルスを不活性化できない[21]

症状と治療[編集]

2000年にウガンダで流行した際の隔離病棟に収容された患者。
エボラウイルスを取り扱う研究者。BSL-4に対応した化学防護服を着用している。

潜伏期間は通常7日程度(最短2日、最長3週間以上[22][† 5])。WHOおよびCDCの発表によると、潜伏期間中は感染力はなく発病後に感染力が発現する[23][24][† 6]。発病は突発的で、発熱悪寒頭痛筋肉痛食欲不振などから、嘔吐下痢腹痛などを呈する。進行すると口腔歯肉結膜鼻腔皮膚消化管など全身に出血吐血下血がみられ、死亡する。致死率は50 - 90%と非常に高い[25][† 7]

エボラ出血熱ウイルスに対するワクチン、ならびに、エボラ出血熱感染症に対して有効な医薬品などは確立されていない。しかしエボラ出血熱に感染した後に回復した元患者には抗体があり、元患者の血液や血清の投与が唯一の有効な治療法とされている[† 8]。また脱水に対する点滴や、鎮痛剤及びビタミン剤の投与、播種性血管内凝固症候群(DIC)に対する抗凝固薬等の投与が行われている[26][27]

  • 1995年にコンゴで感染が起きた際には、回復した元患者の血液を8人の患者に輸血し、そのうちの7人が回復をしている[28]。また2014年には感染した米国人医師らに血清の投与や輸血などが行われている[29]。2014年9月、WHOは「回復した患者の血液や血清を有効な治療方法」と認定し、「早急に試すように」との勧告を出した[30]
  • 実験動物に対しては東京大学医科学研究所教授(ウイルス学)の河岡義裕は、エボラ出血熱ウイルスのワクチンマウスに接種したところ、一定の効果を確認したことを米専門誌ジャーナル・オブ・バイロロジー電子版で発表した。この実験では、ワクチンを接種せずに感染させたマウス10匹は6日後に全て死亡したが、接種した15匹は、健康な3匹のマウスと同じように2週間以上生き続けたという。河岡は今後、サルで実験し、早期実用化を目指したいとしている[31]
  • 2010年5月29日、ボストン大学のウイルス学者トーマス・ガイスバートをはじめとした研究チームが、エボラウイルスの中でヒトに対する病原性が最も強いザイール型のエボラウイルスに感染させた中国のアカゲザルの治療に成功したと「The Lancet」誌上で発表した。人工的に生成した低分子干渉RNA (siRNA) を基に作られた薬剤を副作用が出ないよう脂肪分子で包み、感染した細胞に直接届けることで、ウイルスの自己複製を促進するLタンパクを阻害する仕組み。実験に使用したサルは9匹のうち7匹は6日間にわたって同じ量の薬剤の投与を受け、7匹中3匹は1日おき、4匹は毎日薬剤を摂取した。それぞれのグループで1匹ずつは対照群として薬剤を投与されなかった。薬剤を投与されたサルを分析した結果、エボラウイルスに感染して10日後、1日おきに投与されたサルの血中のウイルス濃度は非常に低かった。また、毎日投与されたグループからはウイルスがまったく検知されなかった。このsiRNA剤は特定の型のエボラウイルスに合わせて短時間で人工的に生成することが可能なため、新しい型のエボラウイルスが現れたとしても、すぐに対応できるという[32]
  • 2014年8月6日、西アフリカで大流行しているエボラ出血熱の医療チームで感染した米国人2人に対して投与された実験用の抗体治療剤「ZMapp」の効果があったことから、この未承認薬のエボラ出血熱患者への投与承認を求める申請がWHOになされた[33]。薬の効果・副作用より(供給が不足する中で)「誰に投与すべきか」という倫理上の問題があったが、WHO特別委員会で暫定的に承認された。なお、前述の米国人医師への使用で効果があったという報道については、投与と効果の因果関係がはっきりと示されておらず、仮に効果があったとしても、副作用を含めた安全性についてはまだ確証が得られていない[† 9][† 10]。米国では他にも、TekmiraとBiocryst Pharmaceuticalsの2社が政府の援助を得て新薬を開発中である[34]
  • 富士フイルムホールディングスの傘下企業富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬『ファビピラビル』はウイルスのRNAポリメラーゼの阻害薬で、疫病のマウスモデルにおいてエボラウイルスを排除する効果が確認されている[35][36]。富士フイルムの米国での提携相手であるメディベクターがエボラ出血熱感染者の治療に使えるよう申請する意向で、FDAと協議している。承認されれば、エボラ出血熱の感染者治療で米当局が承認する初の医薬品の一つとなる見通し[37][38][39]
  • 不妊症及び乳癌の治療に用いられるエストロゲン受容体遮断薬(クロミフェントレミフェン)は、感染したマウスでエボラウイルスの進行を抑制する[40]。クロミフェンで治療されマウスの90%及びトレミフェンで治療されたマウスの50%が、テストを生き残った[40]。経口で利用可能であり、人的利用の歴史のあるこれらの薬は、単体で使うにせよ、他の抗ウイルス薬と合わせて使うにせよ、遠い地理的位置においてエボラウイルス感染を治療するのための候補であろう。
  • 2014年の研究で、試験管内において、心臓不整脈の治療に使われるイオンチャンネル遮断薬であるアミオダロンがエボラウイルスの細胞への侵入を防ぐことが見つかった[41]
  • WHOのキーニー事務局長補は2014年8月12日の記者会見で、2種類のワクチンが臨床試験直前の段階にあると述べた[42]
  • カナダ保健省は約1500回分の未承認のワクチンを保有する。そのうち1000回分程度を供給する用意があると述べた[42]
  • ラミブジン (通常はHIV/AIDSの治療に使用される抗ウイルス薬)は、2014年9月にリベリア医師によって併用療法の一部として使用され、静脈内輸液およびエボラにより損なわれた内臓の日和見細菌感染と戦うための抗生物質も同時に導入し、15人のエボラ感染患者のうち、13人の治療に成功したと報告された[43]。西洋のウイルス学者は、しかしながら、治療を受けた患者の数や交絡因子の数が現在少ないため、結果に対し警告を表明している。 NIHの研究者は、予備的試験管内試験において抗エボラ活性を示すことができなかったと述べているが、しかし、彼らは異なる条件の下でそれをテストし続けており、有効性のためのわずかな証拠でも見つかれば、それの試用を前進させるだろう[44]

生態への影響・流行[編集]

2002年4月、世界保健機関 (WHO) は、ガボン北部に生息するニシローランドゴリラの死体からウイルスを発見した。エボラ出血熱の流行地帯に暮らす人々は、ゴリラチンパンジーなどの野生生物を食用とする習慣があり、また実際に発症した人の中には、発症する直前に森林で野生動物の死体に触れたと証言した者もいることから、ゴリラチンパンジーも感染ルートの一つとなった可能性がある。 翌年、隣国のコンゴ共和国でエボラ出血熱が発生した際には、人間への感染と同時にゴリラにも多数の感染例が報告され、2002年から2005年の間に約5,500匹ものゴリラが死亡したと報告した。2007年9月12日に発表されたIUCNレッドリストでは、エボラ出血熱による激減および密猟のため、ニシローランドゴリラは最も絶滅危険度の高い Critically Endangered(絶滅寸前)に分類されている[45][46]チンパンジーにいたっては100年前には約200万匹いたと推定されるが、商業目的で密猟食料にされたり、エボラ出血熱の流行で、現在は約20万匹と推定され、「絶滅のおそれのある種のレッドリスト」に、絶滅危惧IB類として分類されている[47]

なお、人以外のゴリラチンパンジー等の霊長類が人への感染源になっているが、ウイルスの保有宿主ではなく、人間と同様に偶発的に終末宿主になったと考えられている[48]

フィリピンでは2007年から2008年にかけて、マニラ北部の養豚場など数箇所でブタが相次いで死亡した。アメリカの研究機関が調べたところ、レストン株のエボラウイルスに感染していることが確認された。家畜へのエボラウイルス感染が確認されたのは世界で初めてである[49]。 その後、1989年、1990年、1992年、1996年にフィリピンからエボラ・レストンに感染したサルが輸出されていたことが明らかになった。

2008年のコンゴ民主共和国での流行では、32人が感染し14人が死亡した(死亡率44%)[3]。2011年から2012年にかけてウガンダで流行し32人が感染し22人の死亡が報告された[3]

2014年2月からギニアシエラレオネおよびリベリアにおいて、エボラ・ザイール[† 11]が流行し、4月9日現在の確認死亡者は101人で、4月9日現在の感染者は157人である。WHO国境なき医師団などが緊急援助を行っている。4月24日現在の確認死亡者は142人、死亡者を含む感染者は242人である[50]

4月下旬には収まったように見えたが、5月に入ってから流行は急拡大し、7月、WHOは2月からの死亡者が518人に、死亡者を含む感染者は844人に拡大したと報告した(ともに疑い例を含む)。これは過去の最大年間死亡者数を上回る規模のものとなった[3][51]

2014年8月4日現在(8月6日発表)4カ国[† 12]合計で感染者1711名、死亡者932名となり現地の状況から考えてさらに拡大する可能性が高いので、WHOは8月8日に「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」(PHEIC英語版)を宣言、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は最高度の緊急体制[† 13]に入った。

2014年8月20日現在(8月22日発表)4カ国合計で感染者2615名、死亡者1427名となった。

2014年8月24日、コンゴ民主共和国(旧ザイール)政府は、ギニアなどで流行中のものとは違うエボラ・ウイルスで、24人が感染し、13人が死亡したと発表した。そのうち確定例は2例だが、異なる種類だという。

2014年9月18日、国連安全保障理事会はエボラに関する緊急会合を開き、決議2177号を出した。 2014年9月21日現在WHO発表、感染5カ国[† 14]合計・・・・感染者6263名、死亡者2917名。WHOは未報告例が多いことを認め、CDCは実数は約2.5倍(1.5-2万)であろうと推定している。

2014年9月末、国連総会が開かれ、エボラは2大議題[† 15]の一つとなった。

法律[編集]

日本
感染症法では「一類感染症」(「一種病原体等」)に指定されている。旧伝染病予防法(1999年に廃止)では、「法定伝染病」に指定されていた。

受け入れ病院[編集]

エボラ出血熱は一類感染症であるため、特定感染症指定医療機関及び第一種感染症指定医療機関でのみ受け入れ可能となっている。 2014年4月1日現在、特定感染症指定医療機関は 3医療機関8床のみ、第一種感染症指定医療機関は44医療機関84床のみとなっている[52]

第一種感染症指定医療機関が入院で使われた例は過去一例のみであり、第一種感染症指定医療機関を指定していない県は、秋田、青森、宮城、石川、香川、愛媛、大分、宮崎、鹿児島の九県に及ぶ[53]。これらの県の一類感染症患者は、県外の施設へ送られるか、知事の権限により第二種感染症指定医療機関で受け入れることとなる[53]

第一種感染症指定医療機関の要件は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第三十八条第二項の規定に基づく厚生労働大臣の定める感染症指定医療機関の基準[1]」により定められている。

遺体の葬送[編集]

感染病患者の葬送には主に火葬が用いられる。土葬では、例え仮に遺体をエンバーミングしたとしてもバイオハザードを含む扱いをうけ、人間や動物などに掘り出されるリスクを防ぎ続けないといけないため、信仰の自由のような基本的人権を制限してでも火葬することが望ましい[54]

それにも関わらず、火葬の習慣のなかった国家では、未だに火葬が受け入れられていない[55]

エボラ出血熱を題材として扱った作品[編集]

文献・資料[編集]

日本[編集]

日本語訳(旧版):エボラウイルスについて (ファクトシート) FORTH 2014年3月

WHO・ICAOなど国際機関[編集]

CDC[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカ英語発音:[iːˈboʊlə/əˈboʊlə ˌheməˈrædʒɪk fiːvər] イ(ー)ウラ/アウラ・ヘマジ(ッ)ク・フィーヴァー
  2. ^ イギリス英語: Ebola haemorrhagic feverイギリス英語発音:[iːˈbəʊlə/əˈbəʊlə ˌheməˈrædʒɪk fiːvə(r)] イ(ー)ウラ/アウラ・ヘマジ(ッ)ク・フィーヴァ
  3. ^ アメリカ英語発音:[iːˈboʊlə/əˈboʊlə ˈvaɪrəs dɪˈziːz] イ(ー)ウラ/アウラ・ヴァイラス・ディズィーズ
  4. ^ …必ずしも出血症状を伴うわけではないことなどから…呼称されることが多い。西アフリカ諸国におけるエボラ出血熱の流行に関するリスクアセスメント(国立感染症研究所 2014年8月8日)
  5. ^ 2014年の流行では平均11.4日だが、5%程度21日を越え、40日になる場合もあった。決して21日を超えれば安全というわけではない。そのため実務ではウイルスが検出できなくなるまで隔離する。
  6. ^ 2014年8月にナイジェリアにエボラを持ち込んだリベリア系アメリカ人のPSは、妹からエボラ感染されたとされるが、妹の隔離からPSの発症まで3週間以上あるため、潜伏期間が3週間以上ある可能性がある。
  7. ^ 型によって異なる。高いのはザイール株であって、一人の死者も確認されていない型もある。
  8. ^ この療法には疑問点が生じ、2014年10月初旬WHOは勧告を出す。
  9. ^ 実験用薬剤という性質上、生産供給量は限られており、2008年8月初旬の出荷で在庫は切れたとされる。
  10. ^ Opting Not to Give Ebola Drug to African Doctor New York Times, Aug 12, 2014 シエラレオネの指導的医師に投与が検討されたが、MSFとWHOの合同医療チームは投与しないと決めた。その2日後に当該の人物は死亡した。
  11. ^ 感染症法6条2項1号エボラウイルス属ザイールウイルス
  12. ^ 隣国ではないナイジェリアにも感染者が複数出た。
  13. ^ Level 1
  14. ^ リベリア、ギニア、シエラレオネ、ナイジェリア、セネガル
  15. ^ もう一つはイスラム国
  16. ^ ケニア航空が西アフリカ諸国との毎週70便の定期航空便を全便停止するとの報道を受け発表され、ケニア航空は運航停止を取りやめた。
  17. ^ あくまで「航空機内での感染可能性は低い。」と言っているだけで、潜伏期感染者の移動に対する対策は、各国が警戒態勢を強化することによって対応するように求めている。

出典[編集]

  1. ^ Diane Bennett; David Brown (1997年). “Ebola virus” (英語). British Medical Journal. 2009年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月19日閲覧。
  2. ^ Ebola virus - Pathogen Safety Data Sheets カナダ保健省
  3. ^ a b c d Ebola virus disease” (英語). Media centre Fact sheets. WHO (2014年4月). 2014年6月19日閲覧。
  4. ^ 夏休み期間中における海外での感染症予防について”. 2.動物からうつる感染症 (3)エボラ出血熱. 厚生労働省 (2010年7月). 2012年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月19日閲覧。
  5. ^ National Geographic: October 2007
  6. ^ http://www.jsvetsci.jp/05_byouki/prion/pf168.html
  7. ^ ニュートン別冊 からだと病気 p.64
  8. ^ エボラ出血熱 - 国立感染症研究所 感染症情報センター
  9. ^ ホット・ゾーン
  10. ^ エボラ出血熱の感染は、飛行機で広まるのか WIRED.jp 2014年8月4日
  11. ^ 米、1000人の健康観察 エボラ、2人目感染確認 日本経済新聞 2014年10月18日
  12. ^ a b c 出血熱に感染しないための心得 IBTimes 2014年10月18日
  13. ^ エボラ対策にハンドジェルが効く―在庫なくなる店も、米国 IBTimes 2014年10月17日
  14. ^ HSPA5 is an essential host factor for Ebola virus infection. Science Direct 2014年7月
  15. ^ 1日1~5杯の緑茶で小学生のインフルエンザが40~50%減 あなたの健康百科 2011年10月19日
  16. ^ How to avoid being infected with Ebola The Guardian 2014年10月13日
  17. ^ CDC issues new rules for protecting workers from Ebola USA Today 2014年10月20日
  18. ^ 米、1000人の健康観察 エボラ、2人目感染確認 日本経済新聞 2014年10月18日
  19. ^ a b c 感染症法に基づく消毒・滅菌の手引き 山口県環境保健センター
  20. ^ ※平成22年度食品安全確保総合調査「食品により媒介される感染症等に関する文献調査報告書」より抜粋 (株式会社 東レリサーチセンター作成) 食品安全委員会
  21. ^ キンバリークラーク社 エボラウイルス病(EVD)予防策の概要:2014 年 10 月
  22. ^ エボラウイルスについて (ファクトシート) FORTH 2014年3月 WHO
  23. ^ WHO | Frequently asked questions on Ebola virus disease 2014年8月10日閲覧
  24. ^ Q & A on Ebola | Ebola Hemorrhagic Fever | CDC 2014年8月10日閲覧
  25. ^ エイズよりはるかに怖いエボラ出血熱、蔓延の兆し1/3 JB Press 2014年7月31日
  26. ^ エボラ出血熱について - 活動ニュース - 国境なき医師団日本
  27. ^ “死のウイルス”エボラ出血熱、空気感染しないが血液・唾・汗には要注意(2) 中央日報 2014年8月4日
  28. ^ エボラ出血熱:死者2000人超える WHO) 毎日新聞 2014年9月6日
  29. ^ 回復医師の血液でエボラ出血熱を治療 患者は快方にcnn.co.jp 2014年9月12日
  30. ^ エボラ、死者2000人超す 1カ月足らずで倍増東京新聞夕刊 2014年9月6日
  31. ^ 関東晋慈 (2009年2月13日). “エボラ出血熱:ワクチン開発…マウス実験で確認 東大”. 毎日新聞. オリジナル2014年1月5日時点によるアーカイブ。. http://archive.today/GgikR#selection-603.125-603.129 2014年6月19日閲覧。 
  32. ^ サルのエボラ治療成功、ヒトへの応用は - ナショナルジオグラフィック ニュース 2010年6月10日
  33. ^ 実験用エボラ治療剤「ZMapp」、生体武器防御目的で開発 - 中央日報 2014年8月6日
  34. ^ Questions and Answers on experimental treatments and vaccines for Ebola CDC, August 8, 2014
  35. ^ Gatherer, D (2014 Aug). “The 2014 Ebola virus disease outbreak in West Africa.”. The Journal of general virology 95 (Pt 8): 1619-1624. PMID 24795448. 
  36. ^ “エボラ出血熱で世界が注目する日本発のある薬剤”. 日経メディカル. (2014年8月11日). http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/eye/201408/537890.html 2014年8月18日閲覧。 
  37. ^ “富士フイルムのインフル治験薬、エボラ出血熱治療に有望か”. ブルームバーグ. (2014年8月13日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9X6ZO6S972F01.html 2014年8月13日閲覧。 
  38. ^ “エボラ出血熱「国際的緊急事態」富士フイルム“特効薬”治療利用”. スポーツ報知. (2014年8月9日). http://www.hochi.co.jp/topics/20140809-OHT1T50036.html 2014年8月13日閲覧。 
  39. ^ “エボラ熱治療薬候補に 富士フイルムの薬 米で手続き”. 日本経済新聞. (2014年8月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM0701X_X00C14A8FF1000/ 2014年8月13日閲覧。 
  40. ^ a b Johansen LM, Brannan JM, Delos SE, Shoemaker CJ, Stossel A, Lear C, Hoffstrom BG, Dewald LE, Schornberg KL, Scully C, Lehár J, Hensley LE, White JM, Olinger GG (2013). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3955358 “FDA-approved selective estrogen receptor modulators inhibit Ebola virus infection”]. Sci Transl Med 5 (190): 190ra79. doi:10.1126/scitranslmed.3005471. PMC 3955358. PMID 23785035. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3955358. Lay summary – Healthline Networks, Inc.. 
  41. ^ Gehring G, Rohrmann K, Atenchong N, Mittler E, Becker S, Dahlmann F, Pöhlmann S, Vondran FW, David S, Manns MP, Ciesek S, von Hahn T (2014). “The clinically approved drugs amiodarone, dronedarone and verapamil inhibit filovirus cell entry”. J. Antimicrob. Chemother. 69 (8): 2123–31. doi:10.1093/jac/dku091. PMID 24710028. 
  42. ^ a b カナダ、エボラ熱ワクチン提供へ 未承認治療薬で効果に不透明な点も 2014年8月13日 スポーツ報知(共同通信)
  43. ^ Doctor treats Ebola with HIV drug in Liberia -- seemingly successfully. Elizabeth Cohen, CNN news. 29 September 2014”. CNN (2014年9月27日). 2014年10月7日閲覧。
  44. ^ A Liberian doctor is using HIV drugs to treat Ebola victims. The NIH is intrigued. Elahe Izadi, Washington Post. 2 October 2014”. Washington Post. 2014年10月7日閲覧。
  45. ^ IUCN Red List of Threatened Species Gorilla gorilla
  46. ^ Gretchen Vogel, "Scientists Say Ebola Has Pushed Western Gorillas to the Brink", Science 317, 1484 (2007). doi:10.1126/science.317.5844.1484
  47. ^ http://www.city.sapporo.jp/zoo/chimpanzee/zetsumetsu.html
  48. ^ http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2012/08221034.html
  49. ^ ブタに感染したエボラウイルス〜日経サイエンス2009年11月号より”. 日経サイエンス (2009年11月). 2014年8月9日閲覧。
  50. ^ “エボラ出血熱、ギニアとリベリアで死者142人に”. CNN. (2014年4月23日). http://www.cnn.co.jp/world/35046985.html 2014年6月19日閲覧。 
  51. ^ Ebola virus disease, West Africa – update”. WHO (2014年7月8日). 2014年7月9日閲覧。
  52. ^ 感染症指定医療機関の指定状況(平成26年4月1日現在) 厚生労働省
  53. ^ a b エボラで入院可能施設なし 秋田など9県未指定 読売新聞 2014年10月22日
  54. ^ Is it acceptable to cremate the Ebola dead if it goes against their human rights? DW.DE 2014年10月15日
  55. ^ Ebola: Cremation Law Amid Controversy LEADERSHIP 2014年9月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]