フィロウイルス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マールブルグウイルスの電子顕微鏡像
エボラウイルスの電子顕微鏡像

フィロウイルス科(Family Filoviridae)とはウイルスの分類における一科であり、そのビリオンは多形性で紐状の形態(直径80nm、長さ14,000nm)を示し、そのゲノムはマイナス一本鎖RNAである。ビリオンはエンベロープを有し、エーテルに対しては感受性を持つ。螺旋対称性のヌクレオカプシドを有する。細胞質内で増殖し、細胞膜から出芽する。細胞質内封入体を形成。マールブルグウイルスエボラウイルスのウイルス分離、血清学的診断はP4レベルの設備を有した検査室でのみ許可されている。

分類[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 鹿江雅光、新城敏晴、高橋英司、田淵清、原澤亮編 『最新家畜微生物学』 朝倉書店 1998年 ISBN 4-254-46019-8
  • 原澤亮 「動物ウイルスの新しい分類(2005)」 『獣医畜産新報』 58号 921-931頁 2005年

外部リンク[編集]