感染経路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

感染経路(かんせんけいろ、: route of infection)は、感染を生じた個体や環境中に存在する病原体が、未感染の個体に到達して新たに感染を起こす経路をいう。病原体によっては複数の感染経路を介して感染を生じる場合もある。伝染病をはじめとした集団感染や院内感染予防など感染管理上は病原体を突き止め感染源を割り出すことも重要だが、何よりも感染経路を絶たなければ終息は図れない。

主要な感染経路[編集]

以下に感染経路における感染症の例が挙げられているが、感染経路が複数ある場合があり1対1の関係ではないことに注意が必要である。

接触感染(直接感染)[編集]

皮膚粘膜の接触、または医療従事者の手や聴診器などの器具、その他手すりなど患者周囲の物体表面を介しての間接的な接触で病原体が付着し、その結果感染が成立するもの。

介達感染[編集]

汚染されたものなどを媒介として感染するもの。食中毒ジフテリアB型肝炎結核など

飛沫感染[編集]

患者のくしゃみ、あるいは気道の吸引などによって飛散する体液の粒子(飛沫)は時に病原体を含んでいるが、これが他人の粘膜に付着することで感染が成立する。

飛沫核感染(空気感染、塵埃感染)[編集]

飛沫として空気中に飛散した病原体が、空気中で水分が蒸発して5マイクロメートル以下の軽い微粒子(飛沫核)となってもなお病原性を保つものは、単体で長時間浮遊し、3フィート(約1m)以上の長距離を移動する。呼吸により粒子を吸い込むことにより感染を生じる。埃と一緒にウイルスを吸い込む場合でもなる。

飛沫感染と飛沫核感染は病室管理上、区別する必要がある。飛沫核感染する、治療法のない強感染性・強毒性の病原体に感染した患者はフィルターをもった独立した排気経路のある陰圧室での隔離が理想である。

唾液感染[編集]

唾液の中に生息する病原体が口移しやディープキスなどで唾液を介して感染が成立する。 臨床感染経路分類論では歯垢感染と呼気感染は経口感染に入るが、唾液感染は入らない。

  • 虫歯菌
  • EBウィルス

経口感染(水系感染、水系流行)[編集]

感染動物由来の肉や、糞便で汚染された水などの経口摂取により感染が成立する。

ベクター感染(水平伝播)[編集]

他の動物(特に節足動物)が媒介者(ベクター)となって、伝播することで感染が成立するもの。(1) その病原体の生活環の一環として、ベクターの体内で発育、増殖し、そこから感染する場合(生物学的伝播)と、(2) 単にベクターの体表面に付着した病原体が機械的に伝播される場合(機械的伝播、機械的ベクター感染) とがある。

血液感染(交差感染[編集]

注射や輸血歯科治療といった医療行為の他、外傷による出血が他者の目など粘膜に触れるなどして、血液中の病原体が感染を生じる。

母子感染[編集]

垂直感染(垂直伝播)とも。さらに次の様に分類される。

感染経路の同定[編集]

病原体が同定できる場合[編集]

患者が共用する手すりや医療機器などの表面を拭って培養し(環境スクリーニング)、病原体が検出されればその物体が感染経路の一つであると推定する。さらに細菌感染症の場合、パルスフィールドゲル電気泳動により遺伝子型の近似性を調べると、水平感染の時間的順序を推定することができるため、最初に集団内に病原体が持ち込まれた経緯が分かることも少なくない。

病原体が同定できない場合[編集]

初期のSARSの様に、病原体が同定できない場合は、有病者と健常者をまず隔離してそれぞれの行動パターンや生活背景、さらに他人との接触歴について詳細な情報収集を行う。その中から感染の有無と相関のある因子を疫学的に割り出すことで感染経路を推定する。

例:有病者から席の離れた同室者複数に発症が見られた場合、飛沫核感染(空気感染)が疑われる、など。

関連項目[編集]