オオコウモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオコウモリ
Golden crowned fruit bat.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: コウモリ目(翼手目) Chiroptera
亜目 : Yinpterochiroptera または
オオコウモリ亜目(大翼手亜目) Megachiroptera
上科 : オオコウモリ上科 Pteropodoidea
: オオコウモリ科 Pteropodidae
学名
Pteropodidae Gray1821
和名
オオコウモリ
英名
megabat
亜科

オオコウモリ(大蝙蝠、英語 megabat)は、コウモリ(コウモリ目、翼手目)の1グループである。大翼手類(だいよくしゅるい、Megachiroptera)。

オオコウモリ上科 (Pteropodoidea) オオコウモリ科 (Pteropodidae) の1上科1科を構成する。さらに伝統分類ではこの上科のみでオオコウモリ亜目(大翼手亜目)を構成してきたが、系統分類ではYinpterochiroptera亜目の一部となる。

分類学的位置づけ[編集]

伝統分類では、コウモリはオオコウモリ亜目(大翼手亜目、オオコウモリ)とコウモリ亜目(小翼手亜目、ココウモリ)の2亜目に分けられてきたた。

しかし2000年分子系統により、コウモリ亜目は側系統だとわかった。またその系統に基づき、オオコウモリ亜目はコウモリ亜目の一部と共に新設亜目Yinpterochiropteraに分類しなおすことが提案された。[1]

特徴[編集]

指の間に張った膜の翼で空を飛ぶ、いわゆるコウモリであるが、大型のものが多く、翼を広げると2m に達するものすらある。コウモリといえばココウモリ類が頭に浮かぶが、翼以外の特徴はかなり異なる。

特に、小型コウモリが反響定位によって飛行し、そのためには小さく、がよく発達するのに対して、オオコウモリ類は視覚に頼って飛行し、そのため目が大きく、耳は小さく、一般的な哺乳類の顔に近い。英名で Pteropus 属を flying fox 「空飛ぶキツネ」というのがうなずける顔立ちをしている。

多くが熱帯に分布する。小型コウモリは昆虫など動物質の餌を主食とするものが大半だが、オオコウモリ類は果実や花蜜など植物質を主食としている。日本では琉球列島小笠原諸島に分布する。

分類[編集]

オオコウモリ科

Cynopterinae





Macroglossinae



Harpiyonycterinae






Rousettinae



Epomophorinae





Nyctimeninae



Pteropodinae






亜科間の系統関係[2]
メガネオオコウモリ
Pteropus conspicillatus

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ M.S. Springer et al. 2001. Integrated fossil and molecular data reconstruct bat echolocation. Proceedings of the National Academy of Sciences, USA 98 (11): 6241-6246. [1]
  2. ^ Agnarsson I, Zambrana-Torrelio CM, Flores-Saldana NP, May-Collado LJ. (2011). “A time-calibrated species-level phylogeny of bats (Chiroptera, Mammalia)”. PLoS Curr.. PMID 21327164. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]