コクシジオイデス症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コクシジオイデス症(: coccidioidomycosis)とはCoccidioides immitisあるいはC. posadasiiを原因とする真菌症[1]渓谷熱(valley fever)San Joaquin Valley feverCalifornia valley feverdesert feverとも呼ばれる。C. immitisはアメリカ合衆国南西部、メキシコ北部、アメリカ大陸中央および南部の土壌に生息する。C. immitisは乾燥時には休眠状態で過ごし、雨が降ると長い菌糸を持つカビの姿に発育し、この菌糸が分断して空中性の胞子となる。

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ Walsh TJ, Dixon DM (1996). Spectrum of Mycoses. In: Baron's Medical Microbiology (Baron S et al, eds.) (4th ed. ed.). Univ of Texas Medical Branch. (via NCBI Bookshelf) ISBN 0-9631172-1-1.