赤痢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤痢
分類及び外部参照情報
ICD-10 A03.9, A06.0, A07.9
ICD-9 004, 007.9, 009.0
MeSH D004403
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

赤痢(せきり)は、下痢発熱血便腹痛などをともなう大腸感染症である。 俳句では季語として扱われる。古称は血屎(ちくそ)。

従来、赤痢と呼ばれていたものは、現代では細菌性赤痢とアメーバ性赤痢に分けられ、一般的に赤痢と呼ばれているものは赤痢菌による細菌性赤痢の事を指す。

細菌性赤痢[編集]

細菌性赤痢(Shigellosis)は、赤痢菌によってもたらされる感染症の事を示す。糞尿などから食物や水などを経由し、経口感染するケースが大半である。また、サルは赤痢菌に対してヒトと同様の感受性を持ち、サルからの感染もまれではあるがみられる。赤痢菌の潜伏期間は、1-5日程度である。 症状は発熱ではじまり、腹痛下痢が続く。一般的にA群赤痢菌によるものは症状が重く、40℃近い高熱が出たり、下痢便に膿・粘液・血液が混じることが多い。A群赤痢菌では溶血性尿毒症症候群敗血症を合併し死亡することがある。一方、B・C・D群によるものは重症例が少なく、軽い下痢や微熱のみで経過することが多い。 日本において、細菌性赤痢は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の三類感染症に指定されており、感染が確認されたら医師は速やかに保健所に報告する義務があり、拡散を防止するために状況に応じて隔離入院させる必要がある。治療には対症療法による全身状態の改善と、抗菌薬による除菌を図る。

疫痢は細菌性赤痢の重症型である[1]

最初の赤痢菌は、1897年に日本で赤痢が大流行したときに医学者志賀潔により発見された。その為、学名Shigellaと呼ばれている。

赤痢を起こす赤痢菌は大きくAからDの4種類に分けられる。近年は、D群赤痢菌による感染例が多い。志賀潔が発見したA群赤痢菌はかつて広域に渡って感染していたが、現在、感染例は激減している。一般的には衛生が行き届いて居ない途上国での発生が多いが、B・D群に関しては先進国でも感染の報告がある。

  • 赤痢菌(Shigella)
    • Shigella dysenteriae(A群赤痢菌・志賀赤痢菌)
    • Shigella flexneri(B群赤痢菌・フレクスナー赤痢菌)
    • Shigella boydii(C群赤痢菌・ボイド赤痢菌)
    • Shigella sonnei(D群赤痢菌・ソンネ赤痢菌)

アメーバ赤痢[編集]

アメーバ赤痢(Amoebiasis)は、赤痢菌では無くアメーバによって引き起こされるため、細菌感染症ではなく寄生虫症に分類される。

大腸寄生した赤痢アメーバによって引き起こされる病気。まれに肝膿症や皮膚などへの合併症が報告されている。感染経路は性感染によるものもあるため、性行為感染症に分類される場合もある。日本では男性同性愛者、海外旅行者や集団施設生活者などでの感染報告例などが多い。

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」においては五類感染症に分類される。

バイオ犯罪[編集]

1996年10月29日アメリカテキサス州ダラスの聖パウロ医療センターで、ナースステーションに赤痢菌に汚染された菓子が置かれ、食べた12人の職員が感染。2年後、同病院内の検査室の元職員が犯人であることが判明。

参考文献[編集]

  1. ^ 東京都健康安全研究センター (2013年1月4日). “細菌性赤痢”. 2013年2月2日閲覧。 「3 症状は:(前略)疫痢は2〜6歳までの小児にみられる細菌性赤痢の重症型ですが、1964年以降ほとんどみられなくなりました。」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]